運よく手に入ったSuicaチョコ

東京駅近くで働いている家族が、いつ見ても「売り切れ」で買えないと言っていたお菓子ですが、確かに販売はしているようです。 同じ日に買った実家用のチョコと一緒に 9月末までの期間限定でJR東京駅の丸の内南口近くにある 東京銘品館(山手線の2つのホームへ昇る階段の間にあるお店)で売っている、ということで、 Sui…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

いよいよカッシーニによる土星探査が明日で終了

エンケラドスに水があって生命の可能性があるかも、が一番インパクトが大きかったでしょうか?20年前に打ち上げられて、2004年から13年間も土星の周りを巡って、様々な土星の写真を送ってきていた探査衛星カッシーニが、役目を終えて日本時間の明日(2017年9月15日)夕方に土星に「落とされ」、土星大気との摩擦で焼却処分されるのだそう。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日食ツアーやきもき日記(ちょっと長め アメリカ観光その4)

観光ネタを2回挟んで、最後はまた日食の話に戻りますが、今回のツアーは、日本から宿泊地まで移動(金曜・土曜)→観測地の下見、直前セミナー(日曜)→日食観測(月曜)ということで、いわゆる観光を行うのは土曜の午後と火曜と水曜の2日半だけ(木曜は早朝出発で飛行場ハシゴして飛行機に乗るだけ)、という「弾丸ツアーにちょっとおまけ」だから、とにかくず…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

移動中は大きな大地、観光中は急峻な山林(アメリカ観光その3)

行きのソルトレイクからの道のりや、イエローストーンと宿泊地のボーズマンとの間の行き来は、数時間にわたって何もない大地をバスで走っていく、という大陸の広さを実感できる非日常的な時間になるのですが、観光は国立公園という特殊な場所で行っているので、山とかカルデラとか滝とか湖などの「火山活動の痕跡」ばかりが目につくことになり、ある程度、「バスか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アメリカの自然公園めぐりは鳥獣観察?

皆既日食はアメリカを横断する形で観測可能だったため、西海岸に行く方も東海岸に行くツアーも、ミシシッピの方で観る方もいろいろいらしたのですが、私はグランドティートン国立公園で日食観測、その後、隣接するイエローストーン国立公園をちょこっと周遊というツアーだったので、ずっと山の中をうろうろしていた感じです。 で、自然公園めぐりではあ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2017年アメリカ皆既日食報告

前回の更新が「2017年8月21日はアメリカで皆既日食(2017/07/26)」でまぁ、予想のつく人は予想がついていたようですが、久しぶりに夏休みを取得して、さらに海外旅行に出るということで、8月はかなりきついスケジュールでの生活になってしまいました・・・帰ってきたら寒暖差で風邪をひいたうえにお仕事が待っていて、片付けも出来てません・・…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

2017年8月21日はアメリカで皆既日食

西海岸から東海岸まで北米大陸を斜めに横切る形で、皆既日食を観られる帯が繋がり、シアトルでは9割、少し離れる形になるニューヨークでも7割方欠ける部分日食になるということで、夏休みにアメリカに行くと天体ショーにも出会えるかも、という話。 2017年8月21日 北アメリカ大陸横断皆既日食 今さら日食とは何ぞ、ということはな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

#新海誠展 -「ほしのこえ」から「君の名は。」まで-

監督の商業デビューから15年、ということで今までの全作品に関する資料を揃えた展覧会をやる、ということ自体がとっても異例(アニメ監督でそんなことしたのってそれこそ限られし者なのでは・・・)で、それをさらに全国巡回で、というところで大いに驚いたわけですが、昨年の、君の名は。大ブームって、そんな企画が通るほどのインパクトだったのですね・・・ …
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

「レオナルド×ミケランジェロ展」 #レオミケ展

レオナルド展やミケランジェロ展というのは数多あるのだけれど、この両者を並べる展覧会、というのはなかなか無いのだそうです。ほぼ同時期に近い場所で活躍(レオナルドの方が年上)で、絵画と彫刻での伝説的存在を「比べる」となると、ヨーロッパだと大変なことになるようで、ある程度距離の離れた日本だからこそ出来る展覧会なのかもしれません。 三菱一…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

火蟻(ヒアリ)に関する情報まとめ(7/26追加)

現時点では、港湾関係者ではない当方は、慌ててアリ防虫剤で周囲を駆除するみたいなことはせず、水際作戦を頑張っているのを見守る、ということでよさそうですが、TVとかネットとかが「殺人アリ」とかキャッチーな名前を使うので、一応、公的情報中心にどこを見るのがいいのかまとめておこうかと。 NHKもさっそく「最凶」と言ってますしね(そうし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アメリカ議会図書館の浮世絵コレクション

このブログでも何度か似たようなネタの記事を書いていますが、一応新ネタです。 【貴重】北斎や広重に歌麿まで、2600枚の浮世絵と錦絵が無料DL放題 という記事がFacebookで流れてきたのですが、 Web上で見られる浮世絵のデータベース(2010/08/28) プーシキン美術館所蔵の浮世絵600点が電子化…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

冷や汗もののネットショッピング

4月にAmazonで大規模な詐欺騒ぎがあったり、最近は小規模運送業者の割合が増えたAmazonの配達トラブルが起きたりしていて、ネットで手軽に注文出すのも「安心・安全」とは言いにくい世の中なのですが、結果オーライになったとはいえ、中間段階では冷や汗ものの取引を最近やってしまいました。 ところで、4月にあった、Amazon周りで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新しく、少し大きめのカメラを購入(COOLPIX B700)

前回のカメラが、2012年夏頃に購入したものだったので、5年ぶりのカメラ買い替え(合間に360度撮影可能なカメラを買い足しているのでお金を使っていないわけではない)になります。 今までずっと使っていたカメラは、ある時秋葉原を歩いていたら、型落ち間近ということで値下がりしていたうえに、予備充電池とメモリーカードをおまけに…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

本「日本占領史1945-1952 東京・ワシントン・沖縄」&「終戦後史 1945-1955」

今上天皇の退位により平成の終わりが見えてきたため、昭和時代が「2つ前の御世」、「昭和は遠くなりにけり」となりつつあるなか、「多少は離れた目からの『歴史』化作業」が始まっているということなのかな、とは思うが、実際「戦前」、「独立後」に比べて、「占領下」の歴史はあまりまとめられていない印象がある。そもそも日本がアメリカと戦争していたことも知…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

週末の夜に出かければ、国立西洋美術館の常設展は無料

なかなか「常設展だけ」のために美術館に行かないので、気が付かなかったということもあるのですが、実は以前から、西洋美術館では「土曜の夕方以降に常設展を観に行くとタダ」だったらしいのです。 で、その施策が有効だったのか何なのか、2017年6月9日からそれが拡大されることに。 2017年6月9日以降、土曜日に加え金曜日の夜間開館時…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

3年ぶりに尾形光琳筆「風神雷神図屏風」公開中(2017.6)

一時期、一年に一回くらい公開されていた印象があるので、今回が3年ぶりというのは意外でしたが、上野の東京国立博物館で、風神雷神が1ヵ月間展示されるそうです。 国立博物館には、教科書に写真が載っているような著名な収蔵品がいくつもありますが、いつ行っても観られる、というわけにはいきません(まぁ、福岡の金印などはいつでも展示されている…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「茶の湯」展でお茶碗三昧

夜の展覧会巡りシリーズ第3回は、やはりゴールデンウィーク中に出かけた「茶の湯」展。21時までやっているということは18時すぎに入っても中を巡る(それなりに)十分な時間があって、その日の昼間に別のことをする余裕すらあるということ。一日12時間近くも見学者に対応する博物館の職員の皆様に感謝して、夜の空いている博物館へGO!です。今はもう夜間…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大英自然史博物館展に行ってきた

私が行ったのは連休中の話で、もうすぐ会期末なので、ご興味のある方は急いだ方が・・・な展覧会。始祖鳥来日!を売りにしています。 大英自然史博物館展(公式) 大英自然史博物館展(国立科学博物館) 大英帝国が植民地獲得のために全世界を周っていく中で集めた様々な動植物やら鉱物らのコレクションの精華を東京に持ってきてくれた、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

こうの史代「この世界の片隅に」原画展

連休後半からブログ更新に時間が割けない状態になって、書くつもりだった記事が少しばかり遅くなってます・・・今日はちょいとリハビリ代わりの更新。渋谷で、昨年末年始に評判になった映画の原作漫画の生原稿を展示しているのを見てきました。 今月はいつもにも増して目を酷使する日常を過ごしているため、展覧会も本も映画も、時間以上に目に負担かけ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「ちかくてとおい」

本当の意味で私には理解できないのであろう感覚に、「生まれ育った風景に対するノスタルジー」というのがある。既に取り壊された実家の家の間取りや調度のことならともかく、「幼い頃からずっとそこにあったご近所の原風景」的なものは、私の記憶の中にはない。 それは、記憶にあるほぼすべての季節にクレーンと重機による取り壊しと開発の風景があり、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more