3万年前の航海 徹底再現プロジェクト、3度目にて渡海成功!!

2度のクラウドファンディングと数年の時間を費やして行っていた実験考古学の一大プロジェクト、3度目の正直で黒潮を渡りきることができました! 3万年前の航海 徹底再現プロジェクト(国立科学博物館) 【完結編】国立科学博物館「3万年前の航海 徹底再現プロジェクト」(クラウドファンディングのサイト-終了済-) 当初行われた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2019年7月3日の日本時間早朝に南米で皆既日食(ネット中継)

2017年のアメリカ皆既日食ツアー以来の皆既日食が、明日の朝にチリ・アルゼンチンであるようです。天気は・・・ギリギリな感じかなぁ。 2019年7月3日 皆既日食(南太平洋~チリ、アルゼンチン) 日食の概要はこっちの「予告編?」動画で 直行で行けるほど燃料が積める旅客機がないので、空路乗り継ぎで行って帰ってくるだ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第一次世界大戦終結から今日で100周年

第一次世界大戦での出来事を時系列で教えてくれるツイッターアカウントに「100年前新聞」というのがあって、何年もかけて開戦から終戦まで進めていたのだけど、 とうとう、今日のツイートで https://twitter.com/100nen_/status/1144576177245315072 ヴェルサイユ条約が宮殿の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2019年5月20日から「1kgの定義」が変わる

パリに行けば「国際キログラム原器」という金属塊があって、それが1kgの元になっている、という風に習っていましたが、やはり現物を基準とするのはよろしくないらしく、世界計量記念日を期して新しい定義に変わるという動きがありました。新しい定義は「キログラムは基底状態にある静止した5.018…×10の25乗個の自由な炭素原子12Cの質量に等しい」…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ノートルダム大聖堂 Cathedrale Notre-Dame de Paris

パリには過去に2回行ったことがあるのだけど、シテ島には一度しか渡ったことがなく、結局、中には1度入ったきり。金閣寺や法隆寺のような燃え方ではなく、内部のものはかなり救われたようですが、下の部分を保護しつつ屋根部分を全部作りなおすのは大変でしょうね。 2011年、東日本大震災の揺れが続く4月にマイルを使ってパリで一息ついたときの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

トルコ至宝展に飾られるにはピカピカのお宝でないと?!

オスマントルコ帝国といえば、ヨーロッパ近代史を学ぶと打ち破られる側(ロシアとの度重なる戦争や、ナポレオンの遠征、第一次世界大戦の同盟国側)にたびたび現れるので、旧弊な帝国のイメージになりがちなのだけど、そもそもは東ローマ帝国を滅ぼして東ヨーロッパ・中近東地域に覇を唱えた強大な国家。その中心地トルコには華やかな宮廷文化が残る(ウィーンや長…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新元号「令和」をめぐる情報ツイートあれこれ

新元号発表が天皇の崩御と切り離されたおかげで、「悲しみ」のトーンが和らぐのと、平成の31年の間にすっかり様変わりしたインターネット社会のおかげで、新元号の発表から30分、1時間といった短期間にいろんな情報が。 https://www.kantei.go.jp/jp/tyoukanpress/201904/1_a.html 平…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

国宝「曜変天目」三碗同時期公開を一日で巡る方法

日本に三碗しかなくて、その全てが国宝という珍しいお宝「曜変天目」。三菱が保有するものは比較的頻繁に展示されるものの、残り2つがなかなか出てこないので、全部を観るのはなかなか大変です。 で、その三碗が全て公開の場に出てくるというとんでもなく珍しいことがこの4月後半から5月前半の1か月だけ叶います。以前に風神雷神が都内で同時に、み…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

明日の朝のはやぶさ2タッチダウン中継サイトまとめ

何気に岩石だらけのために着陸するのが一大冒険になってしまったはやぶさ2プロジェクト。いよいよリュウグウへのタッチダウンが継続中です。 JAXA はやぶさ2プロジェクト (Hayabusa2 Project) はやぶさ2、どんな難関が待ち受けている? 動画で解説:朝日新聞デジタル ※ http://twitte…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2019年1月6日は朝から部分日食

正月休みの長い人もそろそろ日常生活に戻ろうかという頃ですが、日曜の朝には最大で2割から4割くらい欠ける部分日食が起こります。 ほしぞら情報 部分日食(2019年1月)(国立天文台) 【特集】2019年1月6日 部分日食 - アストロアーツ 3年ぶりに部分日食 2019年1月6日 -つるちゃんのプラネタリウム …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

#艦これJAZZ祭り 昼の部内容(多々ネタバレ)

twitterに流すには連投になりすぎる箇条書きになったので、こっちに置いておくことにする。 ・今日の司会F提督(赤城役そのほかの藤田咲さん)は晴れ着で登場 ・謹賀瑞雲! ・今日は瑞雲祭りでは無い ・出てくるなり焼かないの、下ろさないの、と言い出す秋刀魚四人衆 ・なんでも下ろします宣言するガンビアベイ ・ガンビアベイ、ゴ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

人類が月の裏に到達してから50年

クリスマスイブと言えば…人類が初めて「月の裏側を肉眼で観た日」でもあります。 60年代の終わりまでに月に人類を届かせるという故ケネディ大統領の遺訓を実現すべく、国家を挙げて邁進するアメリカが、いよいよ最後の一年を迎える前に、「地球を飛び出し、月まで行って地球まで戻ってくる」というテスト飛行を実施できるところまでこぎつけたのが、アポ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今年のふたご座流星群は「金曜の夜中すぎ」がチャンス?

流れ星がたくさん流れる夜、流星群というのは「安定してよく流れ星が見えるもの」と、「年によって見えたり見えなかったりするもの」があって、そのうち、お正月明け1月4日頃が見ごろの「しぶんぎ座流星群」、お盆休みの8月12日ごろに見えるために夜でも過ごしやすい「ペルセウス座流星群」、クリスマス前の今頃によく見える「ふたご座流星群」の3つがあり、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2か月限定で「尾を引いて飛ぶ」人工衛星 Orbital Reflector

我々に気象状況を教えてくれるもの、通信を媒介するもの、位置情報を教えてくれるもの、地球上の様子を探査しているものetc.etc.と宙にはたくさんの人工衛星が飛び回ていますが、今回「何の役にも立たない」人工衛星が打ち上げられたのだとか。 宇宙に “芸術作品” 流れ星のようにきらめく人工衛星(NHKニュース) 宇宙に飛び出す槍?…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

艦これと「居酒屋で秋刀魚コース」の関係がやっぱりわからない

そこらにあるゲームの一つのはずなのに、といってしまうと大変に失礼なのだが、刀剣乱舞と艦隊これくしょんは、どうにも異質な気がする。刀剣乱舞は、元ネタである「日本刀」という大変マイナーだった美術分野を一気に復権させてしまい、日本刀の展示をするといっては全国から人を集め、ゲームを原案にしたミュージカルをやってはそのメンバーを紅白歌合戦に送り込…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

限定80個という競争率が高い配布イベント>宗谷80周年記念キーホルダー

初代南極観測船であったことで知名度が高い海上保安庁の巡視船宗谷が、お台場の船の科学館のところで余生を送っているわけですが、今年は進水80周年(1938年2月16日ソ連船ボロチャエベツ (Волочаевец)として進水)ということで、甲板の木材を使ったキーホルダーを限定配布するというので出かけてきました。 https://…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

展覧会「天文学と印刷」

9月に「世界を変えた書物展」があり、「イグノーベルの世界展」だの「創刊40周年記念 ムー展」だの、明治150年記念「日本を変えた千の技術博」だの、硬軟取り混ぜた「知とその伝播」に関する展覧会が都内で相次いでいるのですが、またまた書物の展覧会が行われています。 印刷博物館がある凸版は飯田橋の駅からトテトテと歩いていくとそれなりに…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

もしかしたら日曜の朝に流れ星が見られるかも?(こうのとり大気圏再突入)

国際宇宙ステーションに補給物資を送り込んでいる日本の宇宙船「こうのとり」。用が済むと宇宙ステーションで出たごみなどを積んで大気圏に落とし、燃やして廃棄するのだけど、今回は、日本上空を通るように落とすので、もしかしたら人工流れ星というか、明け方夕方に見える人工衛星や宇宙ステーションのように、空に流れる光る線を見られるかも、という話。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

フェルメール展(2018年東京会場)

私が学生の頃は、大勢の観客が押し寄せる展覧会といえば印象派と名の付くようなものであって、オランダ絵画ってそんなにメジャーだったっけ、という感じではありますが、今やフェルメールといえば世界の大巨匠扱いでしょうか。 上野の森美術館 フェルメール展 フェルメール展公式ツイッター(混雑情報等をつぶやく) (会場の中の様子…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

台湾から与那国島へ黒潮を越えて航海するプロジェクトのクラウドファンディング実施中

3万年前に日本人の祖先になる人たちの一派が沖縄・南西諸島にいたが、彼ら彼女らはいったいどこから来たのか?という研究テーマに関する大掛かりな実験プロジェクトがクラウドファンディングで資金を募集しています。 【完結編】国立科学博物館「3万年前の航海 徹底再現プロジェクト」(クラウドファンディングのページ) 今回は、実際に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more