いーわん情報源 たまには日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 本「カラー図解でわかる細胞のしくみ」

<<   作成日時 : 2013/10/08 22:48   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

この著者の中西さんは、ポッドキャスト番組「ヴォイニッチの科学書」でいつも様々な科学の話題を解説してくれていますが、本業との関係なのか、生物学関係の平易な本を主に出してくれています(人工衛星の本とかもありますが)。その最新刊は、「細胞」のお話。


例えば、私の時には中学の理科で出てきた「動物細胞と植物細胞の違いは、細胞壁があるかないかで見分ける」の先にある、

「では何で、植物細胞には細胞壁が必要で、動物細胞にはそれは必要ないのか」といった疑問をどこかで解消したことがあるでしょうか?

原発事故で一時話題になった「甲状腺」って、どんな細胞が何をしているところなのか調べたことがありますか?

2012年のノーベル賞になったiPS細胞研究の前に、ES細胞とかいうのが再生医療の希望のように言われていたけど、あれって何だったの?

ミトコンドリアって、元々違う生物としてあったものが、いつの間にか「細胞の中の物質」として寄生するようになったというのはどういうことなのか?

雑学で名前くらいは聞いたことがあるかもしれない「ランゲルハンス島」っていったい何?

といった、体内の細胞レベルのいろんなことについて、最新の情報を分かり易くまとめてくれています。


他にもDNAというのが何で、どうやって複製を作っているのか。「普通の細胞が暴走してガンになる」とはどういうことか。

一つの細胞が分裂していった先で、ある細胞が「目」になる、「骨」になる、「消化器」になる、「神経」になるには何が起きているのか


など、「生物の授業とってなかったから、どうも医療関係のニュースなどはあまり」な人にはいい本かなと。


この本をとっかかりにして、次はこの辺に進むと面白いかな?

本「なぜ、体はひとりでに治るのか?―健康を保つ自然治癒の科学―」(2010/07/28)

本「からだビックリ!薬はこうしてやっと効く ―苦労多きからだの中の薬物動態―」(2009/05/26)






テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
本「カラー図解でわかる細胞のしくみ」 いーわん情報源 たまには日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる