いーわん情報源 たまには日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 本「NASAより宇宙に近い町工場」

<<   作成日時 : 2012/10/30 22:24   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

以前にラジオ番組で語っていたものをpodcastで伺ったときには痛快だなぁ、と思っていたのですが、まさにそのままの内容が本になっていました。「どうせ無理」ではなく「どうしたら出来るか」を考えろ、をここまで徹底すると楽しくなってきます。


北海道の町工場のオヤジが語る「夢への歩み方と教育」(2011/02/22)

というわけで、そのpodcast番組を今から入手することはできないのですが、その時に話していた内容そのままの本といえます。

植松電機株式会社

社長の講演、体験教室などの申込ページ

著者の会社は、北海道の小さな町工場ですが、リサイクル機器用の磁石の生産ではトップ企業。その余暇を使って宇宙開発を行う、という面白い会社です。

で、いったい、いかなる行動原理によって、どのように事業を行い、宇宙開発に邁進しているのか、なのですが、

一言で言ってしまえば

「社会のためになる、自分がやりたいことをやっているだけ。」


自分たちの事業の成果が人の役に立つように、メンテナンスフリーの製品を作り出し、ニッチではあるが市場をほぼ独占して、事業経営にフリーハンドが持てるようにした。
その余裕を使って、自分たちがやってみたかった「小型ロケット」の開発をやっている。

とまとめてしまえば簡単ですが、不思議なことに、そのような経営を行っている会社を見ることは滅多にない(ベンチャーというかしがらみの少ない会社でしか出来ないのか?という気も少し)。

流通網などの既得の仕組みのせいもあるのでしょうけど、「拡大し続けないといけない、大量生産、大量消費、どんどん作ってどんどん買い換えさせないといけない」経営と、この経営の考え方はそれだけ相容れないものである、ということなのでしょう。


大きな基盤(社会インフラとか)の維持を実際に行うフェーズでは、もっと大量生産的ノウハウが必要になってくるだろうけど、

でも、イノベーションを起こすことを目指すのなら、ここのやり方は参考になりそうです。


・ニッチというものは「見つけるも」ものではなく、自分で作るもの

・しんどいもの、嫌なもの、クレームの種を商売に変える

・消費者迎合≠顧客満足  顧客満足=顧客を「凄いな」とうならせること

・「どうせ無理」とは楽をするための言葉。楽をすると経験を積めずに無能になる

・間違えたらやり直せばいい、知らなければ調べればいい、やったことのない人の「出来ない」に何の意味も構う価値もない

・たとえ実現できなくても、高い理想を掲げ続けることで、今よりも高い場所に上がっていくことはできる


といったことから「こういう社会になったらいいな、と自分が思うことを少しでも実現できる方法を考え」ましょうよ、という主張でしょうか。

とにかく「どうせ(できっこない)」に対する敵愾心はものすごいです。自分が「どうせ・・・」になったときに読み返すのが、この本の処方箋としては適切な気がします。


でもって、個人的にいいなぁ、と思ったのは、

価値が分かる人間を育てる。安ければ何でもいいのではなく、より良いものが必要なときにはより良いものを使うことができる、それを選び出せる人間が増えないと「より良いもの」を作り出す必要がなくなってしまう、

という主張(いーわん超訳)。

安くてそこそこvs高いけどいいもの は、必ずどちらかが勝つわけではないけど、「必要なときにはいいものを選び出して、その価値を認めて使うことができる」という態度は、自分も失わないように注意しないといけないですな。




NASAより宇宙に近い町工場
ディスカヴァー・トゥエンティワン
植松 努

Amazonアソシエイト by NASAより宇宙に近い町工場 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
本「NASAより宇宙に近い町工場」 いーわん情報源 たまには日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる