いーわん情報源 たまには日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 本「ビッグデータ時代のライフログ」

<<   作成日時 : 2012/09/18 22:28   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

一応、こっち方面は私の仕事ですので。ビッグデータとかライフログとか、目くらましな単語で幻惑したタイトルですが、何と言うか、「インターネットで個人の行動履歴を集めて利用する際の注意事項」とでも日本語訳しておけば良いでしょうか。

twitterやFacebookなどのSNSに書いてあることを集めれば、本人の趣味や思想の系統が。位置情報や、鉄道の乗降履歴から活動範囲が分かる。写真を集めれば本人の顔かたちだけでなく、(一緒に写っている人から)交友関係も。場合によっては写真の方角などから自宅や生活圏を割り出したりもできる。

Amazonや楽天の購入履歴、GoogleやYahooでの検索語の一覧を使えば、本人の興味が何に向かっているかをある程度丸裸に出来るし、薬品の購入、スーパーで貯めたポイントから、既往症や家族構成、消費パターンなどを予測できるかもしれない。


今までは、病院が「電子カルテ」を持っている、ショッピングサイトが「購入履歴」を持っている、SNSに「投稿データ」がある、で済んでいたので、主な問題は「個人情報やプライバシーの保護」。収集されたデータの目的外使用と外部への漏洩防止策をどうするか考えればよかったのですが、

今後課題になってくるのが、

複数のサイト、システムを一つのIDで入れるようにすることで、それぞれの履歴データが、統一のIDに紐付けられる状態になること。



では、国民背番号や「OZ(サマーウォーズ)」みたいなID(セキュリティは堅いと仮定)にデジタル上の生活の全ての履歴が紐づけられることは容認できるか?

逆に、経費節減や民営化の観点から、一部の「クリティカルでない」公共サービスの利用状況が、私営企業の発行するIDに紐付けられるのはOKか?

個々の履歴情報の提供はそれぞれに容認していたとしても、それらが全て集まることで、または、「本人と明確に結びつかない形で集められていたはずだった情報」が集合して、自分に関するもっと別の側面をも暴き出したりする危険性をどう考えたらいいか?

そのリスクとメリットはどこにあるのか、のレポート本です。


これをビジネスの人が執筆すれば「ビッグデータで相手の個人に関するこんなことも分かるようになって、更に効果的な販売促進ができる!ビジネス拡大!囲い込んだもの勝ち!」みたいなイケイケの本になり、

法学者などが執筆すれば「あなたの知らないうちに、インターネットを通じて、あんな情報もこんな情報もいつのまにかどこかのサーバに蓄積されていて、誰とも知らない人に見られているんだ。怖いんだぞー、漏れたりしたら、こんなところにまで被害が出るんだぞー、早めにルールを決めないと!」といった本になるかと思いますが、

今回はの十三人もいる執筆者には両方の立場の人たちが混ざっているようなので、

「間違えるとこんなことになるんだけど、まぁ、こういうことが出来て便利なんだよねぇ」というトーンになっています。

IDや認証に関する技術がどうなっている、プライバシーとかに関する保護というものがこの程度要請されている、

または、ポイントを付与することでどんな情報の開示へのインセンティブが上がるかとか、個人に関する情報がスタンドアロンではなくシステムとネットワークの中にあることの災害対策上の意味とか、現状に関する多面的なまとめとしては便利な本です。その分、陳腐化もすごいスピードで進むでしょうけどね。


さて、ビッグデータとかいう情報の履歴、本当に「そのIDを持つ個人の行動なのか」という点にはあまり触れていないんですよね。

家族全員で使いまわすポイントカード、
IDを持っていない人の代わりにオークションに入札、
共有PCから入力される検索語句、

それらによってちゃんとした「個人像」を結ばずに歪められているデータってきっとあると思うのだけど、現状ではその辺の誤差が問題になるほど、情報は活用されていない、と言う風に捉えればいいのかな?




Amazonアソシエイト by ビッグデータ時代のライフログ―ICT社会の“人の記憶” の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
本「ビッグデータ時代のライフログ」 いーわん情報源 たまには日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる