いーわん情報源 たまには日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 本「キリスト教とは何か」

<<   作成日時 : 2010/06/24 22:14   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

本屋で見かけて衝動買いした雑誌。Penの2010年5月15日号別冊で、3月くらいに出たものの増補・改訂版みたいです。

タイトルは、「キリスト教とは何か」


ヨーロッパ諸国の人間と関わるに際して、先方の考え方の背景に横たわるものとして必要になるのはキリスト教のこと。別に毎週教会に行くような人でなくても、キリスト教的価値観はどこかに染み付いているのは、日本社会の奥底のどこかに論語や仏教、神道的なものが隠れているのと同じようなもの。

映画や物語のプロットが聖書の物語をモチーフにしていたり、
絵画にキリスト教的な意味が隠れていたりすることもあるし、

ちょっとしたジョークがキリスト教のことを知らないために笑えなかったりする、源氏物語などの古典の知識がないと笑いのツボを外すこともある古典落語みたいなこともあります。


で、この雑誌本。

カトリックやプロテスタント、東方正教会は何が違うのか、
旧約と新約の聖書に何が書いてあるか、
中世の宗教画のポイント、

天地創造からキリストの受難と復活までの、聖書に書かれたそれぞれの物語の概略(それぞれをモチーフにした絵画と解説文で)

登場人物の系図とか、修道士の生活とか、日本の教会建築とかも載っていて、読み応えがあります。


個人的には、高校の世界史の授業がイスラム史に若干偏り(おかげで、ヨーロッパ暗黒期の横で起きていたイスラムの盛期を知ることができましたけど)、個人的には近代以降に興味が向いていることが多いので、底を流れるものに対する知識が足りないことが多く、丁度いいアンチョコ本になりました。



Pen (ペン) 2010年 5/15号 別冊 [雑誌]
阪急コミュニケーションズ


Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
本「キリスト教とは何か」 いーわん情報源 たまには日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる