いーわん情報源 たまには日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 大学で「文章術のいろは」を教えないといけないらしい

<<   作成日時 : 2010/03/02 22:09   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

しばらく前に、山形大が、レポートなどの文章の書き方を今度の4月から必修にする、というニュースが流れていました。

何でも、「やばい」「微妙に」といった話し言葉を答案やレポートを書くときにも使ってしまうなど、文章力の低い学生が増えていて、ちゃんと書ける学生とそうでない学生の差が大きくなっているので、必修の作文講座を作ることにしたとのこと。


前年度のシラバスではこんな↓感じだったようですが、これは選択科目だったようで内容も一新する模様。

なせば成る!〜大学生活事始め〜(教養セミナー)


今度の講座は、週1回90分一コマの講義で、作文方法やレポート、ディベートや情報収集のやり方などを教えるのだとか。それ専用のテキストまで作ってしまうところまで危機感が高まっているようです...

肝心のテキストの中身は、「作文力を高めよう!」「文の書き方の原則」「授業ノートのとり方」など26項目。

教えられるその中身は、

●主語と述語、修飾語と被修飾語は近づける
●話し言葉を持ち込まない
●文の長さは30〜40字くらいを目安とする


・・・・・今の、小中高校って、作文とか書かせないの?と学んでいないことに驚くべきなのか、

大学受験もあっただろうに、文章作成能力レベルがほどほどなのに大学に入れてしまうことに驚くべきなのか、

一体、どう捉えればいいのやら。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
大学で「文章術のいろは」を教えないといけないらしい いーわん情報源 たまには日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる