いーわん情報源 たまには日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 本「レバレッジ時間術―ノーリスク・ハイリターンの成功原則」

<<   作成日時 : 2008/05/31 16:41   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

人脈術のセミナーを聴きに行った本田さんが出した時間術の本。「したいこと」を短い時間で上手く達成していくための時間マネジメントの方法の解説です。

この本の中身は、面倒くさがり屋が実践する、時間有効活用術ということになるわけですが、基本的に手法は「レバレッジ」なので、

目的(ゴール)を明確にして、そこからやるべきことを抽出したうえでそのスケジュールを先に押さえ、残りの時間で他のことを全て片付けるように工夫すべし

時間は、無駄に使うと取り返しが出来ないので、100点満点の作業をせず、必要最小限で様々なことを片付けるようにすべし

ということになります。あとは具体的な実践方法の解説ですね。

例えば、何をするときにはどうするかをリスト化し、その通りこなせば漏れ・抜けがないようにしておけば、時間の無駄が省けるとか、

何をしたいのか→そのために何が必要か→それはどうすれば手に入るか→では行動!でサイクルを作る、

最低合格点でよしとする、最低ラインの見極めには主なポイントを選び出す能力が必要になるから、過去の事例を検討して役に立てると有効である、

だらだらといつまでもやらない、

もったいないとか、いつか役に立つかも、といったことはしない、

なかなか耳の痛い話のオンパレードです。


あなたを見つけるこころの世界地図に「時間があるがゆえに、1通の葉書を書いて投函するだけの作業に一日かかってしまう老婆」の話があるのですが、これと併せて思うとき、「今日は仕事に余裕があるな、と思うときこそ仕事の能率が上がらない」ということが実感できます。

とにかく午後5時とか6時で退社するから、その分仕事が片付かなくてもいい、という考え方はワークライフバランスではない。午後5時とか6時に退社しないといけないから、いつもは残業しないと片付かなかった仕事を残業しないで片付くようにするにはどうしたらいいかを考えて実行する、という行動の先に、自分の成長と目標に向けた準備にも時間を使えるようにし、充実した人生にするのがワークライフバランスだ、ということなんでしょうね。

確かに、夜に講演会とか社外の人と会うような約束があって、猛スピードで仕事を片付けているときが、一番時間効率がいいわけだから、あの時の仕事の方法論を仕組み化するのがいい、ということなんでしょうかね。
レバレッジ時間術―ノーリスク・ハイリターンの成功原則 (幻冬舎新書)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
本「レバレッジ時間術―ノーリスク・ハイリターンの成功原則」 いーわん情報源 たまには日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる