いーわん情報源 たまには日記

アクセスカウンタ

zoom RSS オーストリアでの免税手続き

<<   作成日時 : 2007/12/05 22:14   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

今日は、ウィーンでのお買い物の失敗話を。

私のような、EU加盟国外から来た人間がある程度まとまった買い物をした場合、出国時に税金の還付(いわゆる免税ショッピング)ができます。

条件は、一回にトータルで75ユーロを超える買い物をし、その購入品を未使用のまま国外に持ち出すこと。

さすがに今回の旅行に際しては家族などあちこちに世話になったので、半日ほど皆と別れてお土産買出しツアーをやり、2店舗ほど75ユーロを超える買い物をしました。


でもって、「免税手続きをお願いします」とお店に頼むと、税関提出用の書類とそれを返送するための封筒をくれます。
大雑把に流れを説明すると、その書類と品物を出国時に税関で示し(買った品物を預け入れ手荷物のカバンに入れて、チェックインを済ませた状態で、カバンを税関に渡すイメージ。必要があれば、開けて中を調べられるそうです。)、書類にスタンプをもらった状態で封筒に入れ、搭乗ゲート付近にあるポストに投函すると、税金が還ってくる、ということになります。

実際には、免税手続きの書類に「カードに払い戻す」と「現金還付」の選択肢があり(元々カードで買ったのか現金で買ったのかで分かれると思うのだが)、現金還付だと、免税店コーナーにある銀行窓口で現金を受け取ることができます。

参考:
http://wien-jp.com/wien-jp/tax-rfnd.php


厄介なのはここから、実は免税手続きをやっている業者が2業者(?)いるらしく、免税書類の送付先封筒が2種類あります。「プレミア」という名称が入っている封筒と、特にそういったロゴの入っていない封筒があり、免税書類を間違えた封筒に入れてしまうと、せっかくの還付手続きがふいに...

ハイ、やってしまいました。プレミアの方に入っていた書類を、そうでない封筒に入れて送り返してしまいました。片方は現金還付だったので、1つの書類に2つの封筒になってしまい、慌てて入れ間違えたというわけ。


多分、両者の間で間違えて届いた書類をやりとりしてはくれないでしょうねぇ、とはツアーアテンド側のコメントだったので、還付失敗で税金は還ってこないことに...orz

いやホント、どの国でも一度取り立てた税金は、本来取る必要がないところから取っていても簡単には返す気がないんですねぇ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
オーストリアでの免税手続き いーわん情報源 たまには日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる