いーわん情報源 たまには日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 顔認識技術で監視カメラの能力もパワーアップ

<<   作成日時 : 2007/06/06 21:43   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

「監視カメラ」が、映っている人の中から不審な人物を自動判定したうえで、その人の動きをスームアップして録画する仕組み、なんてものがいつの間にか実戦配備されていたんですねぇ。まるでスパイ映画?

「監視カメラ大国」英国不審な仕種だけでズーム(FACTA online)

英国一国だけで420万台導入され、アジア全域(当然日本も入る)の300万台をはるかに超えるということで、石原都知事もロンドンの監視カメラ事情に興味を持っていると言われる「監視国家」英国では、怪しい人物を自動判別して、その者の動きを集中的に録画する仕組みまで導入されているのだそうな。

一基1万ドル(約120万円)と高額な「バグ」は、最新鋭の衛星技術と連動しており、内蔵された八つのレンズでパノラマ撮影が常時可能だという。テロリストの可能性を示す50種類の不審な行動パターンを見分け、不審人物を絞り込むと九つ目の内蔵レンズが撮影を開始する。カメラはその不審者をズームで大写しにしたうえで、歩道を歩いているところ、建物への出入り、車で現場を立ち去るまで連続して撮影し続けるという。不審な動きを見せるグループも識別可能という。


伏し目がちにきょろきょろしているとか、ある一点を凝視するとか、何かを探しているような動きとか合図っぽいゼスチャーとかが該当するんでしょうか>50種類の不審な行動パターン

さらに来年くらいには、「こわばった表情」や「こそこそした動き」もトレースするようになる、というのだけど、それこそ緊張する場に向かっているような人も不審者になってしまうわけね。一応、監視カメラは街中にあるわけだし、そういうパブリックな場所で既に緊張している風体であれば、怪しいという判断されても仕方ないといえば仕方ないけど、あがり症の人とかは大変だろうな。

私も学生時代に、合宿にラジカセを持って行く必要があって、早朝からタオルに包んだCDラジカセをカバンから突き出させて運んでいたら、地元警備の警官に、通り過ぎるのをずっと見られ続けていたことがあるけれど、今なら職質は免れないでしょうね。

この分だと英国では、それがあちこちのカメラで録画されて、「そいつはどこからどこまでその荷物を持って移動した」というファイルを作られてしまいそうですけど。

近くだと、六本木ヒルズは、全体で1,000台の監視カメラが設置されているようで、六本木ヒルズのエリア内に入ってから出るまでの行動はほぼどこかのカメラに映されていると見て間違いないのですが、それが国レベルでそうだとなると、ビッグブラザーとしか言いようが無いですね。さっすが本家。
1984年 (ハヤカワ文庫 NV 8)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
顔認識技術で監視カメラの能力もパワーアップ いーわん情報源 たまには日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる