いーわん情報源 たまには日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 女性←男性は、男性←女性の2倍以上のコストがかかる

<<   作成日時 : 2006/11/09 21:14   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

まぁ、この辺りが平等になることはないだろうし、平等にすべきと誰かが思っているわけでもないでしょうけどね。

元ネタの
自分へのプレゼントは「彼と買う」 女性へのクリスマスアンケート(Yahoo!ニュース)

を読んだときには、価格のところだけ注目して、ふーん、さすがプランタンのサイトに登録しているほどのお嬢さんたち、お相手に貢がせてまんなぁ、としか思わなかったのですが、

あなたのものは私のもの、私のものは私のもの(^^;)(法務の国のろじゃあ)

に、
多くの男性諸君は大体想像はつくだろう。
なぜ彼女へのプレゼントは一緒に買いに行きたいといい、なぜ自分へのプレゼントは彼女が自分で買いたいというのか。


と書いてあったのを読んだときに、「た、確かに・・・」と絶句してしまいましたさ。

これって、自分の欲しいものは間違いなく手に入れ、相手にあげるものは、自分のコントロール下で選ぶ利益最大化の仕組み...男性側は何にせよ、極端に「自分の趣味でない」物が来ない限りは(場合によっては、自分としては全く欲しくなかったようなものであっても)相手からいただけるだけで喜ぶ部分がありますから、人の気持ちについて踏み込むような野暮な話でもあるまい、と見るべきかな、と。

まぁ、
女性が男性に期待するプレゼントの価格の平均は5万3260円。男性へのプレゼント予算の平均は2万7505円。

なんて、高額なプレゼントをあげた経験も貰った経験もない私としましては、こうした駆け引きのルールに関してどうこう言う立場ではない気がしますけどね。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
女性←男性は、男性←女性の2倍以上のコストがかかる いーわん情報源 たまには日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる