いーわん情報源 たまには日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 600カラットのダイヤモンド原石が1,200万ドル!?

<<   作成日時 : 2006/10/11 23:11   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

大きい原石自体が稀少とは言え、これからカットされて小さくなってしまうことを考えたら、すごく高い原材料費ですね。

巨大ダイヤモンド、約14億円で落札(Yahoo!ニュース)

603カラット、120グラムの「レソト・プロミス」というダイヤモンド原石に関するオークションが行われ、約1,200万ドルで落札されたとのこと。
これで史上10番目に大きい、というのだから、いかにダイヤモンドが小さい単位でしか発掘されてこないのかが分かりますけど、凄い値段がつくものだなぁ、と感心しきり。

だって、600カラットの研磨済みダイヤならともかく原石デスよ?普通、研磨をしてしまったらダイヤの大きさなんて半分くらいになってしまうんですぜ?で、研磨するのにも結構なお金が必要なんですよ?(コンマいくつ程度の小さな原石を研磨してもらうのに数万円かかったことアリ)

ダイヤモンドは巨大なハート型と、いくつかの小型の石に削られ、販売されるという。

形に無駄があるから、巨大なハート型とやらは100カラットクラスまで小さくなる(まぁ、それでも世界で二桁で数えられるくらいの大きさだと思うが)と思うけど、一体どんな感じになるんでしょうかね。
NHKの朝のニュースでもやっていて、落札会社のコメントとして、最低2000万ドルで販売したいとかいう話でしたけど...確かに、ダイヤは原石の価値よりもカットの出来という技術的側面の方が大きく価格に影響するとは言え、付加される価値の大きさにまたビックリ。

600カラットのダイヤと言って思い出すのは、ロンドン塔の"The Great Star of Africa"(正確には530.20カラットだそうですが)。これの原石は3,000カラットもしていたそうだけど、今回の「炎で溶けた後に再凝固したガラス」にしか見えない600カラットを考えれば、3,000カラットの原石をガラスの固まりと思いこんだエピソードも無理ないよなぁ、と納得。一回、そういう大きな原石も見て見たいですねぇ。

《参考》
■世界最大のダイヤモンド

カリナン(Wikipedia)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
600カラットのダイヤモンド原石が1,200万ドル!? いーわん情報源 たまには日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる