すごい!100冊倶楽部 第二回Moso会議

今日から会社が夏休み4連休なので行けた、という噂も...でなければ、早寝早起きで有名な私がこんな時間まで起きていることもないですね。

書評メルマガWebookの発行人松山さんのメーリングリストのオフ会に出かけてきました。

すごい!100冊倶楽部(メーリングリスト)

1000冊倶楽部公式ブログ

夏休みで東京を離れてしまっている人が多いせいか、前回とはメンバーが半分くらい入れ替わってしまいましたが、Moso力といい、二次会のノリといい、どうもこの倶楽部のメンバー、どこを切り取っても似た者ばかりのようです。(^^;;


今回の議題は、
「100冊倶楽部のグッズに何を作るか」&「100冊倶楽部で何か本を出版するとしたら何を書くか」
...かなりヤバそうなネタです。


とりあえずは、参加者全員が、自己紹介とともに各自オススメの一冊を披露。その1冊は参加者で交換されることに。私の本は、昨日のネタ「宇宙授業」。本当は人数分買って配りたいくらいの勢いでした。

で、じゃんけんで決まった順番で交換。いただいた本は「15分スケッチ練習帖 (基礎ドリル編)」(oilshopさん、ありがとうございました)...絵を見るだけで描くなどとは考えたことが無い私は、いただかない限り一生手に取らなさそうなタイプの本であります。絵が描けるようになるかは乞うご期待ということで。(あーあ、言ってしまった。)

で、4班に分かれて、上のグッズと出版企画に関するMoso会議。まぁ、「Moso」なのでそのお題から外れてしまった話が大量にあったような気がしますけど。まさか「本に関する特区」が出てくるとは思わなかった...


結論から言うと、この倶楽部、来年の2月に本を出版することを目指します(何の本かはここではまだ秘密)。本のタイトルも決まっていませんが、出版イベントまで決まっています。(笑) その本の出版にあたっては、倶楽部メンバーから原稿と出資を募ります。グッズに関しては、先ずは「ロゴ」作りから始めます。

おいおいマジかよ、という感じですが、タイムスケジュールまで用意されていますから出来るかも。編集とか誰がやるんだろう、という気はするけど、本の専門家が揃いすぎていて、なんか、そんな些細なことは何とかなってしまいそうな気がするところが怖いです。
それに「想像できるものは実現する(『宇宙授業』の一節)」。

とりあえず、MLに投げ込んで「ご意見募集」なネタがいくつも出来たので、しばらくはこれでMLが盛り上がるといいな。

しかし、私の今年の読書量って、仕事で読む法律関係の拾い読みを含んでも20冊にも届いていなさそうな気が...このままでは倶楽部を除名されるかもしれん。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック