いーわん情報源 たまには日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 迎賓館に行ってきた

<<   作成日時 : 2005/08/03 21:02   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

画像
ちょっと国賓気分を味わいに?赤坂の迎賓館に行ってきた。とは行っても、正面の車止めにでも乗り付けないと気分が出ないよなぁ。

ニュースでお馴染みの迎賓館ですが、とりあえず私が思いつく限り、一般人が中に入る方法はいくつか存在する。近隣の小学校の生徒になって国賓の出迎えで国旗を振る役を担うというのもあるが、これでは建物の中に入れない。建物に入るには、1年に一回夏場に行われる「迎賓館参観」の入館許可をもらう必要があります。

迎賓館(内閣府のページ)

大雑把に言うと、5月中旬〜下旬頃に参観希望者の募集が行われるので、往復ハガキで申し込みます。この時に、参観希望者の氏名・年齢、参観希望日付等を特定する必要があります。で、返信ハガキで当落通知が来る、という話。2年連続で落選していたのですが、来年以降改装で参観中止になるために今年の当選者数を多くしたせいか、3度目の正直で中に入ることができました。


当選ハガキと身分証明書を用意して照会のうえ、入場。
大荷物や長い傘は館内持ち込み禁止。
中で壁や調度品に触るのは禁止、内部の写真撮影も禁止。

という約束事の下、入館するのですが、中で見られる部屋は2階の4部屋と出迎え用?の2階大ホールのみ。1階はどうも裏方部屋(随行員の宿泊用部屋などがある)で構成されているようです。で、その2階の部屋ですが、彩鸞の間・花鳥の間・朝日の間・羽衣の間と言って、部屋の様式、柱の大理石の産地、大シャンデリアの形など、見た目がかなり異なります。床がケヤキの寄木なのと、8mくらいある高い天井くらいが共通項でしょうか。さすがに国賓を迎えておもてなしをするための施設、とても豪華です。

内部写真紹介ページ

前回の改装が昭和49年だったそうなので、約30年も経てば改装もやむなしだとは思われるのですが、どうも今回の改装は、調度品を修繕できる職人がいなくならないうちに、という事情が絡んでいるそうで、今日見た椅子などもなかなか維持するのは大変なようです。


中を見終わったら、庭を見ながら外を一周して参観終了なのですが、快晴の空の下、日よけも無いところなので、とにかく暑い! 写真を撮りながら炎天下を歩いているので、迎賓館を辞去する頃には汗みずくです。
汗をかきかき、部屋から部屋を、庭から正面と巡っているような人は、所詮、迎賓館の優雅さには縁が無いということですかね。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
3度目の迎賓館
正確に4年おきに見学会に参加しているらしいのは別に狙ってやったわけではないのですが、赤坂の迎賓館の見学に3度行ってきました。 ...続きを見る
いーわん情報源 たまには日記
2013/08/26 21:59

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
迎賓館に行ってきた いーわん情報源 たまには日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる