いーわん情報源 たまには日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 神宮の花火大会

<<   作成日時 : 2005/08/01 22:13   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

同じ東京都内のメジャー花火大会の中でも、この大会の開催日付だけ、どうも一定しない印象がある。

他の大きな花火大会はだいたい週末に行われるものだが、これだけは、土日・平日お構いなし。墨田川と東京湾の間に行われる決まりなのだろうか?今年の東京湾はお盆の13日で、週末をあと一回挟んでいるけど、その週末は江戸川だし、20日まで延ばしても多摩川があるし...という談合でもあるんだろうか。今年は月曜日の開催。

まぁ、球場での観覧は有料(数千円単位)なので、スポンサーとその観覧収入で成り立っているということなのかもしれないですけどね。

日刊スポーツ60周年記念 日刊スポーツ主催2005神宮外苑花火大会

まだ、浴衣で花火大会みたいな雑誌の煽りが行われる前は、当日の夕方に行って普通にチケットを買って球場内に入ることすら可能でしたが、そんな話も今は昔。中に入るメリットは、花火が始まる前に行われるタレントのショーと、外野席での仕掛け花火が見られるのと、チケット入場者対象の抽選でプレゼントが当たるかも、てなところ。全然大したことが無いのですが、実は神宮第一球場の内野席に座って第二球場から打ち上げる花火を見ることが大メリット。煙もたなびくし煤も降る、炸裂する花火との距離は数百メートル、とかなりの迫力で楽しめます。まぁ、1時間のスペクタクルに4〜6,000円も払うかといってしまうと、デート目的で座席を確実に押さえたいとかでなければ、球場の外にござでも敷いた方が...という気もしますけどね。以前に比べてチケット代も上がっているし、出演者が新人アイドルとかだった昔に比べ、結構有名な人をゲストに呼ぶようになったので、入手もかなり困難に。私自身はもう10年近くも球場内にはご無沙汰です。

今は、周囲の高層ビルがすっかり増えてしまって、ちょっと離れた家やビルから見るのはかなり難しくなったみたいですが、こんな首都のビル街のど真ん中で花火を1万発も打ち上げて、それをまたビルの隙間から見る、というのはなかなか趣きがあっていいです。河原で見るのに比べると、はるかに暑苦しいですけど。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
神宮の花火大会 いーわん情報源 たまには日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる