アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「展覧会」のブログ記事

みんなの「展覧会」ブログ

タイトル 日 時
#新海誠展 −「ほしのこえ」から「君の名は。」まで−
監督の商業デビューから15年、ということで今までの全作品に関する資料を揃えた展覧会をやる、ということ自体がとっても異例(アニメ監督でそんなことしたのってそれこそ限られし者なのでは・・・)で、それをさらに全国巡回で、というところで大いに驚いたわけですが、昨年の、君の名は。大ブームって、そんな企画が通るほどのインパクトだったのですね・・・ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/07/21 22:19
「レオナルド×ミケランジェロ展」 #レオミケ展
レオナルド展やミケランジェロ展というのは数多あるのだけれど、この両者を並べる展覧会、というのはなかなか無いのだそうです。ほぼ同時期に近い場所で活躍(レオナルドの方が年上)で、絵画と彫刻での伝説的存在を「比べる」となると、ヨーロッパだと大変なことになるようで、ある程度距離の離れた日本だからこそ出来る展覧会なのかもしれません。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/07/19 23:02
週末の夜に出かければ、国立西洋美術館の常設展は無料
なかなか「常設展だけ」のために美術館に行かないので、気が付かなかったということもあるのですが、実は以前から、西洋美術館では「土曜の夕方以降に常設展を観に行くとタダ」だったらしいのです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/06/02 22:12
3年ぶりに尾形光琳筆「風神雷神図屏風」公開中(2017.6)
一時期、一年に一回くらい公開されていた印象があるので、今回が3年ぶりというのは意外でしたが、上野の東京国立博物館で、風神雷神が1ヵ月間展示されるそうです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/06/01 22:50
「茶の湯」展でお茶碗三昧
夜の展覧会巡りシリーズ第3回は、やはりゴールデンウィーク中に出かけた「茶の湯」展。21時までやっているということは18時すぎに入っても中を巡る(それなりに)十分な時間があって、その日の昼間に別のことをする余裕すらあるということ。一日12時間近くも見学者に対応する博物館の職員の皆様に感謝して、夜の空いている博物館へGO!です。今はもう夜間拝観はあまりやっていないし、間もなく会期末なのでまだの人はそろそろ駆け込まないと。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/05/29 18:08
大英自然史博物館展に行ってきた
私が行ったのは連休中の話で、もうすぐ会期末なので、ご興味のある方は急いだ方が・・・な展覧会。始祖鳥来日!を売りにしています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/05/28 21:42
こうの史代「この世界の片隅に」原画展
連休後半からブログ更新に時間が割けない状態になって、書くつもりだった記事が少しばかり遅くなってます・・・今日はちょいとリハビリ代わりの更新。渋谷で、昨年末年始に評判になった映画の原作漫画の生原稿を展示しているのを見てきました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/05/27 21:38
根津美術館は藤の花とカキツバタの季節
公開されると私が必ず見に行く国宝が2つあって、一つは曜変天目、もう一つは燕子花図屏風。このゴールデンウィークは都内で両方ともみられる珍しい年だったりします。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/05/02 22:35
1,500円で何度も利用できる瞑想空間@ワタリウム美術館 #skmt_async
家の電気温水器が故障してはからずも休暇を取ることになってしまったので「この展示は人が少ない平日の方がいいよなぁ」と思っていた坂本龍一の新作展示を見に行ってきました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/04/23 21:42
快慶の仏像についての解説ビデオ公開中
奈良の国立博物館で、快慶の仏像を集めた展覧会が実施されるにあたって、「快慶が造った仏像の特徴や鑑賞ポイントについてわかりやすく解説する講座動画」というのが作られ、公開されているとのこと。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/03/31 22:20
「君の名は。」展
長野の小海(監督の出身地)、岐阜の高山(映画の舞台「糸守」の近くの街という設定)に続く3か所目の展示、ということで、お化けヒット映画(8月末公開映画が3月になってもやっていて、未だに毎週の興行収入ランキングベスト10から落ちたことないってどんな状態なの)の設定資料を見られる展覧会が東京で始まるようです。小海で展示は観ていたのでこのタイミングで記事を。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/03/07 22:34
「超・日本刀入門〜名刀でわかる・名刀で知る〜」展に行ってきた
正直に言って静嘉堂文庫美術館は、数年に一度「曜変天目」を見に行くチャンスの時に訪れる場所・・・と断じてしまうと大変失礼なのだけど、どうしても茶道具のコレクション(あとは古典籍)のある場所と認識していて、名刀のコレクションがあるというのは今回初めて知りました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/01/23 20:21
#ラスコー展 に行ってきた
ラスコーと言えば壁画、壁画と言えばラスコーというくらい、「人類が描いた一番古い動物の絵」のイメージが強いラスコー壁画ですが、実は、近くにショーヴェという「もっと古い」洞窟壁画が発見されていたり、調査によってそれを描いたクロマニヨン人たちのことが分かってきたり、とこれまた知識のアップデートが必要な分野。お正月休みに観に行こう!ということで出かけてきました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2017/01/20 23:16
科学や未来がテーマで忍者?「The NINJA-忍者ってナンジャ!?-」展
日本科学未来館は、先日常設展示の方もリニューアルが行われて、相変わらず「科学技術を正しく未来に繋げるための活動に使う」テーマを掘り下げていますが、夏休みは、子ども向けの要素もあるのか、忍者についての企画展。とは言え、真実の忍者は「闇の戦闘者」ではなくて「ちょいとタフな情報収集人」で、「生き残りのために科学知識を駆使した人たち」ってところに焦点があたるようですが。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/07/15 22:58
日韓の国宝が一堂に会する「ほほえみの御仏―二つの半跏思惟像―」
半跏思惟(はんかしゆい)−右足を左足のうえに乗せるように足を組み、右手を右ほほにあてて物思いにふける形−の像であることは共通するものの、見た目も中身もかなり違う日韓の国宝が、同じ部屋に向かい合って展示される、というこれこそ「見逃したら二度と観られない」展覧会。先日の若冲展があんなことになっていたので、かなり覚悟していたのですが・・・ ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/06/28 23:11
園子温 展 ひそひそ星@ワタリウム美術館
私が中学生だったときに、学校の図書館であるSFの短編を読んだ。ある時から宇宙空間に不定期に渦が発生するようになり、その宇宙の生命たちはロケットに乗り、その渦にのみこまれるために集まってくる、当然、渦に呑まれたものは帰ってこない。生命たちはその渦の先に何が待つのかも知らないで集まり、どこかに散っていく、その宇宙にはその「渦の先とこの宇宙の狭間に引っかかってしまった」中継者がいて、「新しい宇宙のために集い、渦を超えて進め」と呼びかけているのだが、その意味するところとは・・・ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/05/23 21:27
古代文字の相関関係が分かる「世界の文字の物語」
ヒエログリフだの、象形文字だの、楔形文字だの、甲骨文字だの、古代文明には何と読むのかよく分からない文字がつきものですが、古代オリエント博物館では、その博物館のメイン?たるメソポタミアやエジプトの古代文字を導入に、現代の様々な文字に至る「文字の歴史」の展覧会をやっているというので観に行ってきました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/05/19 22:46
「生誕300年記念 若冲展」に行ってきた
私が伊藤若冲の絵を伊藤若冲と認識して観賞したのは、六本木ヒルズがオープンしたときの森美術館のこけら落とし展覧会(「ハピネス!」だったか)に、プライスコレクションの「鳥獣花木図屏風(その白い象の絵はポスター等のアイコンにも使われた)」が展示されたのが初めてだったか。日本美術は、北斎や写楽のような「万人に人気」という画家はあまりいなくて、琳派とか若冲と言っても、以前はそんなに人気なかったはずなのですが・・・ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/05/17 22:12
「恐竜博2016」に行ってきた
さすがの祝日、子ども連れがいっぱいいるな、と思ってたら結構中国人の家族連れが多くて少々意外。中国もメーデー周辺は連休なのだそうだけど、日本に来てまで博物館で行列しているのは、最近の恐竜研究では中国が大きな役割(中国の奥地などで新種が発掘されるせいか中国人研究家が活躍している)をしているのもあるのですかね。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/05/04 06:44
「カラヴァッジョ展」に行ってきた
16年のゴールデンウィークは上野公園周辺の展覧会はコンプリートしないといけないのだろうか、という充実ぶりで何にいつ行くか決めるのは大変なのだけど、ちょうど旧友が一緒に行こうというので出かけてきました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2016/05/02 21:59
アフガニスタンで隠された宝と略奪された宝が日本に集う
「自らの文化が生き続ける限り、その国は生きながらえる」 "A nation stays alive when its culture stays alive."(再開を期してアフガニスタン国立博物館入口に掲げられたメッセージ)を入口に掲げた東京国立博物館の「黄金のアフガニスタン 〜守りぬかれたシルクロードの秘宝〜」と故平山郁夫さんが心を痛めて運動を行っていた略奪遺物(文化財難民というそうだ)の返還前展覧会を上野で同時開催しているので行ってきました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/04/30 22:34
連休中の都内美術展ピックアップ
まぁ、若冲やルノワール、カラバッジョに黒田清輝らのビッグネームの展覧会は放っておいても人が集まるし、私も隙をついて出かけなくてはみたいな部分はあるけど、実際には他にもいろいろあるがどれに行けるかな、というメモ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/04/28 22:40
美術館を舞台にした映画
というとナイトミュージアムみたいなものを思い浮かべますが、あれの舞台は博物館。ちょっと収蔵物の幅が広すぎな気はしますけど。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/03/29 20:58
展覧会「気仙沼と、東日本大震災の記憶」
あの日、停電した会社を定時退社後(苦笑)、延々と都内に向けて移動した私が、午後11時に家に到着した後、TVを点けて最初に見たのは「暗闇の中で燃えている気仙沼」についてのニュースでした。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/03/20 23:43
新宿のコニカミノルタで絶景と門外不出の風景が観られます
新宿の果物屋、高野のビルの4Fではいつも写真展をやっていて、ちょっと寄ったりすると無料で眼福が楽しめるわけですが、今月は普通ではちょっとお目にかかれないものを展示しています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/03/19 22:47
特別展レオナルド・ダ・ヴィンチ−天才の挑戦
未だに「ダ・ヴィンチ展」を江戸東京博物館で開催している理由がよく分からないのですが・・・江戸東京要素皆無だと思うのだけど? ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/03/15 22:43
九段下で、ウフィツィのベストオブベストが楽しめる
明日(2016年3月13日)まで、ということで滑り込んできました、ウフィツィ ヴァーチャル ミュージアム2016展。実物大の精細なレプリカ画の展覧会ですが、レプリカででもないとまず現地以外の場所で見るのは不可能な絵画群です。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/03/12 19:40
ゆかいな若冲・めでたい大観−Happyな日本美術−
日本美術専門の山種美術館らしいお正月展示で、吉祥モチーフの絵と初笑いの絵を揃えているようです。富士の絵で有名な大観が「めでたい」のは想像がつくのですが、精細な動物画のイメージが強い若冲に「ゆかいな」の形容詞がつくのか・・・というのが気になって観に行ってみることに。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/02/04 22:21
始皇帝と大兵馬俑展に行ってきた
もう20年近く前、西安の始皇帝陵博物院の兵馬俑抗を、閉館時間後に一般見学コースよりも低いところにある段(VIP用だって話だった)から間近に見学できる、というのがウリのパッケージツアーがあって、その時に「確かに上の段から見るより多少は近くなったものの、抗の奥行もあるし、一体一体をじっくり見ることはできないのだなぁ」と思って以来の画期的な兵馬俑展示が見られる展覧会、あと1ヵ月ほどになってやって観に行くことが出来ました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/02/03 22:08
ワイン展に行ってきた
上野の国立科学博物館では、以前、チョコレート展をやったので、「食を切り口にした科学の紹介」というジャンルを育てようとしているのでしょうかね。その第二弾?はワイン。育てる土壌や気候、ぶどう品種に、製造方法に基づいて違う飲み物に分岐していくのを解説する展覧会です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/02/02 22:43
今年の気になる展覧会 2016年10-12月期編
毎年恒例の「面白そうな展覧会は何が企画されているのかな?」調査結果報告最終回。私が行けそうな場所でやっている範囲(東京近傍)しか調べていないし、調査範囲が偏っているので、いきなりダークホースが現れるのはいつものことだけど、今回はジャンルではなく、開催時期別にまとめてみました。年末の展覧会は4月以降でないと情報が出そろってこないので、どんな展覧会なのか未だ分からないものも多いですね。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/01/17 22:03
今年の気になる展覧会 2016年7-9月期編
毎年恒例の「面白そうな展覧会は何が企画されているのかな?」調査結果報告その3。私が行けそうな場所でやっている範囲(東京近傍)しか調べていないし、調査範囲が偏っているので、いきなりダークホースが現れるのはいつものことだけど、今回はジャンルではなく、開催時期別にまとめてみました。夏休みに絡むこの季節は比較的広い層にアピールするネタか、実験的なネタが来る傾向があるのだけど・・・ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/01/16 22:01
今年の気になる展覧会 2016年4-6月期編
毎年恒例の「面白そうな展覧会は何が企画されているのかな?」調査結果報告その2。私が行けそうな場所でやっている範囲(東京近傍)しか調べていないし、調査範囲が偏っているので、いきなりダークホースが現れるのはいつものことだけど、今回はジャンルではなく、開催時期別にまとめてみました。今日は春・ゴールデンウィークの予定を立てるための展覧会情報。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2016/01/15 22:02
今年の気になる展覧会 2016年1-3月期編
毎年恒例の「面白そうな展覧会は何が企画されているのかな?」調査結果報告。私が行けそうな場所でやっている範囲(東京近傍)しか調べていないし、調査範囲が偏っているので、いきなりダークホースが現れるのはいつものことだけど、今回はジャンルではなく、開催時期別にまとめてみました。先ずは直近のシーズンから。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/01/14 22:09
春画展が大きな部屋の展示でないのは正解かもしれない
さすがに展覧会そのものが18歳未満禁止というレギュレーションですので記事にも気を使いますが、これはやはり観る価値あり、と言えます。この手の展覧会の次の機会がいつ巡ってくるか分からないというのはさておいても、日本人の意識を知るためには表も裏も知らないと、という意味で。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/10/12 21:12
「生命大躍進」展だけど、テーマは大絶滅?
上野の国立科学博物館での展示は終わったけど、さすがにNHKが手掛けているからなのか、全国巡回はまだまだ続くのですね。夏休みの混雑を避けているうちに行きそびれそうになり、東京での会期末に滑り込んできました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/10/11 21:48
「日の出」が見られるのもあと1週間。上野のモネ展
印象派という言葉の語源になったモネの「日の出」。パリのマルモッタン美術館でも観てきましたが、日本に来てくれたのなら、とりあえずご挨拶しておかねばなりません。10月17日までの展示ということだったので、珍しく会期始まったばかりの展覧会に出かけてきました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2015/10/10 21:35
本体は福島の帰還困難区域で行われている展覧会”Don't Follow the Wind”
Don't Follow the Wind(風を追うな)とは、風下にいかないことで原発事故で飛散した放射性物質を浴びてしまうのを避けた人たちの言葉らしいのですが、その「風下になってしまったがために重度の汚染地域になり強く立ち入りが制限されている地域」で「今」、展覧会が行われているのだそうです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/09/26 22:12
サントリー美術館のおかげで藤田美術館の曜変天目も見られました!
完全な状態の茶碗としては世界に3つしかなく、今となっては製法もよく分かっていない曜変天目茶碗。三菱の岩崎家が持っていて何年かに一度観ることができるものと違い、大坂に行かないとみられない藤田美術館のものと、非公開のためにほぼ観る機会がない大徳寺龍光院のものがあるのだけど、残りの2つはいつか機会が巡ってくるのだろうか・・・と思っていたら、有り難いことにやってきてくれました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/09/25 22:43
彩色写真展「マナ紬ぎ」
一昨日の記事に書いた東京国立近代美術館行きをtwitterにつぶやいたところ、「近くで個展やってるから時間に余裕があったらぜひ!」と呼び出しを受けたので竹橋から京橋に移動して、「白黒写真をベースに彩色を施した絵画」の展示を見てきました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/09/16 21:49
「No Museum, No Life?―これからの美術館事典」
私の週末は、美術館にでも出かけないと本当に何もしていない、といってもさほど間違いではないのでまさに私のための標語のようだが、この「事典」は、「美術館」という組織が行っている活動、展覧会を実施するために心を配っていること、に対して一般の理解を得よう、という内容の展覧会です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/09/14 22:17
今年の夏は、終戦の詔書と玉音放送のオリジナルが初めて両方とも一般公開される!
内閣・国会の動きに合わせるように、戦争を終わらせる決断を示す文物が公開されることが発表されることにはそれなりの政治的な背景もあるのかもしれないが、後世に語り継ぐためにどんどんやっていただきたいものです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/07/27 21:51
「慶應義塾の昭和二十年」展
戦後70年ということで、行われている「あの時何があったのか」の展覧会の一つ。戦時中の慶応ということでは、春先に横浜で「海軍に接収された日吉キャンパス」をテーマにした展覧会をやってたけど、今度は「戦時中の慶応の学生」に絞った感じでしょうか。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/07/21 22:41
「ボンボニエール 掌上の皇室文化」展
未だバブルのころ、銀座のミキモト本店で「ロシア皇帝のイースターエッグ」(とかいうタイトルだったはず)という王家の財力と美の粋を集めた「小物」の一大コレクションを見て、感動すると同時に「不思議なもの作ってるなぁ」と思ったのですが、日本の皇室にも一点ものではない「小物」制作の歴史があります。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/07/16 22:10
最後はいつもの通り美術作品たちを愛でましょう。今夏の気になる展覧会その3
並べてみたら、日本美術だらけになった。そういえば、印象派とかの海外からやってくる展覧会って春か秋にやっているイメージがあるね。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/07/05 21:01
やっぱり戦後70年!今夏の気になる展覧会その2
もう敗戦の日から70年が経とうとしている中、日本は戦前・戦中を本当に総括したのか?という問いがいろんな意味で問われる時期になってきたと思いますが、どちらかというとなかなかスポットが当たらなかった視点での「戦争を問う」展覧会が多い気がします。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/07/03 23:05
ゲームに、住宅建築に・・・美術館?今夏の気になる展覧会その1
6月末とか7月くらいから展覧会シーズン夏の部を彩る展覧会が始まり出すので、何の展覧会があるのかな、と思ってたら、結構変わり種がいっぱいありました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/07/01 22:21
「単位展 - あれくらい それくらい どれくらい?」
「メートル」という単位は、北極点と赤道の距離の1/10,000,000(現在は「1秒の 299 792 458分の1の時間に光が真空中を伝わる行程の長さ」)を基に作られたというが、長さ、重さ、大きさ、濃さ・・・何かを比べるところには単位があります。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/06/01 23:06
ワシントン・ナショナル・ギャラリー展@三菱一号館美術館
丸の内の一角に三菱地所が自らの歴史を誇るがごとく作った建物の中に作った美術館も、もう開館5周年になるらしい。時が経つのは本当に早い。そこでフラグシップとも言える展覧会をやってました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/05/26 22:38
「ここより北へ」石川直樹+奈良美智展
今の日本は、「アイヌはもういない」と発言してしまう地方議員とか「アイヌ人に日本人が土地を分け与えた」と教科書に書いてしまうとか、「日本単一民族神話」の毒が回ったのかなと思わせる出来事がありますが、日本周辺地域には、オホーツクからベーリング海峡周辺を縄張りとしていた北方狩猟民族がいて、近代国家の日本とロシアがその人たちの生活圏を国境の形で分断、今に至った、ということを少し思い起こさせる展覧会です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/05/20 22:25
京橋のブリヂストン美術館もしばらくお別れ
例えば、東京国立博物館の平成館等の新しい建物群とか、赤坂から六本木に移転したサントリー美術館とか、建て替え前も建て替え後も知っている根津美術館とか、先日耐震補強を済ませたばかりの目黒の東京都庭園美術館とか、長い年月のうちには美術館が刷新されて環境がよくなることがあるのですが、ブリヂストン美術館にもその順番が回ってきました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2015/05/19 23:18
根津美術館のカキツバタは今年も花盛り!
庭の名物カキツバタが、4月30日に満開になったそうで、今行くと本当に綺麗です。天気がいいと映えますね。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/05/02 22:19
ゴールデンウィークのお楽しみ個人的セレクション(美術館編)
全部回れるとは自分でも思ってないけど、行きたいなぁ!と思ったものいくつか。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/04/29 22:28
大英博物館展ナイトにお邪魔してきました #大英展100
3月末に弐代目・青い日記帳で募集されていた、大英博物館展のブロガー見学会。申し込んだ直後に入院してしまい、当選の連絡を受けた時には「ぎりぎり退院できるはずだがどうなるか」と青ざめたのですが、無事に参加させていただくことができました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2015/04/28 23:50
2015年 #六本木アートナイト 周遊記録
病み上がりでもしっかり行きたがる段階で、すでにお祭り好きも手遅れ気味ですが、これでアートナイト皆勤賞継続です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/04/27 20:53
「新印象派―光と色のドラマ」に行ってきた
絵を全て色の点のみで仕上げる点描手法といえば、ジュルジュ・スーラの代表作は「グランド・ジャット島の日曜日の午後」(絵をご覧になりたい方はリンク先のWikipediaを参照のこと)、だと思うのですが、そのスーラから始まる「印象派以後」の「絵の描き方の変遷」に焦点を当てた展覧会をやってたので、出かけてきました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/04/24 22:18
「陸に上がった海軍」展に行ってきた
神奈川県の終戦70周年企画、という位置づけになるみたいですが、横浜市の日吉地区が、終戦間近の海軍の本拠地になっていた事実を、多彩な発掘品で見せる展覧会をやっていたので、観に行きました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2015/03/08 21:05
根津美術館「動物礼讃展」に行ってきた
もう終わってしまって少し時間も経ってしまった展覧会ですが、しばらく休んでしまった間のことの記録として、3000年ぶり?に中国の珍しい青銅器が邂逅した展覧会の話を。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/03/06 22:56
明日から最終日までトーハクの国宝展は夜20時まで開館!
3連休最終日の朝の10時半頃に行ったら入場行列100分待ちになってて、少し休んで様子を見てたらたちまち待ち時間は110分に・・・18時までしかやっていないのに、14時半現在でも80分待ち、みたいな状況に大きな朗報が入ってきました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/11/27 22:52
100周年記念で「東京駅のレンガ壁」を東京駅で展示中
東京駅の開業100周年ということで、丸の内北口改札(OAZOに近い方)のところにある東京ステーションギャラリーで珍しい展示をしているということだったので観に行ってみました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/11/26 22:27
「特別展 東山御物の美 −足利将軍家の至宝−」に行ってきた。
上野の国宝展、正倉院宝物のあるうちに行きたかったな、と思いつつまだ行けていないのですが、それに勝るとも劣らないお宝ぞろいと言われている三井記念美術館の方の展覧会が一足早く終わってしまうので、こちらに先に出かけました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/11/21 22:05
都内あちこちでアルマ望遠鏡を紹介中
いつもオーロラ中継とかやっているときにちょっと寄ったりする新宿の写真ギャラリー、コニカミノルタプラザの今月の展示は、アルマ望遠鏡とナミブ砂漠の夜空です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/11/14 23:25
今年の憲政記念館は伊藤博文・板垣退助・大隈重信の展覧会!
昨年は、昭和20年代の議会政治史の展覧会をやっていましたが、今年は日本における議会制勃興期に焦点を当てた展覧会を実施しています。銀座線渋谷駅のホームにもポスターが貼ってあったりして広報も頑張ってます。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/11/12 22:41
やはり宇宙の展示には巨大な展示場が似合う > 宇宙博2014
実際片道1時間ちょっと電車に揺られれば行ける場所ではあるのだけど、展示場以外何もない印象が強すぎてなかなか行く機会のない幕張。NHKが大宣伝している宇宙博に興味がわいたので行ってみることにしました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/08/26 22:25
「日本SF展・SFの国」に行ってきた
今年の夏の展覧会で個人的に一番外せないと思ったのがこちら。戦後日本でSFという謎のジャンルの小説を作り、広めてきた人たちの展覧会。小松左京、星新一、筒井康隆の三羽烏も、既にお二人亡くなってしまって筒井さん一人になってしまったので、今のうちに草創期をきちんとまとめておこうということなのでしょうかね。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/08/24 22:32
特別展「台北 國立故宮博物院−神品至宝−」に行ってきた
オープニングで海外初展示と騒がれた「翠玉白菜」を一目見るための行列が250分にも及んだとか、そもそもタイトルの「國立故宮博物院」の「國立」表記がマスコミ系の広告媒体で削除されていて、台湾側の逆鱗に触れて開会前に騒ぎが勃発したとか、最初の頃の騒ぎが落ち着いて今は見易くなっているようです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/08/21 22:28
「ミッション[宇宙×芸術]−コスモロジーを超えて」に行ってきた
今夏は東京周辺で宇宙関係の展示が多くて、幕張の宇宙博を筆頭にあちこちで宇宙関係の展覧会があるのだけど、これは、宇宙探査がもたらした「現代美術への影響」を概観する展覧会です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/07/31 22:08
「没後90年 鉄斎」展に行ってきた
学芸員曰く「作品が10あったら9は偽物」。それでいて生涯作品数は1万点以上という、「どれだけの『作品』が世の中に出回っているんですか!」という近代絵画の巨人、富岡鉄斎の没後90年記念回顧展をやっているというので、出光美術館に観に行ってきました。 ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/07/29 22:41
三島で「新海誠」展
新幹線で三島の駅を降りてすぐのところにZ会があり、その会社の中に新聞連載「折々の歌」で有名な大岡信さん(三島が地元)を記念した博物館があるのだが、そこで、アニメーション映像作家の新海誠さんの展覧会をやっているというので、熱海に行ったときにちょっと足を延ばしてきました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/07/17 22:49
トーハクの故宮展、名品「翠玉白菜」展示中は毎日20時まで開館!
そろそろ駅のポスターに「ひすいで出来た白菜」が目に出来つつありますが、間もなく台湾の故宮から名品を持ってきた特別展「台北 國立故宮博物院−神品至宝−」が24日から始まります。でもって、オープニングを飾る目玉展示はかの地随一の国宝「白菜」です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 2

2014/06/10 22:55
「のぞいてびっくり江戸絵画−科学の眼、視覚のふしぎ−」に行ってきました
たまたまミッドタウンに行って、会期の初日に通りかかって今日からかぁ、と思って中に入ったのに、もう会期末。まとめるのが遅くても一応書いておきましょう。江戸時代に日本に到来した顕微鏡や望遠鏡が、その頃の絵画にどんな影響を与えたのか、という展覧会です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/05/10 10:04
六本木アートナイト2014はこんな感じ
せっかく春の陽気で暖かくなるのを狙って4月半ばに日程をずらしたのだろうけど、結局、あの晩も寒かった・・・雨も降ってしまうと街を回遊するのは少し厳しくなりますね。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/04/21 23:32
明日は #六本木アートナイト !
去年までは3月末にやっていたので、「オールナイトするには、夜がちょっと寒いよなぁ」というイベントだったのですが、今年は4月の中旬に移動。少しは夜も暖かくなるかな? ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/04/18 22:07
5月6日まで、都内で3つの風神雷神図が見られる状態に!
尾形光琳の風神雷神図は、毎年お正月の頃にトーハクで公開してくれるから、観られるどころか記念写真すら撮れてしまうけど、3つ並ぶのは難しいとして、そう離れていない場所で3つとも公開されているというのはかなりのチャンスです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/04/10 23:02
六本木ヒルズで、震災後3年に対するGoogleの取組を展示中
震災直後に急きょ立ち上がった被災者の安否確認システム「パーソンファインダー」とか、今も被災地の状態を記録しているGoogleのストリートビューなどの取り組みを紹介するパネル展示とトークショーを3月11日まで六本木ヒルズでやるみたいです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/03/06 23:25
夏のヴァロットン展の先触れ? > 三菱一号館の名品展
観に行ったのは会期半ばころだったのに、ここに書くのは会期末。遅くなってすみません。三菱一号館美術館はロケーションがら金曜の夜間開館とかも混むので、休暇を取って様々な用事をこなしていた日に行ってきました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/01/04 22:26
「カイユボット展ー都市の印象派」を観に行ってきた
今年は定期的に八重洲口側に来る用事があるので、ブリヂストン美術館の前はよく通るのですが、残念ながら夜のために、展覧会はいつもお預け。今回、印象派の中でも採り上げられることの少ない「カイユボット」の展覧会ということで、出かけてきました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/11/29 21:49
「戦後日本の再出発特別展」に行ってきました
こういう国立の設備は土日休みかと思っていたので、土曜日に出かけられて良かったです。会期もあと2日、機会があればぜひどうぞ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/11/27 23:03
「印象派を超えて−点描の画家たち」を観に行った
この分野を切り開いたと言えるスーラが夭折で作品数が少ないし、跡を継いだシニャックでは知名度が微妙だし、点描派だけで展覧会ってどうなるんだろう、という興味で出かけてきました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/11/25 22:40
憲政記念館で「戦後日本の再出発」の歩みの展覧会実施中(11/29まで)
衆議院の憲政記念館で、今月は憲法制定、講和調印から第一回普通選挙などを物語る文物の特別展示を行っているそうです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2013/11/20 23:06
サントリーらしい切り口 > Drinking glass展
明日で終わりのサントリー美術館の「Drinking Glass―酒器のある情景」に滑り込んできました。ガラスの器と言っても、その種類は多様すぎて、とても同じ用途の同じ素材で出来たものとは思えません。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/11/09 22:51
ミッドタウンのとらやで猫の展覧会中
「甘いねこ」展って名前が怖い。和菓子屋なので、猫も食べる対象です(笑) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/11/03 23:30
六本木ヒルズで伊勢の遷宮の写真展開催中
伊勢神宮の遷宮に関する写真展を、3連休の終わり(11/4)まで六本木ヒルズでやっています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2013/10/31 23:03
ル・コルビュジエと20世紀美術
ル・コルビュジエさんの絵画作品と、その同時代絵画群を、ル・コルビュジエさん本人が設計した美術館の中で見る、という企画は、「ル・コルビュジエの建築と都市計画の世界遺産推薦」活動の一環で企画されたのでしょうかね?ミケランジェロ展のチケットで入れる常設展示エリアで行われていたので一緒に見てきました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/10/17 22:45
少年時の作品から遺作まで揃ったミケランジェロ展
上野のルネサンス祭り、ラファエロ、ダ・ヴィンチと展覧会を見た以上、最後もきっちり押さえておきたいところです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/10/16 22:01
巡回展にしてネバーエンディングストーリーに > 終わりから始まるものがたり展
「終わる」から「始まる」とはよく言ったもので、「終わり」を認識するから「そこに向かって歩める」のも確かで、あなたの「終わり」はなんですか?という展覧会。まだまだ続いております。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/10/07 22:52
小惑星イトカワのカンラン石を顕微鏡で見られる!
深海展は大混雑でしたけど、さすがに常設展エリアはそれほどではありません。勿体無いけど、なぜか「いつでも見られるものはいつまでも観に行かない」んですよね。上野の国立科学博物館の地球館2Fで、イトカワの微粒子が常設展示中です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/10/06 07:21
特別展示の「夏秋草図屏風」もさらに楽しめたアプリ「トーハクナビ」
東京国立博物館の、今年の秋の特別展示(9/29で終了)は、光琳の風神雷神図屏風の裏に描かれた酒井抱一の夏秋草図屏風(現在は分離)で、写真撮影ができちゃうくらい自由な状況での展示で楽しめるのですが、これをさらに後押しするアプリも出ました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/10/03 22:46
やはりダイオウイカは強かった > 深海展
NHKスペシャルで大人気になった?ダイオウイカ。暑い夏場は涼しそうな「海」ネタがよかったのでしょうか。もう涼しくなってきましたけど、会期末の深海展は相変わらず混雑しています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/10/01 22:50
本物の本の迫力!>「世界を変えた書物」展
名古屋市科学博物館で行われている金沢工業大学の稀覯本展示会まで、往復の新幹線代を負担して遠征を決行したのだから私も病膏肓かもしれませんが、やはり本物の迫力は実際に見ることでしか得られないですからね。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/09/22 23:21
「PAPER ‐紙と私の新しいかたち‐展」に行ってきた
目黒区美術館で9月8日まで行われていた「紙」工芸の展覧会。会期末に滑り込んできました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/09/10 22:37
「プーシキン美術館展」に行ってきた
入場行列出来てるみたいだし、会期末までに行くチャンス取れないかな、と思っていたのですが、ある日、会社の仕事が早く片付いたので、その足で出かけてきました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/09/09 22:31
将来を考えるために再び始まる「終わりから始まるものがたり」
日本科学未来館で昨年行われていた「世界の終わりのものがたり」。展示の終わりにおいても、「終わりなど無い、終わったと思うところから新しく始まるものがある」と輪廻をイメージさせる結論が出ていましたけど、展示会自体がネバーエンディングストーリーであるようです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/08/13 22:07
湘南の風景のイラストに詩をつけた夫婦の展覧会開催中
このイラストを描かれているせいけけんさんとは6年前くらいにお会いしたご縁で案内をいただいたので、ちょっと出かけてきました。旦那さんが絵を描き、奥様が詩をつけた合作作品の展示即売会というわけです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2013/08/11 20:23
アンドレアス・グルスキー展に行ってきた
ポスターに使われている、一面がガラス球体で埋め尽くされたカミオカンデの写真のインパクトにつられてふらふらと〜という感じで出かけてきました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/08/07 22:41
お盆前までは江戸時代の風景画多数展示中(@三菱一号館美術館)
美人画三昧の第一期から一転、江戸時代の旅行文化を背景にすると思われる風景画浮世絵が大特集されている第二期が始まったので、出かけてきました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2013/07/29 21:45
岡本太郎記念館で"LEVEL7 feat.明日の神話"再び
渋谷駅に飾られている大壁画「明日の神話」に、東京電力福島第一原発の事故をモチーフにした「落書き」が付け足された事件。原発事故自体が風化しているような気がするけど、それを元に、オリジナルの岡本太郎記念館側が、場所を提供して、岡本太郎とChim↑Pomの組み合わせをやってみることになったというので根津美から足を延ばして行ってきました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/07/15 22:32
三菱一号館美術館で浮世絵三昧
"Floating World"(浮世)と言われると、「たゆたう」という単語が頭に浮かぶのですが、そこまでこの世はふわふわしているのかどうかはその時々で考えが変わるのでよく分かりません。少なくとも流行の移ろいはそんなものかもしれませんが。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2013/07/14 21:25
川合玉堂展のブロガー内覧会にお邪魔しました #玉堂展
前回の川合玉堂展レポの続き。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/07/04 21:29
山種美術館が保有する川合玉堂コレクションの全部が展示されている! #玉堂展
個人的に昭和を代表する日本画の大家といえば、大観・玉堂になる気がします(たくさんいらっしゃるので異論は認める)。その玉堂の個人展が行われるというので観に行きました。関東では30年以上ぶりになるのだとか。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 0

2013/07/02 22:46
根津美術館で見る浮世絵展
現在、都内で浮世絵を見ると言えば、3週間ずつくらい三期に分かれて展示するので網羅できるか自信がない三菱一号館美術館のものでしょうが、私の記憶にない「根津美術館で浮世絵展」というのも行われています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/06/27 22:47
実は今でも未だ体験できる「世界の終わりのものがたり」
おかね道も無事に体験できたところで、去年のネタの後日談もこちらで紹介しておこうかと。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

2013/06/20 22:20
今回は「アトランティコ手稿」 > レオナルド・ダ・ヴィンチ展
こちらも展覧会は今月末まで。平均的な展覧会の会期は1ヵ月から2ヵ月の間(今回は1ヵ月半)で設定されるので、その間に行けるチャンス(つまり土日の数)は10〜20回程度。滑り込み気味になるのは仕方ないのでしょうかね。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/06/17 22:28
「お金」とは、あなたを映し出す鏡である >波瀾万丈!おかね道
日本科学未来館の展覧会が、昨年あたりから、「今後の社会のあり方(もしくは「あなた」の行動)」を考えさせる方向の展覧会を連発してきているように思えるのですが、これもその流れの中にあるようです。3か月もやってるし、とか思っているうちに24日の会期末が迫ってきたので滑り込んで来ました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/06/15 22:07
巨大なタペストリーをどう飾ったのだろう > 貴婦人と一角獣展
中世ヨーロッパ美術と言われると、ルネサンス芸術の方に目が行ってしまうので、それ以外の地域の美術には疎いし、タペストリーなどの布ものはかなり不勉強なので、どうしようかなと思ったのですが、巨大なタペストリーを観る機会もなかなか無いかなと思ったので、出かけてみることにしました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/06/06 21:50
社会問題解決のヒントが提示された「未来を変えるデザイン」展
こっちは入場自由の展覧会なのだけど、東京ミッドタウンの中でも非常に分かりにくい場所にあって、これ目当てにわざわざやってくる人以外の見学者はいない印象。会期も残り1週間。せっかくの展示なので多くの人がいらっしゃるといいのですが。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/06/04 22:14
子供向けかと思えばさにあらず > デザインあ展
いつ見ても入場行列が出来ているので敬遠していたのだけれど、並んでみたら、実はそんなに待つものでもなかったのでほっとしたイベント。会期末ぎりぎりに飛び込んできました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/06/03 22:14
確かに「もののあはれ」と言えば花鳥風月@サントリー美術館
相変わらず、休日のデザインあ展は入場行列が出来ていて、このままでは6/2の会期末までに観に行きそびれそうですが、同じミッドタウン内でも、こちらはゆったりした感じの展覧会になっております。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/05/17 22:17
100年前の日本、欧米が見られる写真
連休前に、仕事でセミナーを聴きに行ったときに、久しぶりに覗いていくかと寄った東京都写真美術館。明治期の日本で撮影された写真の展覧会をやっていたので見てきました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/05/14 22:12
久しぶりの印象派展覧会@クラークコレクション
丸の内を歩いていると、「クラコレ」の略称とともに、ルノワールの血色のよさそうな美人のポスターをたくさん見かけるので、最近印象派見ていないなぁ・・・と思って出かけてきました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/05/12 21:01
今年も連休は、かきつばた@根津美術館の季節
1月の大雪の最中に観に行って以来の根津美術館。1月も国宝を出していましたけど、春の展示も国宝展です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/05/09 22:10
確かに「神社のお宝」って何?かもしれない「国宝 大神社展」
というわけで、混雑の中で観ることを覚悟していた「国宝 大神社展」を運良くゆったりと観ることができました。幸運に感謝です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/04/28 21:59
日本の神様に捧げられたものが集う「国宝 大神社展」
今年の初めに立てた計画で「気になる展覧会」として挙げていた東京国立博物館の「大神社展」。ゴールデンウィーク前に行く機会が出来たので行って参りました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 6

2013/04/27 21:38
ワタリウム美術館のJR展に行ってきた
JRと言っても、元国鉄に関する展覧会ではなくて、フランスの写真家?のこと。ポートレート写真を撮っているので写真家と言ってみたけど、「その写真をどのように見せるか」に主張があるので、やはりアーティストというのが正しいのでしょうかね。その世界初の展覧会がワタリウムで行われているというので行ってきました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/04/09 22:31
第4回六本木アートナイト!
なんか去年までと違う雰囲気だった気がするのが、「夜桜見物の花見客とアート見物客と両方いた」せいなのか、「来訪者が増えていわゆるキャズム超えみたいなことが起きた」のか、「本当に内容が変わってきたのか」よく分からないのですが、とりあえず、今回も悪天候にはならず、冷え込みもそれほど厳しくない夜を過ごすことができました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/03/31 21:49
漆黒に浮かびあがる「大公の聖母」(ラファエロ展)
エル・グレコとラファエロのハシゴ、というのは展示点数的には個人的にけっこうギリギリのようです。同じ日にあまりたくさんの作品を見ると印象が薄まってしまってやはり勿体無いですね。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2013/03/30 21:55
蛇のように延びる?エル・グレコの聖人たち
エル・グレコと言えば宗教画。それも大きな縦長の絵の中に、細長く伸びた人物が配されている印象が強いです。等身が多いというか、上下に引き伸ばされている印象で、真正面から見ているとちょっと不思議な感覚になるのですが、そもそも「真正面に立って近くから見ている」という鑑賞スタイルに問題がある、というのが分かりました。4月7日までなので、滑り込みで鑑賞といったところ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/03/28 22:33
映像デザインの番組が展覧会に!「テクネ 映像の教室」展
会期が3月中のみで、11時から19時までしかやっていないから、休みの日にミッドタウンに行かないとみられないな、と思っていたら、六本木アートナイトの夜だけ、開館時間の延長をしていたので、そのチャンスに見てくることができました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/03/27 21:55
今週末は、六本木アートナイト!
2011年に余震と電力不足との関係で中止になった以外は、毎年3月末に行うアートイベントとして定着した六本木アートナイト、今年もやります。去年くらいからは、主な駅と六本木を結ぶシャトルバスとかが整備されて便利になった分、人も少し増えた気が。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2013/03/17 20:03
展覧会情報の収集に便利なサイト
私も一ジャンルを形成する くらいは美術展に日頃出かけているのですが、行く美術館がかなり固定されています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/03/10 22:22
廟所を守る曜変天目
この国宝が出てきたのは5年ぶり。この不思議な文様のお茶碗は見ていて飽きないので、再び出かけてきました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/03/07 22:22
「ビジネスパーソンもおさえておくべき日本美術」を聴いてきた
基本、六本木ヒルズで行われている「会田誠展」の関連イベントなので、「日本美術史概論」ではなく、「現代アートの中に見出せる日本美術のモチーフの観方」、「国宝指定されているような日本美術の傑作はどこで見られるか」といったお話で、比較的馴染みの薄い日本美術へのとっかかりを提供する、という感じのセミナーでした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/02/18 22:24
「チョコレート展」もバレンタイン仕様
かなり長い会期だったにもかかわらず、結局、会期末飛び込みになってしまった。24日までだから、あと10日ですね。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/02/14 22:40
六本木ヒルズから宇宙の果てへの時間旅行
六本木ヒルズの展望台フロアでのプラネタリウムアトラクションも今回が3回目。今までは、宇宙の果てまでの「宇宙の広がり」に加えて、遠い遠い未来の宇宙を描写する部分を加えてきました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/02/13 22:26
「書聖 王義之」展に行ってきた
週末に上野でチョコレート展に行こうと思ったのですが、混雑しているようだったので断念して、その先にあるトーハクに潜り込んで王義之の展覧会を見に行ってきました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2013/02/09 22:48
日本科学未来館の新しいフリーペーパーは、ダウンロードでも見られるように!
というわけで、行かないと読めなかったものが、インターネットでも読めるようになるとは本当に有り難いことです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/01/28 22:17
今年もデザイナーによる東北支援ハンカチ展を実施
一昨年の暮れから東日本大震災で被災した子供たちのために、デザイナーが各々デザインしたハンカチをプレゼントするチャリティ企画があったのですが、第二弾ということで、今度は子供たちがデザインしたハンカチを販売して収益を還元する企画を始めたようです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/01/24 22:17
今年開催予定の「気になる展覧会」(日本美術編)
若干美術カテゴリとするには無理のあるものもあるけど、「日本」関係ということで。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/01/15 21:47
雪の根津美術館
まさか、国宝の「那智の滝」を観に行こうと思ったらこんな雪の日になるとは・・・ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/01/14 21:45
今年開催予定の「気になる展覧会」(西洋美術編)
昨日に引き続き、今年行われる展覧会で、私が気になっているもののリスト紹介。ヨーロッパ美術関連です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/01/13 22:49
今年開催予定の「気になる展覧会」(ノンジャンル)
昨年観に行こうと思って果たせなかった2つを、年初めに見たところで、次に考えるのは「今年はどんな展覧会があるのかな」。昨年に引き続き、スケジュールを調べてみました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/01/12 21:17
「十三代・十四代今泉今右衛門―色鍋島の粋」に行ってきた
いただいた今右衛門のお店からの招待券、昨年中に使いそびれていたので、会期末ぎりぎりに駈け込んできました。今右衛門の作品展をホテルオークラの近くの智美術館で、というのは以前にも同様の企画があったので、何か両者で関係があるのですかね。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/01/10 22:28
「メトロポリタン美術館展 大地、海、空−4000年の美への旅」に行ってきた。
最終日前日の滑り込みになるとは想定していなかったのだけど、やっと観に行くことができました。最後の3日間、先着300人にカレンダー(売店で1,500円のもの)配布というのもあって、混雑を覚悟・・・朝の9時20分頃(9時半開館)に来たら行列があって、どうも私は350番目くらいだったようです。もっとも、親子4人で4つのカレンダーとか貰ってどうするんだろう、ということも思ったのだけど、これは余計なお世話。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/01/09 22:17
縄文土偶の国宝4点そろい踏みを観てきた
旅行のついでに美術館でなく、美術館に行くために遠出、というと、倉敷まで出かけたのが国内で最遠になりますが、距離的には劣るものの移動時間では遜色ない場所まで今回出かけてきました。目的は、縄文時代の土偶群です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/12/11 22:19
坂口恭平の新政府とは何か@ワタリウム美術館
ワタリウムの新しい展示が「新政府展」などという名前だったので、先日の本の内容と関係あるのかなぁ、という感じで観に行ってきました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/11/29 22:06
レゴで作った世界遺産@渋谷パルコ
もう3回目の開催だった、ということを知りませんでした。抜かった・・・12/3までと残り期間が短かったので、さくっと出かけてきました。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/11/26 21:55
「出雲―聖地の至宝―」に行ってきた
出雲に旅行に行ったのはちょうど2年前。今度は出雲の出土品たちが東京までやってきたので、観に出かけてきました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2012/11/10 23:18
「歴史の天使」展に行ってきた
昨日に引き続き現代アート。ワタリウム美術館の写真展が間もなく会期末なので滑り込みです。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/11/06 22:20
外交官たちが撮影した日本の写真展@六本木ヒルズ
というイベントをやっているというので、会社の帰りに寄ってみた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/10/11 22:37
久しぶりにBGMがかかっている展覧会でした>ドビュッシー展
間違っても、「ドビュッシーって絵も描いてたの?」と勘違いしてはいけない。この展覧会は「画家の展覧会」ではない。「音楽家の展覧会」です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/09/25 23:23
絵画テーマパーク「フェルメール・センター銀座」
上野に来ていた2作品もそれぞれの「次の地」に旅立ったので、本物は東京から居なくなったわけですが、銀座にフェルメール作と伝えられる全作品(の複製)を並べた場所があります。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/09/19 22:25
ファイナルファンタジーも四半世紀
最近はドラクエ展とか、ワンピース展とか、マンガ展とか、手塚治虫展とかベルばらの展覧会もあったような・・・何か流行っているのかね?企画的に子どもから大人まで集めやすいってことなのかなぁ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/09/17 21:30
ワタリウムのショップでテラダモケイ展示中
見れば見るほど、自分で作ることが出来なさそうな気分になっていくテラダモケイの1/100模型セット。ワタリウム美術館のショップ、オンサンデーズで、南青山三丁目交差点から千寿院の辺りまでの通りのミニチュアを展示しているというので、観に行ってみました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/09/16 22:52
上野のもう一つのフェルメール、ベルリン国立美術館展
「真珠の耳飾り」と「真珠の首飾り」が近所で同時に展示されているというのは何の嫌がらせかと・・・両方の展覧会がともに宣伝にフェルメールを前面に出してくるから、どちらがどちらだか分からなくなりそうですが、こちらは、15世紀から18世紀まで(中世から印象派手前まで)の「美術」展です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2012/09/14 23:11
「元素のふしぎ」展に行ってきた
今日から、「発見!体験!先端研究@上野の山」という、種の進化から、コンピュータとロボットに至る先端研究のミニ展示会もあるらしいので、科学博物館の展覧会を紹介。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/09/08 21:34
世界一の萌え絵?「真珠の耳飾りの少女」
私が子どものころは「青いターバンの少女」という名前だったよな、と思っていたら、その記憶は間違っていなかったようで。今の名前は、映画の影響が大きいという噂も。展覧会の宣伝で大量にこの名称で展開されているので、以前の名前のことを忘れてしまいそうです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/08/28 21:51
マウリッツハイス美術館展の夜間拝観
あれだけ、フェルメールの「真珠の耳飾りの少女」を前面に押してこられては、空いているなんて有り得ないよなぁと思っていたら(実際には金曜日の夕方なら比較的空いているようだが)、「閉館後の19:30〜21:30」に「限定500人」で展覧会を見られるチケットがある、というので、それを入手して観に行ってきました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 2

2012/08/27 22:22
飯倉の外交史料館で「サンフランシスコ講和への道」を実施中
10月31日までの予定で開催中ですけど、土日休日は閉館なので、平日勤めている人にはかなりハードルが高い展覧会です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2012/08/25 22:10
真夏に涼しげな藤の花と茶器@根津美術館
会期が26日までなので、最終週に入っていますが、根津美術館の8月の展示はコレクション展で屏風を集めて出してきています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/08/20 23:18
サントリー美術館の「おもしろ美術ブログ講座」に参加してきた
昨日紹介した 「おもしろびじゅつワンダーランド」のイベントでブログの書き方講座を運よく聴きに行くことができました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/08/14 23:05
カメラと友達があるともっと楽しい!おもしろびじゅつワンダーランド@サントリー美術館
先日の日本美術デザイン大辞展もそういう傾向があると思っているのだけど、夏休みということで、いつもの美術ファンでない層へのアプローチを狙った展覧会が開かれていて、多分、これが一番敷居を低くしたものではないかな。アトラクション感覚で楽しめるものをやっています。 ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 0

2012/08/13 23:13
新しい根津美術館の年間パスポート
珍しく根津美術館から郵便が来たので何かと思ったら、新しい根津倶楽部のご案内だった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/08/05 23:21
「北斎展」後半展示だけ観てくることができました
ハワイへ行ってもホノルルで美術館に行こうとしたことは無かったのですが、まさかそこに東洋美術コレクションがあったとはね・・・北斎作品の里帰り展示が行われていたのに、滑り込みで行ってきました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/06/27 23:26
「レオナルド・ダ・ヴィンチ美の理想」展最終日は混雑してました
最終日とその前日は業者をお願いして運搬作業をしていたので、もう見に行くのは諦めざるを得ないかと思っていましたが、何とか早めに片付いたので、最終日、日曜の昼過ぎから見に行くことにしました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/06/20 22:13
「ひっくりかえる展」に行ってきた
このブログの「展覧会」カテゴリで現代アートを取り上げることは少ないのですが、見ないわけではありません。大抵の場合、もやもやして感想が書けない、ということでスルーされています。でも、「いつもならやらないこと」にチャレンジしないと、この展覧会に行ったことにならない気がします。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/06/07 21:33
終わりのトークテーブル「どのリスクを選ぶのか/どの未来を目指すのか」
日本科学未来館の「世界の終わりのものがたり」の関連イベントとして、あの地球儀の下の大吹き抜けの下にテーブルをコの字に並べて行うトークテーブル。テーマがリスク選択に関するものなので、聞きに行ってきました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2012/05/30 22:32
本当は終わらない「世界の終わりのものがたり」
年始に展覧会を調べていたときに、「これは!」と思っていた企画展。あなたが何らかの迷いを持っているのなら行くべきかもしれません。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 0

2012/05/29 22:19
大エルミータージュ美術館展で美術史のお勉強
西洋美術史の教科書みたいな展示会、ってあるようでなかなか無い構成で、それがかえってこの美術館のコレクションの厚みを示している、ということです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/05/25 21:45
フランスで、ピカソ最大の作品を展示
舞台用の緞帳なら、もっと大きい「ル・コルビジュ作の映画館用の緞帳」を見たことがあるぞ、という対抗はできるけど、ピカソ作というのが強いな(何がだ)。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/05/24 22:30
「ボストン美術館 日本美術の至宝」展は気力体力を整えてから!
東京国立博物館の140周年記念と銘打たれた特別展は、日本国外では最大の日本美術コレクションと言われるボストン美術館の日本美術コレクションの里帰り記念展です。正直、分量をなめていました・・・ ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/05/15 23:42
セザンヌ展 この絵はパリとプロヴァンスのどちらで?
副題が「パリとプロヴァンス」とあるのはどういうことなんだろう、と思ったら、描いていた場所のことだったようです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/05/14 21:45
スティーブ・ジョブズ回顧展
ワシントンのスミソニアン博物館で明日から始まるらしいです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/05/10 22:14
根津美術館で、100年ぶりのかきつばたの共演中
尾形光琳の傑作、国宝の「燕子花図」といえば、根津美術館の至宝で、本物の花が咲くシーズンでもあるこの時期に公開されるのですが、今年は、海を渡って「兄弟絵」がやってきているそうです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/04/27 22:45
田町の慶應大学でグーテンベルク聖書を一般公開中
世界史を学ぶと一度は目にするのが、15世紀に現れた「活版印刷技術」。その発明者グーテンベルクが、作り出した聖書が、世界初の活版印刷物である、ということになっています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/04/25 21:52
Google Mapで24時間美術館散歩
以前紹介したときには十数館で1万点くらいだったのに、いつの間にか館数で10倍、展示数でも3倍を超えるコレクションに急拡大したようです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/04/12 22:32
新しい「六本木アートナイト」 #artnight
1,2と続いたら3ではなく「新しい」です、というのはiPadネタですが、昨年、震災の影響で中止になって以来1年。再び、六本木の一夜限りの現代アートイベント「六本木アートナイト」が帰ってきました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/03/28 23:09
「法隆寺展」に行ってきました。
高島屋で「聖徳太子1390年御遠忌記念」という、切りがいいのか何なのかわからない記念の展覧会があったので、紹介動画を見て、覗きに行ってきました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/03/27 22:59
「フェルメールからのラブレター展」に行ってきた
地震というか原発事故の関連で開催が危ぶまれる局面もあったと記憶していますが、無事に開催され、自分が元気に見に行くことができて、本当によかった。世界に30点余しか現存していないとされるフェルメール作品が3点も揃っている贅沢な展覧会です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/03/08 22:43
ウメサオタダオ展に行ってきた
梅棹忠夫さんといえば、かの有名な「知的生産の技術」の著者にして、比較文明論などに関する研究で有名な民族学者。その方の展覧会が何で日本科学未来館で?と思いつつ、会期末ぎりぎり(いつもこればっか)で滑り込んできました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2012/02/18 15:59
東京でブータンシボリアゲハ無料公開中
生きているのが確認されたのが78年ぶりというブータンシボリアゲハ。日本の調査隊が発見したこともあり、ブータン国王の来日時に親善のしるしとして、貴重な標本を日本に送ってくれたのですが、それの初の一般公開が行われているそうです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/02/17 23:58
無事に清明上河図を見に行くことができました
わずか3週間(1/2-1/24)の特別展示。中国に居ても滅多に見られない神品の展示ということで初日から混雑していたという情報の「清明上河図」を無事に見に行くことができました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/01/22 22:36
今年開催予定の「気になる展覧会」東洋美術編
昨日更新できなかったけど、引き続き気になる展覧会のリスト。最終回は日本美術、東洋美術の展覧会。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/01/16 22:33
今年開催予定の「気になる展覧会」西洋美術編
昨日に引き続き、昨年の震災で繰り延べになっていた展覧会や、門外不出で二度と来日しないのではと言われるお宝美術品の展覧会とか、珍しい企画の展覧会とか、様々に予定されているようです。こんなのあるんだ、と調べてみたものをリストにしてみました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/01/14 21:28
今年開催予定の「気になる展覧会」博物館編
送られてきたメルマガや、日経大人のOFFで展覧会情報をチェックしていたら、気になるものがいくつもあったので、どれに行こうかな、と思いつつ、期間とかを押さえておかないと行きそびれるからな、ということでリストを作成してみました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/01/13 22:24
広重・東海道五拾三次展に行ってきた
浮世絵の展覧会といえば、先ずもって展示されることが期待されるものは、東海道五十三次、富嶽三十六景、もしくは写楽の役者絵あたりではないかと思いますが(個人的には春信の美人画あたりも欲しいが)、その五十三次にフォーカスした展覧会。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/01/11 23:15
根津美術館で椿三昧
初展覧会は東博の故宮にしようかと思っていたのですが、かなりの混雑らしいので、きちんと準備してから行くことにして、手近なところに出かけてきました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/01/08 23:19
年明けから東京国立博物館は派手に行くらしい
国立博物館の展示なんてものは、メールマガジンでも読んでいないと、何が置いてあるのか分からないけど、いよいよお正月の展示がどうなるかの告知が入ってくるようになりました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/12/14 22:55
東北復興支援のハンカチチャリティ
ミッドタウンでグラフィックデザイナーの力を結集したハンカチのデザイン展をやっていたので、見に行ってきました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2011/12/10 21:26
「ドラゴンクエスト展」に行ってきました
森美術館は夜遅くまでやっているので、先日の美術展はしごの時に最後に行こうと思ったら、休みの日だったために入場前に行列が。親子連れとかが来る時間帯はダメだ、と悟ったので、今度は平日の夕方から夜を狙って再訪することにしました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2011/11/30 23:20
最後は「メタボリズムの未来都市展」
青山から六本木を回った美術展マラソンの最後は森美術館の建築展。デザインとか建築の関係者と思われる人たちでいっぱいでしたが、展望台エリアでもう一つやっている「ドラクエ展」は日曜ということでかなり混雑していたので、相対的に空いている印象でした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/11/12 12:28
サントリー美術館に南蛮屏風を見に行くの巻
国立新美術館の正面から真っ直ぐ歩くと東京ミッドタウン。その中のサントリー美術館は、和の暮らしをテーマにしたコレクションと展示を行う展覧会ですが、3番目の目的地はこちら。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/11/10 23:10
次は19から20世紀のアメリカ絵画に関する展覧会へ
根津美術館から表参道に出て千代田線で一駅移動すると国立新美術館に着きます。日展を横目に、アメリカ現代美術の展覧会を2番目に訪れました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/11/09 23:20
春日大社を描く展覧会
根津美術館の展覧会は基本1ヵ月で変わっていってしまうので、土日に寝込んだり、出かける用事が立て込むとすぐに行きそびれてしまいます。今回も最終日に滑り込みになりました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/11/08 22:42
山種美術館に「歌舞伎座の名画」を見に行った
今年気になる展覧会の一つでもあった、「歌舞伎座が建替え中だから出来る展覧会」に行ってきました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2011/11/03 21:37
「華麗なる<京蒔絵>−三井家と象彦漆器−」展を見に行った
象彦の漆器というのは、確か、お正月用の塗り物碗か何かを持っていたと思いますが、当然、蒔絵のような高級品は見たことがありません。戦前の皇族、華族、大財閥家などが贅沢なものを発注していた時代の作品が展示される初めての展覧会、ということで足を運んでみることにしました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/10/31 22:32
朝香宮邸の夜間開館イベントに行ってきました。
現在の東京都庭園美術館は、関東大震災後に建てられた歴史的建造物として、今後起こりうる震災にも耐え後世に残すこと、美術館として使いやすくすることなどを目指して閉館して改築工事をする、ということなので、これが「住居としての朝香宮邸」を見る最後の機会なのかもしれません。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/10/29 23:30
「あこがれのヴェネチアングラス」展に行ってきた
夏休みの頃に始まって、未だ大丈夫だなということで後回しにしていたら、会期末ぎりぎりに飛び込む羽目に。早めに行かないと見逃す確率が高くて本当に危険です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/10/18 22:36
出雲の夕日を明治神宮で展示中
明治神宮で行われている写真展の一般公募の部に写真を応募したら、プリントされて展示されるという名誉に。25日まで展示して、その後は全ての作品とともに明治神宮に奉納されるそうです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/09/19 22:45
夕方の庭園美術館でガラス展
庭園美術館改修前の実質最後の展覧会は、洋館美術館にお似合いとも言えるガラスの展覧会。地震などのリスクが高まった日本に美術品を貸し出すのは・・・という流れの中で「ガラス」を借りてくるとはなかなか大変だったのではないかと思いますが、本当にありがたいことです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/09/07 22:58
ワシントン・ナショナル・ギャラリー展に行ってきた
ワシントンに旅行すると長い時間を過ごすことになる中心部の博物館・美術館エリア。その時に見て以来だから7年ぶりくらいか。印象派部分のコレクションが震災後の日本に運ばれてきたので見に行ってきました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 4

2011/08/29 23:01
「空海と密教美術展」に行ってきた
高野山の開山1200年とかいうのが数年後にあるようで、多分、こうした行事もそれに向けた宗派としての動きなのだろうな、とは思いますが、貴重な文物を見せていただけるのは有り難いことです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2011/08/26 22:38
「コレクション展 古筆切 ーともに楽しむためにー」
字を観る素養は持っていないのでどうしようかと思いましたが、「ともに楽しむために」の意味を知りたいがために根津美術館まで行ってきました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/08/23 23:03
明治神宮に清正井と写真展を訪ねてみた
今日から始まる 高砂淳二さんの海の写真が見たかったこともあり、久しぶりに明治神宮に参拝に行くことにし、ついでにパワースポットとして評判だったらしい清正井を訪ねてみることにしました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/08/17 22:33
サントリー美術館「不滅のシンボル鳳凰と獅子」に行ってきた
開館50周年の記念展「美を結ぶ。美をひらく。」の第二期。実はこの展覧会シリーズ、一度入場料を支払って入ると、次期以降に有効な「招待券」をいただけるので、実質入場料を半額にしてやっているようなものですね。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/06/28 22:03
「伊万里・柿右衛門・鍋島 肥前磁器の華」を見に行った
根津美術館で肥前磁器をたくさん展示していて面白いよ、という話をtwitterで聞いて興味があったのですが、Webサイトを見たら展示に関する講演会をやるということだったので、申し込んで出かけてきました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/06/24 22:59
岡本太郎「顔は宇宙だ。」展に行ってきた
さすが岡本太郎生誕100年。次々と展覧会を開催しているようです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/06/06 22:11
サントリー美術館の50周年記念展に行ってきた
地震後に、災害リスクが重視されて海外の収蔵品が借りられなくなり中止、という展覧会も出てきてる中、運良く?最初からコレクション展を予定していたため予定通り開催された展覧会に行ってきました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/05/31 22:34
「生誕100年 岡本太郎展」に行ってきた
私が持っている唯一の岡本太郎作品は「電電公社時代のテレホンカード」ではないかな。何か踊っているような漢字が描かれた変わったものでした。でも、多分「芸術は爆発だ!」CMはリアルタイムで見ていない(そのフレーズ自体はよく聞いているが)し、万博の「太陽の塔」も実地で見たことはありません。そういう意味で、知っているような気がするのに、実は全然知らないのが岡本太郎なのでしょう。 ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 0

2011/05/24 21:59
「日本のピクトリアリズム 珠玉の名品展」に行ってきた
恵比寿の写真美術館ではたまに「そんな写真あるんだ」みたいな展覧会をやっていて興味深いです。個人的には、19世紀末から20世紀半ばくらいまでの写真。「写真機」が一般化して、何をどう撮影するかの試行錯誤の経緯が面白くて見に行く、というところでしょうか。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/05/23 22:23
パリ旅行記−美術館編
本当は、パリに行ったら見に行きたい美術館は多い。ルーブル美術館は一度行ったくらいで全て見られるようなものではないし、オルセー美術館は、最近改装されているので、どう変わったのか興味がある。他にも、貴族のお屋敷を利用した美術館や、大コレクションを基盤にしたものなど様々なものがあるから、順番をつけておかないといざ行けるときに迷ってしまいます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2011/04/17 21:57
「ボストン美術館浮世絵名品展」に行ってきた
浮世絵展というと、作品数もその技術も立派な広重・北斎の二大スターを中心に据えてくることが多いですが、これは珍しく「それより前の世代」だけで構成された展覧会。「包む」展とハシゴで地震後の展示再開初日に見に行ってきました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/04/03 22:23
「包む―日本の伝統パッケージ展」を見に行ってきた
twitterでフォローしている美術展関係に強い皆様の評判がよかったので、原発のニュースがストレスだった時期の気分転換に、浮世絵とここのハシゴをしていました(そのハシゴの最中に撮影したものが31日に掲載した写真です)。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/04/02 22:48
古鏡とひなかざり展の内覧会に行ってきました!
展覧会が始まる前に開く内覧会というのがあんなに混雑しているものだとは初めて知りました! ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/02/28 22:14
Google Mapで美術館散歩
発表されたときから「おおっ!」と思っていましたが、やっと試してみることができました。なかなか行けない美術館も、これで中を散歩してみることができる、というサイトです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 2

2011/02/17 21:24
新宿で見るオーロラ写真展
高野の果物屋の上に写真展示施設があったとは、今まで知りませんでした。実はそこで毎年1月はオーロラの写真の展示をしていたのだそう。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/02/03 22:22
東京国立博物館を満喫するためのiPhone用アプリ
「e国宝」と「法隆寺宝物館30分ナビ」という無料アプリがiPhone用にリリースされたというので、iPhoneは持っていないけど、iPadで使えるかな、ということでダウンロードしてみました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/01/27 22:01
「空と宇宙展 −飛べ!100年の夢−」に行ってきた
基本的には宇宙好きだけど、当然というか、その下の「空」も好きです。物心つくよりも前から国際線で移動していたためなのか、ロケットに負けず劣らず飛行機も興味があります。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/01/26 22:00
東京国立博物館で豪華なリニューアル記念展
特別展の目玉になるような国宝を惜しげもなく並べて、600円で見られるというのだから、本当にお得な展覧会でした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2011/01/21 22:13
東京都庭園美術館建物公開−朝香宮のグランドツアーに行ってきた
行きそびれないうちに行くことが出来てよかった。会期1ヵ月というのは早めに行かないとリスクがありますね。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2011/01/12 23:16
今年気になる展覧会その2
前回の続き。個人的に面白そうだな、と思っている展覧会のピックアップ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/01/10 18:34
今年気になる展覧会
何か元旦から熱を出してしまったので、気がついたらもう1週間が過ぎ去っている。気を取り直して新年を迎えましょう。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 2

2011/01/08 22:35
特別展 ダ・ヴィンチ 〜モナ・リザ 25の秘密〜に行ってきた
日比谷公園の特設小屋(つまりプレハブ)での展覧会で、入場料1,800円と若干高めの設定のため、どうしようかな、と思っていたのですが、病院のあとの平日の夕方に行けそうな時間があったので、「空いている時間なら」ということで出かけてきました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/12/23 22:32
文化人の売り出しなんて、今も昔も変わらない?@サントリー美術館
ミッドタウンに、サントリー美術館の「歌麿・写楽の仕掛け人 その名は蔦屋重三郎」展を観に行きました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/12/14 22:49
大原美術館に行ってきました
会社から長期勤続慰労休暇が出たので、ちょっと旅行に出てきました。残念ながら途中やむを得ず帰京して、再び出直すなどしたため、行きたかったところ全てに行けたわけではないですが、概ね満足というところ。まぁ、目的は、様々な人のご縁でここまでやってこれたことへのお礼に出かけただけだから、観光はまた今度にしなさい、ということなんでしょうね。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/12/01 22:36
根津美術館で青磁を見ました
もう終わってしまった展覧会の話なので、簡単に。「南宋の青磁」の展覧会を根津美術館でやっていたので見に行ってきました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/11/25 23:35
「円山応挙−空間の創造展」に行ってきた
会社の元上司が「大きい絵はいいよね〜」と言っていたので、近くまで行ったときに三井本館にも寄ってきました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/11/07 22:34
「没後120年 ゴッホ展-こうして私はゴッホになった」に行ってきた
台風が近づいている→警戒して家を出ない人が多い→普段混む場所が空いているかも、の三段論法で急遽行ってきたのが国立新美術館。平日か夜間に行かないと辛いかもなぁ、と思っていたので、土曜の昼12時に入館するとは思っていませんでした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/11/04 22:54
江戸古地図が好きな人にお薦めな展覧会
港区の広報誌から拾ったネタ。田町駅近くの港区立三田図書館4Fにある「港郷土資料館」にて、11月末まで特別展「江戸図の世界」というのをやっているとのこと。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/10/25 21:59
「三菱が夢見た美術館」展に行ってきた
どこかから券を手に入れた家族が見に行って面白かったといっていたので、私も見に行ってみることにした展覧会。丸の内散歩で寄ってみました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/10/24 23:04
薩長同盟の文書は皇室の持ち物だったのか
龍馬伝は、歴史ドラマとして面白いので、いろいろ坂本竜馬関係の展示とかも全国で行われているけど、まさか、ここもそれで展示したわけは・・・ないですよね? ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 2

2010/10/20 22:20
根津開館記念展シリーズもラスト「コレクションを未来へ 根津嘉一郎蒐集品と寄贈作品」
根津美術館の改装新館のオープニング展覧会シリーズも一年かけて、いよいよゴール。私も能の展示のときの一回を除いて、何とか最後まで見に行くことができました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/10/07 22:06
黒澤明生誕100年記念画コンテ展「映画に捧ぐ」に行ってきた
恵比寿の東京都写真美術館も久しぶりです。写真の歴史シリーズを見ていた頃以来かなぁ。最近はすっかりご無沙汰していました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/10/01 23:02
東京国立博物館で常設展「日本美術の流れ」を展示中。
国立博物館に企画展でないときに訪れたことって、ほとんど記憶にないですけど、入場者が少ないので、中はかなりのんびりした空気が流れていて、気持ちいいです。そういえば庭の解放ももうすぐかな? ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2010/09/27 23:05
虎屋文庫の「和菓子の歴史」展に行ってきた
赤坂見附にあるとらやの2Fに、一部屋だけの展示場「虎屋文庫」というのがあって、和菓子に関する研究成果みたいなものが出ているらしいのですが、今回、「日本でのお菓子の歴史」が出ているというので、会期末間際に滑り込みで見に行ってきました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/09/25 20:49
「誇り高きデザイン 鍋島」展に行ってきた
今回は、前回ほど間を置くことなくサントリー美術館へ訪問。将軍家などへの献上専門に作られていた鍋島の食器が多数展示されているのを見に行きました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/09/21 23:17
本「コルビュジエさんのつくりたかった美術館」
実は購入しないで手に入れた絵本。通勤中に読んでいて、少し泣けました。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/09/12 19:41
丸の内にはやぶさのカプセルを見に行った
JAXA的には、一日1万人くらい来るかなと思っていたけど、ふたを開けたら一日8,500人程度。朝一番と18時すぎを避ければ、待ち時間も20分程度で見られるみたいです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/08/16 23:50
@sasurau さんの展覧会に行ってきた
iPhoneのカメラで撮影した写真で個展を開いている方がいるというので、ちょっと見に行ってきました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/08/03 22:25
根津美術館新創特別展もいよいよ第7部です。
6月は微妙に引きこもっていたので、能をテーマにした第6部を見に行きそこなってしまいました、残念。第7部は、仏教美術がテーマ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/07/31 23:23
記念講演会「星新一を読むということ―<科学>と<文学>をめぐる旅」に行ってきた
世田谷文学館でやっていた「星新一展」の最後のイベント、「パラサイト・イヴ」の作家瀬名秀明さんによる星新一論を聴きに、再び蘆花公園まで行ってきました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/07/09 21:19
「ボストン美術館展」に行ってきた
気力の問題で5月が事実上引きこもり生活になっていたため、会期末に滑り込みで行くことになりました。本当は、比較的空いている平日の夜に行くつもりだったんだけどなぁ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2010/06/25 23:13
「星新一展」に行ってきた
1001編ものショートショートを書いたSF作家も、既に物故10年。現代作家の回顧展なんて珍しい企画だな(多分、自分が気付いてないだけ)と思いつつ、中学時代に愛読した作家でもあり、出かけてきました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

2010/06/21 23:20
「オルセー美術館展2010『ポスト印象派』」に行ってきた
実際に行ったのは3日目のことだから、ブログに書くのが随分と遅くなりました。日経さんが招待券を出しているし、会期末は夏休みにあたるので、早めに行かないとゆっくり見られないかな、という判断。何せ、オルセー美術館改装中で出してきた名品ですから、次に見たくなったらパリに行くしかないし。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2010/06/17 22:57
「和ガラス−粋なうつわ、遊びのかたち−」展に行ってきました。
久しぶりのサントリー美術館、一年ぶりくらいかもしれません。前回もガラス?最近はミッドタウンに来ることが少なくなってしまったのですが、連休の後だったせいか人出が少なかったような。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/05/20 22:12
国宝燕子花図屏風を見に行ってきました
根津美術館の開館記念特別展シリーズの第5弾は、いよいよ真打の「国宝燕子花図屏風」。この美術館一のお宝を見に行ってきました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2010/05/13 06:21
根津美術館の新装第4弾展示は山水画です
新装オープン記念で、大体1ヵ月毎にテーマを替えて1年間展覧会をするというのは、さすがに収蔵品の多さのなせる技。第4弾は山水画や、書ということで、墨の芸術が展示されていました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/04/09 22:30
「ルノワール 〜伝統と革新」展に行ってきた
現代美術があちこちに展示されているアートナイトの時間帯はそういうのを見るのに注力すべきでは、という気もしていたのですが、いつもなら混むであろう印象派の展覧会をガラガラの状態で見られるかもしれないという誘惑に負け、土曜の夜に行ってきました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/04/08 22:28
「‘おいしく、食べる’の科学展」に行ってきた
日本科学未来館の特別展の招待券をいただいたのですが、体調不良で行き損なう寸前。会期終了日にぎりぎり滑り込んできました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/04/07 23:31
六本木アートナイトに行ってきた
随分と遅まきですが、3月最後の週末は、六本木で夜更かしをしました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/04/05 22:54
今年は桜の開花とあわせて行われそうな六本木アートナイト
昨年の予想を超える?延べ55万人という動員効果を受けて、今年も行われる六本木アートナイト。パンフレット配布も19日からということで、いよいよ迫ってきたようです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/03/16 23:02
根津美術館の新年展示は「陶磁器」特集です
リニューアルオープンで気合の入っている新春1月、2月のメイン展示は、「陶磁器ふたつの愉楽 観るやきもの・使ううつわ」でした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/01/24 08:24
在日フランス大使館旧館でのポップアートイベント間もなく終了
残念ながら大使館のお庭には行けないし、大使館だった頃の建物、調度品がどんなだったかは面影もないですが、ふらふらと見て歩く分にはあちこちに仕掛けがあって楽しいイベントです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/01/20 22:24
「ザ スピリット オブ ビューティー展」に行ってきた
通っている床屋さんから招待券をいただいたこともあり、ヴァンクリの宝石を観に、六本木ヒルズに出かけてきました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/01/14 22:20
「根津青山の茶の湯」展に行ってきた
祝日の午後に出かけたので、かなりの混雑。さすがに新しい美術館は気合の入った展覧会をするので、観に来る人が多いですね。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/12/27 23:00
「高橋誠一郎浮世絵コレクション名品展」を見に行った(完結編)
何とか、ぎりぎりで滑り込んで、後期展示も見てきました。皇室の名宝第2期とどちらにするか悩んだのは確かですが、極端な混雑はやはり苦手なので... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/12/07 22:49
「パリに咲いた古伊万里の華展」に行ってきた
古伊万里が見たかったというより、久しぶりに「旧朝香宮邸」を見たかったが正解(苦笑)。庭も気持ちいいので、これくらいの陽気のときに行くと本当に落ち着きます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/11/11 22:19
「高橋誠一郎浮世絵コレクション名品展(中期)」を見に行った
国立博物館の名宝に行く前に出かけたのが、日本橋の三井美術館。浮世絵も中期展示が11/1までだったので、こちらも駆け込みです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/11/10 22:00
「皇室の名宝」展1期に行ってきた
夏休み以来3ヵ月ぶりのまともな休暇を取ったので、11/1までの第1期終了ぎりぎりのところで滑り込んできました。「永徳、若冲から大観、松園まで」ということで、絵画中心のため、書や絵巻よりも見た目が派手でお客さんが集まり易い?! ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2009/11/08 10:01
「高橋誠一郎浮世絵コレクション名品展」を見に行った
総展示替えの第一部が体育の日の3連休で終わってしまうというので、駆け込みで行ってきました。三井と慶應がコラボした浮世絵展です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/10/27 22:21
新しい根津美術館は相変わらず落ち着いたいい感じです
3年ぶりに改装が終わって開館した「根津さん」。オープン記念の「新・根津美術館展 国宝那智瀧図と自然の造形」を見に行ってきました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2009/10/22 22:23
「建築家 坂倉準三展」に行ってきた
実は私、坂倉準三さんの作品に30年ほど住んでいたことがあります。もうその建物は取り壊されてしまいましたが。そんな縁もあるので、汐留まで展覧会に行ってきました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2009/09/25 22:46
「伊勢神宮と神々の美術」展に行ってきた
式年遷宮の本番が近づいてきて、伊勢神宮関係のイベントも活発になっている、ということなんですかね。まだ伊勢参りできていない身なので、「上野で伊勢詣で」のフレーズに惹かれて行ってきました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/09/09 21:59
あなたの不満をネタに大声で合唱しませんか?
「悪いことも良いように考えるべし」とはよくある成功法則ですが、いつもそんな風に考えることができないのが人間と言うもの。では、その不平・不満を大声で歌い上げてしまってはどう?「不平の合唱団」はあなたの参加をお待ちしています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/09/08 22:17
月着陸40周年を記念するオメガの展覧会
先日、マリーアントワネットの懐中時計を復元して展示していた、銀座のビルの展示フロアで、今度は宇宙飛行士の腕時計として大活躍した「スピードマスター」の展示会をしているというので、旅行前にちょっと覗いてきました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/08/05 23:26
「的川泰宣展 宇宙からの伝言―ものづくりと冒険の心―」に行ってきた
実物大ペンシルロケット模型などが見られる宇宙関連の展示ですが、会社の玄関にあるショールームみたいな場所で行われていると、土曜はお客さんが全然来ない、ということになるみたいですね。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/08/02 21:23
ケンサEXPO'09はかなりの混雑でした
さすがにTV報道効果...いくら花火大会で混雑するみなとみらいが会場であっても、病院の検査のような展示会があんなに混み合うなんて。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/08/01 22:52
「万華鏡の視覚」展に行ってきた
普通、万華鏡の展覧会か、もしくはその中身である「変化していく模様」か何かの展覧会だと思いそうなところですが、「細かいパーツが移ろいゆく環境の中で組み合わされて様々な文様を見せる」様子を見せるのがこの展覧会のテーマ。現代美術の展覧会です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/06/26 22:45
マリーアントワネットに差し上げる予定だった時計
その懐中時計を復刻したものが31日まで銀座で展示されている、という話を友人がメールで報せてきたので、見に行くことにしました。正直、精巧な時計というものは写真で見てもあまり感動しないものだし。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/06/02 23:24
「水墨画の輝き」展に行ってきた
5月はゴールデンウィーク以降、体調不良気味で寝てばかりいたので、出かけるのは久しぶり。出光美術館に水墨画を見に行きました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2009/05/28 23:10
「完全復元伊能図全国巡回フロア展」に行ってきた
NHKのニュースで報道されたのを見なかったらこのイベントを見逃すところでした...「伊能忠敬の地図を全部復元してフロア一面に並べてみた」という展覧会に出かけてきました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/04/20 22:28
「平泉〜みちのくの浄土〜」展に行ってきた
会期が1ヵ月しかない展覧会というのも、非常に珍しいことの気がしますが、さすがに中尊寺の金色堂に並ぶ仏像を1画分丸ごと貸し出す、なんてことはそう長くやるわけにはいかないのでしょうね。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2009/04/04 21:59
六本木アートナイトに行ってきました
100冊倶楽部を紹介してくれるテレビの方は、撮影が終わった段階で私の手を離れているので、放送はビデオに任せて、その日にしか体験できないものにお出かけすることにしました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/04/01 22:33
28日の夜は六本木アートナイト
今週は、週末に行われるイベントの紹介エントリばかり書いていますね、私。六本木では、土曜の夕方から日曜の朝まで、3つの美術館を中心に、現代芸術あり、ミニコンサートあり、展覧会の夜間入場ありの盛りだくさんのイベントが予定されているらしいです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/03/26 22:45
「国宝三井寺展」に行ってきた
2月に体調不良だったこともあって、行きたかった展覧会のいくつかには行きそびれたのですが、なんとかこれには最終日に滑り込んできました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/03/22 18:03
「写真で旅する世界遺産」展”自然編”は25日まで
久しぶりに東京ミッドタウンに行ったら、まぁ、ほどほどの人出。平日は少ないし、店の売上はどうか知らないけど、観光で散歩している人くらいならいるってことですかね。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/03/19 23:40
「ゴールド展」に行ってきた
六本木ヒルズで金ぴかな展覧会をやっているということで、出かけてみることにしました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/01/22 22:52
「20世紀のはじまり ピカソとクレーの生きた時代」展に行ってきた
私にしては珍しく、始まったばかりの展覧会に行ってきました。Bunkamuraも20周年だそうで、もうそんなに経ったんですね... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/01/15 23:55
「アーツ・アンド・クラフツ<イギリス・アメリカ>」展に行ってきた
副題は「ウィリアム・モリスからフランク・ロイド・ライトまで」。壁紙や工芸とか家具の展示会です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/01/12 22:34
japan 蒔絵展に行ってきた
年末のサントリー美術館は、ピカソ展の混雑から落ち着きを取り戻したかな?今回は海外に輸出された蒔絵製品の展覧会で、フランス王室で使われたものなどが来ています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/01/06 23:03
西洋美術史の解説サイト
正月休みも長いなぁと思っていたら、もうあと一日になってしまいました。掃除して、だらだらしてただけで、何もしなかったなぁ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/01/03 23:58
「ピカソ展」に行ってきた
フェルメール展が90万人以上の来場者を集めたのに対し、ピカソ展は30万くらいらしい。やはり、ピカソというと、キュビズムとかの「訳の分からない絵」のイメージが強くて、美術展デートなどのライト需要からは敬遠されるってことなのでしょうか? ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/12/24 22:44
「ヴィルヘルム・ハンマースホイ 静かなる詩情」展に行ってきた
人間の存在があまり感じられない絵画、というとキリコを思い出すのですが、かなり非現実的な感じのするあちらと違い、こちらの作品は写実なんだけど人の存在がない、ということのようです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/12/02 23:26
「フェルメール展」に行ってきた
土曜も20時まで開館延長するほどなので、ものすごく混んでいるのかな、と覚悟して出かけていったのですが、いつもの「混んでいる」展覧会レベルで何とかなりました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/11/30 21:33
日展を見て来た
ちょっと招待券をもらったので国立新美術館に行ってきました。さすがに3連休の中日だけあって、ピカソ展のお客さんで混みあってます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/11/23 23:28
「ボストン美術館 浮世絵名品展」に行ってきた
もうNHKスペシャルで特集されたのを見てしまったために、これは絶対に見に行かないと、と思っていた展覧会。やっと出かけてきました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/11/22 22:52
「大琳派展」に行ってきた
8月の「対決展」で見た宗達、光琳の「風神雷神図」に、さらに江戸末期の2枚を追加して、風神雷神4種そろい踏み、という今までに聞いたことのない企画が目玉の、「大琳派展」に滑り込みで行ってきました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/11/09 12:49
「江戸・東京の茶の湯展−近代茶の湯の黎明−」に行ってきた
日曜の日本橋高島屋では、無料開催中の「皇后さまと子どもたち写真展」が、入館1時間待ちの大行列でしたけど、こちらもかなり賑わっていました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2008/10/27 22:14
「ウィーン美術史美術館所蔵 静物画の秘密」展に行ってきた
昨年、ウィーンでの単独自由行動時に美術史美術館には行っているのですが、今回の展示品の中で見た記憶があるのは目玉作品の皇女様の絵くらいでしたね。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/09/23 21:10
「秘蔵の名品 アートコレクション展」に行ってきた
ホテルオークラの夏の定番の催しになったこの展覧会に行くのは10年ぶりくらい?有名画家の絵が揃っている割に空いている展覧会なのは、やはり「主催マスコミの招待券」による動員がないせいですかね。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/09/07 22:03
「吉村作治の早大エジプト発掘40年展」に行ってきた
池袋のサンシャインシティに行くのは何年ぶりか思い出せないほどですが、相変わらず家族連れでにぎわっていますね...ウルトラマンショーはかなり盛況だったようです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/08/22 22:05
「対決展」再び
半月前に出かけてきた国立博物館の対決展に、もう一回滑り込んできました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/08/18 22:51
大日如来像に埋め込まれた前歯?!
昨日の続きで上野の国立博物館に行ったお話。オークションに出品された運慶作とみられる大日如来像の海外流出が食い止められた、と話題になったことがありましたが、その像が落札者の宗教法人によって、国立博物館に貸し出されて展示されているのも見ることができます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/07/31 23:25
「対決−巨匠たちの日本美術」に行ってきた
最近ちょっと美術展に行っていなかったので、ちょっと息抜きも兼ねて上野の国立博物館まで出かけてきました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/07/30 21:47
「安野光雅の三国志展」に行ってきた
デパートの展覧会って、大学生から会社に入った頃によく行きました。まだバブルなどの消費経済でデパートにお金があったのか、印象派美術展のような大掛かりなものをやっていたうえに、無料招待券が簡単に手に入ったりしていましたからね。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2008/05/22 22:15
「ガレとジャポニスム」展に行ってきた
ミッドタウンにサントリー美術館が再オープンしてから1年。年間パスのおかげで何度も楽しませてもらいました。今回は、その最後を飾る1周年記念展。さすがにガラス器は頻繁に展示替えする必要がなかったみたいなので、隔週で出かけたりしないで済みましたかね。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/04/29 22:04
10年ぶりの故宮
前回台湾に行ったのは99年のことなので、ほぼ一昔前。前回も故宮を見に行くためだけの短期滞在でしたけど、今回の旅行もそんな感じ。でも、長いブランクの間に綺麗に改装されてしまっていました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/04/11 23:07
曜変天目茶碗を見に行ってきました
天目茶碗は、黒っぽい色合いになるので、侘び寂びに向いた感じになるのでしょうか?以前、油滴天目は見たことがありましたが、国宝の曜変天目は見たことがなく、週末に出かけてきました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/04/08 22:01
「ムートン・ロスシルド ワインラベル原画展」に行ってきた
六本木ヒルズは、5周年に向けた改装が最終段階に入っていますが、おかげで、この2ヵ月くらいは工事現場だらけ。私にとってみれば、お弁当が買えるようなお店がすっかりなくなって(やっといくつか新しいお店がオープンし始めましたが)しまったので、最近はあまり用がなかったりします。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/04/01 22:48
鳥獣戯画の画像が見られるサイト
甲乙丙丁の4巻からなるうちの甲巻の分だけですけど、画像が見られるWebサイトがあるそうです。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2008/02/26 23:07
「十四代柿右衛門展」に行ってきました。
柿右衛門といえば、柿の色を再現しようとかなりの努力を重ねた、というエピソードで有名ですが、Wikiの記事によると真実ではない模様。その十四代目の展示会に行ってきました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/01/31 22:29
今日新たに知った「行ってみたい美術館」
床屋に予約時間を間違えて出かけてしまったので、待ち時間に読んでいた日経の非売品別冊とかいう雑誌。この雑誌とも違う内容になっているけど、何で貰った本だったんだろ? ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2008/01/05 22:44
本日、国立新美術館にてハープ&フルートコンサート
21日(金)、17:45〜18:30にエントランス部分で無料コンサート「フルート&ハープ♪クリスマスコンサート2007」が行われるようです。六本木での忘年会に行くちょっと前に寄ってみてはいかが? ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/12/21 08:54
来年も東京でフェルメール展
現存する作品が30点ちょっとしかない、というフェルメール作品というのは、ダヴィンチ並の少なさだと思いますが、そのうち6点も一同にそろえて東京都美術館でやるそうです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/12/06 22:46
大徳川展に行ってきた
さすがに「この大は二度とない」と地下鉄の中吊り広告にまで書かれているだけのことはあり、土曜の上野は非常に混みあっておりました。さらに「留学生の日」ということで、無料入場できる留学生の方々がたくさん来ていたからでもありますが。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/11/18 11:00
「光彩時空'07」−光はミュージアムから−に行ってきた
国立西洋美術館で開催されたライトアップショーに、近くまで出かける用事もあったので息抜きに寄ってきました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/11/06 06:17
上野の西洋美術館で、光による印象派絵画ショー
朝起きて「おはよう日本」を見ていたら、西洋美術館の正面の壁に光で絵画を浮かび上がらせるライトアップ企画を実施しているのを報じていました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2007/11/01 06:18
グッドデザイン賞の作品展示会を見に行った
東京ミッドタウンは、サントリー美術館の屏風展を見に通っていたのですが、すぐ近くで無料展示会があったので、そっちにも寄ってみました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/10/22 06:35
横須賀美術館に行ってきた
たまには海に行きたいですからね...って東京湾なら会社から見えたのですが。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/09/21 21:59
サントリー美術館で屏風三昧
私の周りには、屏風を飾る家というのは無いので、屏風は寺社・仏閣と美術館でしか見たことがないわけですが、こうした初心者でも分かる、屏風の歴史を俯瞰する展覧会をやっています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2007/09/13 12:30
水槽越しに見る東京の風景
先日、森美術館に行ったついでに、展望台の方もまわってみることにして、天空の水族館を見てきました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2007/08/29 06:28
「ル・コルビュジエ展」に行ってきた
今は無き東急文化会館の映画館にかかっていた緞帳は、確かに彼の作品だった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/08/28 21:43
「水と生きる」展に行ってきた
サントリー美術館のミッドタウン移転こけら落とし第二弾展覧会が、19日(日)で最終だったので、駆け込みで見に行った。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/08/22 21:48
「ヤン・アルテュス=ベルトラン写真展 −空から見た地球−」展
ミッドタウンみたいな複合ビルだとこういう展覧会もやっている、というのが羨ましいですね〜。画廊がたくさんある銀座とかもそうだけど昼休みにふらっと見に行けるというのは羨ましいです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/26 22:46
大回顧展モネ やはり混雑していますね
こちらも来週で会期末。ぎりぎりのところで滑り込んできました、モネの展覧会。モネ作品だけで100点近くある、なんていう贅沢な代物は、国立美術館のこけら落としでもないと企画できないのでしょうねぇ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/21 23:52
「受胎告知」駆け込み見学してきました
周りの人がどんどん見に行ってしまうので、なんとなくタイミングを失しかけていたのですが、会期末までに何とか間に合いました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/16 00:40
科学博物館の「花」展に行ってきました。
やっぱり「青いバラ」の実物を一度くらいは見たいですものねぇ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/11 22:00
サントリー美術館開館記念展に行ってきた。
六本木のミッドタウンも、六本木ヒルズオープン当初とは比べるべくもないですが、相変わらず混んでますね。まぁ、お店とかがぎゅうぎゅうで行列が出来ている割には、買い物袋を持っている人をほとんど見かけないのは、どこの新しいビルでも同じですけど。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/05/23 22:08
国立新美術館提供の美術展検索サービス
常設展示物を持たない美術館はアイデアで勝負なんですかね。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/04/11 20:45
「スーパーエッシャー展」に行ってきた
エッシャーの絵といえば、日本テレビの放送終了時に流れるアニメ映像、が最初に連想される私はちょっと異端?あのアニメは結構好きなのですが、今はもう放送していないですものね。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/01/08 17:34
1月2日は美術館へ行こう
ということで、入館料無料キャンペーンをいくつかの美術館で予定されています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/12/28 06:37
土曜の午後なのに空っぽの展覧会
先週末に、横浜ユーラシア文化館の古地図の展覧会を見に行きました...土曜の午後2〜3時頃に横浜の中心部に行ってるのに、お客が他にいないってのも、かなりな隠れスポットですね。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/11/27 22:43
「クリーブランド美術館展」平日の夜はガラガラ?
印象派のモネとかルノワールとかゴッホの絵が見られる、とうたっている絵画展でこんなに空いていたのは初めてでした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/10/18 22:55
日清日露の講和条約やら大津事件の報告書やらが見られる展覧会
せっかく神田の免許センターまで来ているのだから、ということで一駅歩いて国立公文書館にお出かけ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/10/17 22:52
彩色兵馬俑展に行ってきた
珍しく展覧会の会期最終日に行ってきました。最終日が一番混む日であることが多いので出来れば避けたいのですけど、今回は仕方ないですね。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2006/10/12 22:05
「一コマの映画」だけど、やはり映像の方がよかったかも
銀座のコダックサロンで、映画の撮影監督をやっている木村大作氏の写真展をやっているということだったので、行ってみた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/10/01 17:57
日曜美術館30年展に行ってきた
そんなに確実に見ている番組ではないですが、たまには見ています>NHK教育の「新・日曜美術館」 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/09/25 22:56
「エミール・ガレとドーム兄弟」展にすべりこんできました
本当はもう一週前に行く予定だったのですが、会期末ギリギリのすべりこみになってしまいました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/08/29 22:54
ダ・ヴィンチ・コード展に行った
原作も読んでいないし、映画も見に行っていないけど、何となく展覧会に行きたくなって六本木ヒルズのてっぺんに出かけてきました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/06/22 06:51
古代ローマ人の収入と財産(ポンペイ展その2)
Bunkamuraのポンペイ展で面白かった趣向は、金貨なら金貨だけみたいに出土品の種類で並べずに、出土地別に品物をまとめている点でした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/06/17 19:22
「ポンペイの輝き」展に行った
前売りチケットを買ってあったのに、なかなか時間が取れずに終盤になってやっと...平日の朝だったので、ちょうど満員(各展示物前に人が常にいる状態)でした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/06/16 22:15
最澄と天台の国宝展へ行った
3連休トリプル外出のトリはこちら。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2006/05/05 21:46
生誕120年 藤田嗣治展へ行った
日経新聞の販売店が珍しくチケットを何種類かくれたうちの一枚。画伯Fujitaとして有名だけど、あんまり絵を見たことが無いなぁ、と思ったのでここは時間を割いてみることに。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 5

2006/05/04 22:17
世界遺産ナスカ展に行った
5連休の最初は、国立科学博物館詣でにしたわけですが、いい天気に誘われたのか、上野公園はかなりの混雑でした。やはり朝に行かないと大変です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2006/05/03 19:28
戦前からオリンピックまでの頃の港区写真展
というのがあるのだそうだ。今回が4回目とのこと。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/03/15 22:33
「ニューヨーク・バーク・コレクション展」に行った
年末年始にあまり外出できなかった分、行きたかった展覧会がたくさん残っており、最近の週末は展覧会三昧。またまた上野行きです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/02/28 21:52
「アインシュタイン日本見聞録」に行った
会期が2/26までだから、まさに駆け込みで見に行ったのだが、実に楽しい展覧会でした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/02/25 22:37
「サイエンス+フィクション」展に行った
日本科学未来館は、開館以来、なぜか一度も行く機会が無かったのですが、ようやく行けました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/02/22 22:09
「大いなる遺産 美の伝統展」に行った
東京美術倶楽部の創立100周年記念展なのだそうだ。つまり画商の団体による美術展。でも、今回は、展示品の販売はありません? ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 2

2006/02/19 08:16
展覧会「書の至宝−日本と中国」
相変わらず会期末期にならないといけないのですが、今回は、展示替え後半の作品を見るためにこんな時期に行くことになってしまいました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2006/02/12 22:45
携帯のカメラで「飛んでいるカラス」を撮れ
東京都写真美術館から、友の会会員向けに大きな封筒が送られてきた。会報が入っているにしては大きいなぁ、と思ったらこんな依頼が。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/02/07 21:00
北斎展に行ってきた
こう有名どころの(それも招待券がたくさん存在していそうな)展示会なんかに会期末に行くとろくなことが無いのはよく分かってはいるのだが...そもそも会期が40日程度ではすぐに終盤になってしまう。もっとも、今年は行く展示会が全て会期末ぎりぎりになっている気がするが。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/11/24 22:34
レオナルド・ダ・ヴィンチ展に行った
これの会期もいよいよ明日まで。滑り込みで見に行くことができました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2005/11/12 17:08
日本の博物館美術館ガイド
とりあえず、北海道から沖縄までの博物館・美術館1,450館分のデータを載せているのだそう。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/11/08 22:55
「写真はものの見方をどのように変えてきたか」最終回
東京都写真美術館で、開催中の、開館10周年記念特別展。「写真は何を写してきたか」を所蔵作品の構成で語らせる試みの第四部完結編、いよいよ現代写真になります。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/10/31 21:41
「写真はものの見方をどのように変えてきたか」その3
写真の歴史をテーマにした展覧会の第3部に、終盤ですべりこんできた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/09/09 21:37
アンコールと生きるークメール文明の今ー
皇帝ペンギンを見に恵比寿へ行ったので、ついでに東京都写真美術館にも行った。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/08/09 22:26
フィリップス・コレクション展
元はワシントンの邸宅美術館。ワシントンに旅行していたときに1度訪ねたのだが、たまたま改装中で、2部屋くらいしか見ることができず残念に思っていた場所です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/08/02 22:35
ヌードになってヌードを見よう
という企画が、ウィーンで明日行われるらしい。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/07/28 21:45
「写真はものの見方をどのように変えてきたか」その2
写真の歴史をたどる「東京都写真美術館 開館10周年特別企画展に行った」の第二弾。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/07/05 22:12
「新シルクロード展」に行った
敦煌には一生に一度でいいから行きたいと思っている。数年前に、一般解放されていない石窟まで入れるというツアー旅行に一緒に行こうと、友達に誘われたことがあったのだが、その年に限ってそれ以前から決まっていた旅行の予定があって果たせず、それっきりきっかけをつかめ無い感じだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/06/27 20:53
「北斎と広重展」に行った
デパートの無料チケットが手に入ったので、昨日は日本橋三越に。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/06/19 10:54
東京都写真美術館 開館10周年特別企画展に行った
企画展タイトルは「写真はものの見方をどのように変えてきたか」。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2005/05/23 21:45
ベルリン至宝展に行く
連休にはもうちょっとあちこち外出する予定だったのだけれども、後半は風邪気味で少々ぐったりしていました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/05/09 21:36
ゴッホ展に行く
連休の外出の手始めに北の丸公園のゴッホ展に出かけてきた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/04/30 11:00
六本木ヒルズの大量の熊
「日本におけるドイツ年」イベントの一つとして、"UNITED buddy bears"というイベントが六本木ヒルズで行われている。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/04/19 20:24
伝説のロック写真家 - ヘンリー・ディルツ展
広尾の商店街の入り口に「加藤ギャラリー額縁店」があります。普通に写真の額縁を店頭に置いている以外は、中に入れる絵とかに合わせて額縁をオーダーで作る店です。ついでに中に入れる色紙(名句や東洋風の絵とか)も売っているので、海外向けのお土産屋にもなりうるかもしれません。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/04/17 11:33
タイタニック生存者の手記
3連休にごろごろしているのも勿体ないので、横浜まで展示を見に行くことにした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/03/21 20:05
Global Media 2005/OTAKU:persona=space=city
東京都写真美術館で、今週末まで「おたく:人格=空間=都市」という分かったような分からないようなタイトルの展覧会をやっている。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/03/07 21:34

トップへ | みんなの「展覧会」ブログ

いーわん情報源 たまには日記 展覧会のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる