人類が月の裏に到達してから50年

クリスマスイブと言えば…人類が初めて「月の裏側を肉眼で観た日」でもあります。 60年代の終わりまでに月に人類を届かせるという故ケネディ大統領の遺訓を実現すべく、国家を挙げて邁進するアメリカが、いよいよ最後の一年を迎える前に、「地球を飛び出し、月まで行って地球まで戻ってくる」というテスト飛行を実施できるところまでこぎつけたのが、アポ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今年のふたご座流星群は「金曜の夜中すぎ」がチャンス?

流れ星がたくさん流れる夜、流星群というのは「安定してよく流れ星が見えるもの」と、「年によって見えたり見えなかったりするもの」があって、そのうち、お正月明け1月4日頃が見ごろの「しぶんぎ座流星群」、お盆休みの8月12日ごろに見えるために夜でも過ごしやすい「ペルセウス座流星群」、クリスマス前の今頃によく見える「ふたご座流星群」の3つがあり、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2か月限定で「尾を引いて飛ぶ」人工衛星 Orbital Reflector

我々に気象状況を教えてくれるもの、通信を媒介するもの、位置情報を教えてくれるもの、地球上の様子を探査しているものetc.etc.と宙にはたくさんの人工衛星が飛び回ていますが、今回「何の役にも立たない」人工衛星が打ち上げられたのだとか。 宇宙に “芸術作品” 流れ星のようにきらめく人工衛星(NHKニュース) 宇宙に飛び出す槍?…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

艦これと「居酒屋で秋刀魚コース」の関係がやっぱりわからない

そこらにあるゲームの一つのはずなのに、といってしまうと大変に失礼なのだが、刀剣乱舞と艦隊これくしょんは、どうにも異質な気がする。刀剣乱舞は、元ネタである「日本刀」という大変マイナーだった美術分野を一気に復権させてしまい、日本刀の展示をするといっては全国から人を集め、ゲームを原案にしたミュージカルをやってはそのメンバーを紅白歌合戦に送り込…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

限定80個という競争率が高い配布イベント>宗谷80周年記念キーホルダー

初代南極観測船であったことで知名度が高い海上保安庁の巡視船宗谷が、お台場の船の科学館のところで余生を送っているわけですが、今年は進水80周年(1938年2月16日ソ連船ボロチャエベツ (Волочаевец)として進水)ということで、甲板の木材を使ったキーホルダーを限定配布するというので出かけてきました。 https://…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

展覧会「天文学と印刷」

9月に「世界を変えた書物展」があり、「イグノーベルの世界展」だの「創刊40周年記念 ムー展」だの、明治150年記念「日本を変えた千の技術博」だの、硬軟取り混ぜた「知とその伝播」に関する展覧会が都内で相次いでいるのですが、またまた書物の展覧会が行われています。 印刷博物館がある凸版は飯田橋の駅からトテトテと歩いていくとそれなりに…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

もしかしたら日曜の朝に流れ星が見られるかも?(こうのとり大気圏再突入)

国際宇宙ステーションに補給物資を送り込んでいる日本の宇宙船「こうのとり」。用が済むと宇宙ステーションで出たごみなどを積んで大気圏に落とし、燃やして廃棄するのだけど、今回は、日本上空を通るように落とすので、もしかしたら人工流れ星というか、明け方夕方に見える人工衛星や宇宙ステーションのように、空に流れる光る線を見られるかも、という話。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

フェルメール展(2018年東京会場)

私が学生の頃は、大勢の観客が押し寄せる展覧会といえば印象派と名の付くようなものであって、オランダ絵画ってそんなにメジャーだったっけ、という感じではありますが、今やフェルメールといえば世界の大巨匠扱いでしょうか。 上野の森美術館 フェルメール展 フェルメール展公式ツイッター(混雑情報等をつぶやく) (会場の中の様子…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

台湾から与那国島へ黒潮を越えて航海するプロジェクトのクラウドファンディング実施中

3万年前に日本人の祖先になる人たちの一派が沖縄・南西諸島にいたが、彼ら彼女らはいったいどこから来たのか?という研究テーマに関する大掛かりな実験プロジェクトがクラウドファンディングで資金を募集しています。 【完結編】国立科学博物館「3万年前の航海 徹底再現プロジェクト」(クラウドファンディングのページ) 今回は、実際に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

#艦これ氷祭り ゲームネタであそこまで素敵なアイスショーになるとは

最初に聴いたときには「何それ?」と思ったのです。艦隊これくしょんのゲームでは、旧軍艦の魂が女性化した「艦娘」という存在が海を滑走して敵と戦っていて、そのさまを「水上スキー」とか「スケート」とか言っていたのは事実ですが、まさか、リアルイベントとしてのアイスショーにされても、どうなるのか想像もつきません。 そしたら、私と同世代の伝説級…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

7/28の明け方に、接近中の火星の横で皆既月食

昨日の火星の話の続き。大きな火星の傍で月が欠ける、という珍しい日があります・・・とは言っても、皆既月食になった途端に月が沈む、というタイミングなので、皆既月食なのに月は赤くは見えないだろうし、そもそも明け方(午前4時半)なので、空も既に明るいのではないか、という感じになりそうですが。 皆既月食(2018年7月28日) | 国立天文…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今月末に15年ぶりの火星大接近!

公転軌道上で火星と地球が近い位置になること自体は2,3年に一度起きるのだけど、その際でも近い遠いはあって、2003年8月の大接近は「6万年に一度!(5,576万)」というほどの近さだったのですが今回はそれに次ぐ近さ(5,759万km)。他の惑星も地球に近いとか、月末に皆既月食があるなどもあって、都会でも星を楽しめる夏といえそうです。 …
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

ありがとう、ABC六本木店

青山ブックセンターって、確かに今の「本店」は表参道の国連大学の近くにあるのだけど、創業店舗は六本木の麻布警察署の隣のお店。2度の経営破綻を越えて生き続けた店舗も、6月25日でいよいよ閉店です。 偶然、開店した日に店の前を通った私は、一度通り過ぎた後でお財布を握りしめて出直し、たぶん、何か文庫本を買ったはず。 開店祝いで、購入…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

沖縄に行く際は麻疹(はしか)に注意(2018年4月)

何週間か前に東京の港区で「患者が品川駅(新幹線)を使ったらしいのではしかに注意しろ」という噂(下記の患者リストを見る限り該当する人はいないようだが)が流れているとtwitterで見たのがこの件を私が知った端緒なのですが、台湾からの旅行者から麻疹ウィルスが沖縄内に広まり、その沖縄を旅行した愛知の人が麻疹にかかって帰ってしまい、また広めたの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

展覧会「光琳と乾山 - 芸術家兄弟・響き合う美意識」

桜が見られるのはもう東北の北部や山の中、北海道になりつつありますが、ゴールデンウィークは、各地で花が見ごろ。つつじやバラや、藤の花など・・・最近はネモフィラが人気、というところでしょうか。個人的に毎年見ているのが、根津美術館のカキツバタ。今年は早めに咲き始めたので、もう見ごろ後半という感じです。 根津美術館 でもって、カ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2018年ゴールデンウィークの都内展覧会事情(マイナー編)

国立新美術館の「至上の印象派展 ビュールレ・コレクション」や、東京都美術館の「プーシキン美術館展」、国立西洋美術館の「プラド美術館展」、三菱一号館美術館のルドン、横浜美術館のヌード、さらには、トーハクの「名作誕生」に、東京国立近代美術館の「横山大観展」などのメジャーなところが混雑するのだろうか、とは思いますが、都内は相変わらず「いろんな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

築地市場から徒歩10分ほどでBBQができるデイキャンプ場

東京都心部って、東京メトロの路線図で位置関係を考えがちなせいか、水天宮から大手町のビルがすぐ見える程度しか離れていなくて実は徒歩移動可能であるとか、銀座線で3駅ほど離れる浅草と上野はそんな遠くないとか、その浅草からさらにスカイツリーまで歩いて行っても大したことがないとか、月島が築地から見て橋を一本わたる程度の距離であるとか、いろいろある…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

渋谷駅がどんどん変わる(工事と閉店と)

地上にあった東横線が地下にわざわざ移ったのは、その跡地に埼京線を持ってきて、山手線と埼京線の連絡の悪さを何とかするのが目的だったので、いよいよ本番作業に取り掛かる、というところでしょうか。 渋谷駅線路切換工事に伴う列車の運休について(JR東日本 PDFファイル) 渋谷駅において、埼京線ホームを山手線ホームと並列の位置へ移設す…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

本「広辞苑をつくるひと」

今年から本格デビューの花粉症、例年より症状の重い人が多いってのに該当したのか、気が付いたら3月が終わって(途中風邪ひいて38度にもなったが最初のうち、花粉症なのか風邪なのか分からなかった)いて、「早くひのき(杉ほどではないが若干反応が出る)も終わらないかな」という状態。なるほど花粉症の人が春先憂うつになるわけだ。 というわけで、薬…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヨーロッパの寒波とフェイク写真

今年は1月の中旬からシベリア寒波が大暴れ。先ずは本拠地?のシベリア奥地でマイナス50度とか60度とか、南極観測隊でも滅多にお目にかかれなさそうな最低気温を出していましたが、2月になって周辺地域に寒気の触手を伸ばして各地で異常な寒さを起こしました。 世界で最も寒い村 ロシアのオイミャコンで「氷点下62℃」(Yahoo!ニュース …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more