クリスマス過ぎたら部分日食(2019年12月26日夕方)

残念ながらかなりの地域で雨がちの天気予報ではあるのですけどね・・・12月26日は、最大で4割ほどが欠けるうえに「欠けたまま日没になる」部分日食の予定です。今年は1月にもあって年に2回も部分日食になる珍しい年でした。皆既日食が日本で見られるのは相当先のことですけどね。

国立天文台の日食解説によれば、

部分日食(2019年12月)

三鷹で撮影したコロナ画像をupする予定のページも。
[特設ページ]部分日食(2019年12月26日)

東京だと欠け始めが14時28分11秒で、39%欠ける最大食が15時35分27秒、日没が16時33分54秒で、太陽が元に戻る前に夜になってしまう、というタイムスケジュールになっています。

【特集】2019年12月26日 部分日食 - アストロアーツ

2019年で2度目の日食 2019年12月26日 -つるちゃんのプラネタリウム


でもって、日本で部分日食ということは比較的近いところでちゃんと太陽が隠れる日食があるはずで・・・今回はインドネシア、シンガポールからインド、サウジアラビアにかけての地域では金環日食になるのだとか。

Annular Solar Eclipse of 2019 Dec 26 (NASA)

東京では2012年の5月に観ることができたやつ↓ですね。

無事に金環日食見られました!(2012年05月22日)

今回はグアムからの中継もあるようですが、クリスマス休暇で南の方へお出かけの方は観られるのかなぁ。

ウェザーニュース金環日食ライブカメラ「グアム」


なお、年が明けて2020年1月11日は今度は半影月食。皆既月食と違って暗くはならないけど、地球の影に月が入って少しだけ暗くなる現象が見られます。なんと来年は3回も起きるのだとか。

2020年も半影月食が3度見られる -つるちゃんのプラネタリウム

太陽が欠けたり、月がうっすら暗くなったり、昔なら縁起が悪いとか言われそうな現象が多発する年末年始であるようです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント