ロシアでお買い物

最初に泊まったハバロフスクのホテル、中のレストランは12時から24時まで営業とあるのに、到着した日曜日の晩、21時頃に翌朝の朝食ビュッフェの会場確認も兼ねて見に行ってみたら電気が消えていて「??」。そしたら中からお兄ちゃんが出てきて何か用かと訊くので、ただ見ているだけだと答えたら何かほっとしていたので、深く考えずにそのまま去ったのだが、あれはそうか、もうお客さんが来ないだろうと勝手に「閉店」していただけか。


今回の旅行は言葉だのスケジュールどうするかだのといった方に頭を使いすぎて、そもそも何が売られているのか全く調べないで出発したし、ロシア土産と言えば思い浮かべるマトリョーシカを買って帰っても誰が貰うの状態だったし、昔は旅行先でよく買っていた絵葉書も最近は買い忘れがち(直近数回の海外旅行が「風景観光」ではなく「日食ハンター」だったせいもある)と、すっかり土産物屋の類に不慣れになってしまったので、ほとんど何も買わないうちに帰る日になって最後に慌てる羽目になりました。


ユジノサハリンスクには市場というのがあって昆布を売っている、というのは総領事館情報で、「それはちょっと見てみたい」と思ったものの私の中でも優先順位が低めだったので残念ながらそこまで回る余裕はなく、

街の建物の外見ばかり見ていて中には入らないので、ショッピングモールの経験値は低め。ウラジオストクにグムというモスクワにもある高級百貨店があって興味があったのだけど、時間がなくて全く行かなかったし。ただ、通り歩きながらちょこっと見る限りでは、

カバン屋さんもファッションブティックもランジェリー屋(というか地下道になんでそんな店がある)も電気屋も日本で見ているのとそう変わらないように見えたし、

個人的にもし遭遇していれば興味を引きそうだった文房具屋や本屋には出会えず、


面白かったのは飲食のためのお買い物。道端によくあるアイスクリーム屋台や、軽食屋ではさすがに買い物はしなかったものの、

DSCN3090.JPG


ハバロフスクでバス停に隣接するようにキヨスクがあったのにはたびたびお世話に。
大きいお店は、日本でもありがちな惣菜パン主力のパン屋みたい(ソーセージロールみたいなパンもあるが場所取ってたのはピザ、たまにピザの箱を持って歩いている人とすれ違う)な感じで、
小さいお店は、自動販売機のようにりんごだのバナナだの新聞だのペットボトルだのが値段書いた札とともに前面にディスプレイされていて、窓口であれとこれをくれというと(英語通じません)売ってくれる仕組み。

あと、ホテルの近くのスーパー(ユジノサハリンスクは市の中心部だとお店がなくてちょっと困った)にはちょいちょい入ることに。

中には、大きな容器に入っていて量り売りで売ってくれる各種ヨーグルト(どうも似たような別の発酵食品もあったみたいなんだがロシア語よく分からない)とか、

冷凍餃子とか
IMG_0293.JPG

豚肉の部位説明写真
IMG_0294.JPG

これがもっとロシアの他の都市よりも外国の方が近くなってしまうウラジオストックになると
日本の文字がそのままパッケージに印刷されているお菓子やゼリーも売られていたりする。

DSCN3501.JPG
DSCN3502.JPG

あとはこんな感じで見ていて楽しい。個包装のチョコ菓子がばら売りされていたのをまとめ買いして職場で配る、みたいなこともできるし。
あと、何気に現金決済が少なくて、スマホでピッという感じの人が多めだったのが興味深かった。


面白いといえば、飛行機にばかり乗っているので毎日のように空港にいたのだけど、

不思議と国内線の待ち合い所の方が「ロシア土産」が手に入る。

ウラジオストクの帰国時に国際線の出発ゲート行ったときにせっかくだから実家にキャビアでも買っていこうかなと思ったのに、「免税店」にあるのはお酒(ウォッカもあるけど紹興酒とかウィスキーとかが並ぶ)、たばこ、大袋のチョコレート、はちみつ、ヨーロッパブランドの化粧品といった具合で、個人的には頭を抱えた。

その前に間違えて国内線の出発ゲートに行ってしまったのだけど、そっちにはロシア土産のお店が2軒(ご当地キーホルダーとか民芸品とか)、他にもロシアブランドの化粧品、スカーフっぽいもののお店などがあって、ざっと買い物をした後、もう少し買い足すかとか思っていたらお店のお姉さんが「国際線はこっちではないけどもしかして間違えてない?国際線は、あっちのイミグレ通った向こう」と案内されてしまったのでそのまま行ってしまい、あとで間違えたゲートに居る間にもう少し買えばよかったと後悔したという・・・

ウラジオストク空港を利用して分かった!市内への行き方・両替・お土産屋は?

実は空港入ってすぐ、航空会社のチケットカウンターが並ぶ場所に海鮮屋(蟹とかキャビアの缶詰とか)やお土産物屋、もしくはレストランがあって、そちらではいろいろ選択肢があるが、検査場を越えて中に入ってしまうとそういうのがなくなってしまうということを帰ってから知り・・・事前調査は本当に大事。免税扱いではそういうものは売らないってことなのかね。


結局、初日に琥珀の専門店を見かけて、小さな置物をいくつかまとめ買いして少し値引いてもらったのだけが個人的には唯一のお買い物で
IMG_0345.JPG


あとはバラマキ系のもの少々という感じ。
DSCN3576.JPG


ところで、各地の空港のそういう売店、どこも店員さんが一人で切り盛り(国際線の免税店・カフェだけは例外的に複数人いる)しているので、その店員さんが席を外す用ができるといきなりガラガラとシャッターを閉じて「閉店」してしまう。で、戻ってくると再び「開店」する。

飛行機待ってしばらく座って眺めているとお店が開いたり閉じたりしているのがなかなか不思議な光景だった。日本のお店と店員の方ががんばりすぎなんだよな、きっと。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント