ロシアのビザ事情(2019年8月版)

私の家族でロシア(またはソ連)に行ったことがある人がいなかったため、ロシアは危険なところ、なんでわざわざとうるさく、半分喧嘩(極東ロシアに比べて西欧諸国や米国が安全とも思えないのが昨今の状況だと思うが)になりましたが、今の日本国民が享受している「ビザ申請の手間をかけることなく世界の大抵の場所に観光に行くことができる」がロシアには通じないのも原因の一つかなぁと。

というわけで、ビザがないとウラジオストクもハバロフスクもユジノサハリンスクも、シベリア鉄道も楽しめません。航空券があり、ホテルを予約していてもビザがなく入国できないのでは旅行になりません。というわけで、観光ビザの取得と旅行中のパスポート携帯(ロシアでは法律上の義務)は大事。

最近、ロシア旅行をする日本人が増えているという話があり、その大きな要因になっているのが一都市のみの滞在なら利用できる電子ビザ制度。
平日に大使館に行って並んだりすることなくWeb上で必要事項を書いて登録すれば入手できるという簡便さ。

ただ私のように、複数都市を巡ったりすると電子ビザの恩恵は受けられないので、普通に観光ビザの発給を申請することになるのですが。


この辺の制度、最近の数年間ころころと状況が変わっているそうで、

・電子ビザは極東方面だとウラジオストク滞在のみ、だったのが、他のいろんな都市の単独滞在にも適用(2018年から徐々に拡大)

・東京のロシア大使館の混雑緩和のために、ビザ発給専門のセンター開設(2019年4月)

・ロシア大使館でのビザ発給は事前のWeb予約がないと受け付けてもらえないことに(2019年6月)

となかなか大変。今回の3都市(ハバロフスク、ユジノサハリンスク、ウラジオストク)もその街しかいかない!と決めれば全て電子ビザの対象都市です。


観光ビザ - 在日ロシア連邦大使館

2019年6月3日からロシア大使館領事部にビザの申請の際 事前予約

電子ビザ申請(トップページ)

極東電子ビザ

ロシアの公式ビザセンター


という具合で、慣れないビザ申請のハードルが高い。参考になるのは↓のような体験者の話。

ウラジオ簡易ビザの申請から入国まで!!(電子ビザで2都市訪問不可注意 ex)ウラジオーハバロフスク等) ウラジオ.COM

【ロシア観光ビザ】自分で申請する手順と待ち時間、注意すること!

【ロシア観光ビザ】個人での申請方法と取り方【2019年版】

電子ビザなら数日前でも簡単に発給を受けられるが、複数都市滞在で観光ビザを、ということになると、2-3週間はみておかないとかなり高額(10日以内の発給要求は手数料が高い)になってしまう。旅行に行く1か月前くらいにはビザを取るための行動をしましょうね、という話。


で、

(1)有効期間が6か月以上残っているうえ、空白のページが2ページ以上あるパスポート

(2)3.5×4.5センチの証明写真(写真内の7割がその人の姿になるくらいアップの写真が必要で無地背景など条件がいろいろある)

(3)ロシア内の組織による旅行手配情報(ホテルからの証明書などらしいが、通常はどこかの旅行会社に発行してもらったバウチャー)

を準備する必要がある。(3)が曲者で、ネットでは20米ドルくらいでロシアのバウチャーを入手できるサービスもあるが、初めてのロシア旅行でそういうことをやって無事に時間内に書類がパスするかわからないので、日本国内のロシア旅行の業者に代行をお願いする(当然、全部自分でやるよりお金がかかるが、申請と引取りで平日に2回ビザセンターに行って、申請書が不備とされたらさらに…みたいなリスクを考えれば)ことに。

別に国内の大手旅行代理店などもやってくれるが、

公式のセンターと酷似した名前(結果的になってしまっただけで、こっちの方が古く、公式と関係ないただの民間の業者)の

ロシアビザセンター

を利用することに。

Web上で申請したい内容を入力して、パスポートや写真を郵送すると3週間弱で、ビザが印刷されたパスポートが送り返されてきました。


そのビザが印刷されたパスポートを入国審査時に提示すると、係官が入国カードを作成してくれるので、提示された紙に2か所サインをすると、半分切って、残りをこちらに渡してくるので、帰国時までパスポートと一緒に保管する義務がある(ロシアを出国するときにその半券が回収される)。

ロシア滞在中はパスポート携帯義務があるうえに、今回の旅行では私が頻繁に飛行機で移動(当然だが空港で何度もパスポートを出したり入れたりしている)し、ホテルへのチェックイン(パスポートをフロントに一度預けて、ホテル側が「こいつは確かにここに泊まっている」という登録作業をする)する関係で、パスポートをしょっちゅう誰かに提示しているので、このぺらぺらの紙を途中で失くさないだろうか、というのはずっと気になっていた。


なお、家族が怖がるので、ビザのこととは別に、日本国外務省の情報はチェックできるようにしておくのは大事。

外務省安全情報(ロシア)

「たびレジ」海外安全情報配信サービス


ついでに、地元観光情報や街歩きのマップ、レストランの情報なども手に入ったりしたのでなかなか優秀。

ハバロフスク総領事館

ユジノサハリンスク総領事館

ウラジオストク総領事館

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント