いーわん情報源 たまには日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 展覧会「光琳と乾山 − 芸術家兄弟・響き合う美意識」

<<   作成日時 : 2018/04/29 22:30   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

桜が見られるのはもう東北の北部や山の中、北海道になりつつありますが、ゴールデンウィークは、各地で花が見ごろ。つつじバラや、藤の花など・・・最近はネモフィラが人気、というところでしょうか。個人的に毎年見ているのが、根津美術館のカキツバタ。今年は早めに咲き始めたので、もう見ごろ後半という感じです。


根津美術館

でもって、カキツバタを見に毎年通うと、必然的に光琳の国宝屛風とも毎年ご対面になります。熱海の紅白梅図みたいなものかな。

画像


今年は光琳や琳派ではなく、乾山の方に若干重心を傾けた模様。

画像


いつも通り大きな部屋には屏風が展示されていますが、第2室は書画、2階の第5室に行くとやきもの、ということで乾山作品がかなりたくさん展示されています。平皿に絵が描いてあるものが数点出てくる程度が多いので、これはかなり珍しい。特に書画、乾山の手がけた掛け軸は今回初めて観たかも。


でもって、やきものも珍しいのが。
百合をテーマにした乾山作の向付皿があるのだけど、これは茶室(第6室)に行くと同じテーマの仁清のものがあって、こっちは皿の形だけで「百合の花」。乾山のは、その皿の中に花弁を描きこんで百合と、違いが確かめられるように展示されていたり、

やはりはじめて見る乾山作のタンブラー(筒向付)10客セットは、内側の底まで描かれていて、ちょっと欲しい(笑)


でもって、日曜の昼下がりなので、大変混雑しているが、皆さんのお目当ては庭園のほう。

画像


画像


どの撮影角度にもカメラかスマホを持った人がいるのでなかなか観るのも大変です。


ところで、今回と次回の展覧会のあと、工事で夏の間はお休みになる模様。紅葉のシーズンには少し新しくなった根津美術館になるようですね。

画像




「光琳と乾山 − 芸術家兄弟・響き合う美意識」
会場:根津美術館
休館日:毎週月曜日 ただし4月30日(月)は開館
開館時間:午前10時〜午後5時
夜間開館:5月8日(火)〜13日(日)は午後7時まで開館

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
展覧会「光琳と乾山 − 芸術家兄弟・響き合う美意識」 いーわん情報源 たまには日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる