いーわん情報源 たまには日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 本「10000円のカレーライス」

<<   作成日時 : 2016/07/27 22:51   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

サブタイトルの「NPOで見つけた心にのこる物語」までつけておかないと、グルメ本と勘違いされてしまいますかね?日本財団のNPO支援活動の一環。各NPOの活動の中で起こったちょっといい話、素晴らしい出逢いのお話を切り口に、それぞれのNPOの存在と活動を広報するための本です。


日本財団

CANPAN NPO+

NPOなど、公益活動を実施している団体に関する全国規模のデータベースを整備し、各種団体のブログを紹介するリンク集などを載せて、「どこでどんな団体が活動しているのか」を一覧的にみられるサイト作りをしています。


何せ、
内閣府NPOホームページ

によると2016年4月30日現在で、5万超の認可団体が存在するとのこと。私の周りでもいくつかNPOが活動していますが、さすがに多すぎて棲み分け競争が大変そう・・・

当然、SNSやブログ、メルマガなどで情報発信しつつ、共感してくれる人とのご縁を結ぼうとしているわけですが、先ずは何はともあれ、活動を紹介しないとね、という位置づけで、この本が生まれたのかな、と。



障碍者介護やその家族への支援、発展途上国の恵まれない子どもたちへの支援、地雷除去事業、被災地支援事業etc.etc.

社会に対して何かの問題意識を持ち、あまつさえ、その解決のために「小さいことでもいいから」と自ら取り組む人たちが経験した、21のストーリーを読むことができます。

まぁ・・・この手の「いい話」は、インターネットのSNSの世界の中でシェアされてくるもので食傷気味と言えなくもないのですが、そういう消費材としての美談ではなくて、

「なんで、そんな大儲けになるでもなく、社会に大きな影響を与えるわけでもない、『小さなことからコツコツと』なことをあなたはやっているのですか?」

に対する答えとしてのお話をじっくり噛みしめてみるのもいいのではないかと。

なお、10,000円のカレーとは、石巻の復興支援活動をしている高校生たちが出逢った「このカレーのお値段はお客様が決めてください」に対するあるお客様の行動のこと(本のStory 2)。

ちなみに世の中には、「本当に定価が1万円」のカレーライスも存在します。

国内最高峰の価格「1万円カレー」を食べてみた / 伊勢海老の存在感がスゴくてカレーが完全にオマケ (笑)

1万円のカレー

別に比べるつもりはないし、3つとも食べてみたいカレーではあるのだけど、それぞれに価値があって、意味づけの異なる「10,000円」がそれぞれに対して支払われる。そういう「いろんなことがある世界」はいいですね。



10000円のカレーライス NPOで見つけた心にのこる物語
日本実業出版社
日本財団CANPANプロジェクト

Amazonアソシエイト by 10000円のカレーライス NPOで見つけた心にのこる物語 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
本「10000円のカレーライス」 いーわん情報源 たまには日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる