いーわん情報源 たまには日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 2020年、都心繁華街上空を旅客機が飛ぶ?

<<   作成日時 : 2015/10/20 21:59   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

定期購読で送られてきたFACTAを読んでいたら、「知らなかった・・・」な記事があったので、少し自分でも調べてみた。羽田空港の発着量増大のため、今まで避けられていた 「都心上空から羽田空港に着陸する」を実現させる予定なのだとか。


羽田発着「都心低空飛行」の物議(FACTA online 2015年11月号)


羽田空港の航空機離発着の過密ダイヤぶりについては以前から言われているところだけど、実はそれにはまだ改善の余地があって、それが「羽田空港への進入経路の変更」でもう少しさばける飛行機の数が増やせるので、それを実行に移したい、と国交省が根回しを始めている、という話。

何せ国内線ばかりか、一部国際線も入れているし、オリンピックをにらんで輸送力を上げておきたい事情はよく分かる。


で、そのための実現の方策は、「その時々の風向きで変わる羽田への進入ルートの中で、今まで使われていなかった空域を新たに使う」ということ。その「未開放の空域」とは・・・渋谷や新宿の上空から羽田に向かうルート。


2-4.新しい飛行経路 - 羽田空港のこれから - 国土交通省


今回新たに使うことにしようとしているルートは、この地図によれば、埼玉県の朝霞や和光の方から、練馬・中野の住宅地の上空(1,000mくらいの高さ)を通って徐々に高度を下げ、

新宿・渋谷・恵比寿の上空から、青山・六本木・麻布・白金(高度600〜900mくらい)を抜け、大井町駅の上空(高度300mくらい)と高度を下げて、まっすぐ羽田空港に下りる、というもの。今の、主に千葉方面から羽田空港に進入するやり方に比べ1時間あたりの発着回数を10便も(80→90便)増やせるのだとか。


航空機の事故発生確率はさほど高いものではない(もし発生してしまったら、人口密集地域への墜落事故とか、その後のことを考えたくもない大惨事になるが)し、その事故確率を下げるためにも「風向きに対して一番良い進入ルート」が使えるようにするのはいいことであろうし、羽田が24時間空港ではない中で1時間10便もの枠拡大(年間だと2万回以上の増加)は、いろいろと便利なのでしょう。


ただ、地上から見れば十分離れているのかもしれないけど、東京都庁(高さ243m)、六本木ヒルズ(高さ238m)、東京タワー(高さ333m)などの近くを降下していくことになるので、実際にはかなり「いろんなものの近くを飛行機が通過する」風景になりそうな気がします。都心部で空にカメラを向けると高い確率でジャンボジェットが映り込むようになるのかも。

あと飛行機の高度がかなり下がってくる品川地区に高層ビルが建てられなくなるから、その辺の再開発計画に影響が出たりするのかな?

さらに、説明資料によると

「航空機の音は、都市部の様々な騒音の中に紛れ込むし、さほど大きくない」というニュアンスなのか、

新宿で63db〜70db、恵比寿や渋谷で68db〜74db、大井町付近で76〜80dbであるとの試算が出ているけど、

70dbって↓電車の車内並の騒音で・・・

騒音の目安(都心・近郊用)(出典「全国環境研協議会騒音小委員会)


その騒音が、朝の時間帯(朝の6時から10時半)と、夕方の時間帯(午後3時から7時)に最大で1時間31回もやってくる(北風の日の最大試算、南風の日の場合は朝の時間帯の飛行はなくなる。)となると、新たに頭の上を山手線くらいの頻度で飛行機が通ることになる、くらいの騒音インパクトがあるのでは?という気がするのですけど・・・

さらに都心部にたくさんあるビルが、風の流れや音響反射に影響を与えて「航空機騒音の特に大きい地点」みたいなものを生み出す可能性はないのか、という点も気になるのですが、その点は説明はないようです。


よく分からないのは、

航空機騒音に係る環境基準について(環境省)

が認めている航空機騒音の基準は住宅街で57db以下であること。それ以外の地域でも62db以下であるため、試算通りの騒音だったとしても、環境基準をもし守るとしたら、その達成のための「防音工事」施策が広範囲で必要になりそうな気がするのですが、国交省の資料にその点も説明は一切なし。

というか、防音工事の対策は、空港周辺のごく一部でしかやらないみたいなのですが。

なお、着陸があれば離陸もあるのだが、ゲートブリッジの方を経由して荒川の真上を急上昇するルートなので、スカイツリーの近くを通る以外は着陸ほど「陸地の上!」という感じはなさそう。荒川沿いは住宅も多いけど、騒音インパクトがどんなものなのかは少々イメージしにくい。湾岸のタワーマンションに騒音の影響が出たりするのかな?


ともあれ実現の暁には、東京都内の代表的なビルと青空と飛行機、みたいな写真がたくさん撮られるようになり、都心の高層ビルやマンションの上層階にいる人たちは今よりもウルサイ環境になる、という感じなのかな。着陸する飛行機の窓から見下ろす風景も派手になりそうですね。



カラー図解でわかる航空管制「超」入門 (サイエンス・アイ新書)
SBクリエイティブ
藤石 金彌(ふじいし きんや)

Amazonアソシエイト by カラー図解でわかる航空管制「超」入門 (サイエンス・アイ新書) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
ご無沙汰です。
以前、葛西に住んでいました。葛西は悪天候時だけですが、羽田への着陸ルートになっていて、タイヤが見えるような高度で飛行機が着陸してます。けっこううるさかったです。とにかく、いったん着陸ルートになると山手線並みに続けて飛行機来るのでつらいですね。
k
2015/10/22 06:08

コメントする help

ニックネーム
本 文
2020年、都心繁華街上空を旅客機が飛ぶ? いーわん情報源 たまには日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる