いーわん情報源 たまには日記

アクセスカウンタ

zoom RSS MERS情報収集用リンク集(個人メモ)

<<   作成日時 : 2015/06/10 21:52   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

自分が飲んでいる薬との関係で、人の行き来が多い隣国で感染症が拡がっている、はとても気になるので、いざと言う時のために情報を得るためのサイトをクリップしておこうかと。


病気の原因になっているのは
コロナウィルス

で、中東でラクダか何かが媒介しているのではないかと疑われる感染症ウィルスが、今回問題になる、Middle East Respiratory Syndrome Coronavirus(MERSコロナウイルス)

たまたま中東からこのウィルスに感染した者が帰国したうえで、発熱してあちこちの病院を渡り歩いてしまったため、韓国国内で流行してしまった、という状況。
飛沫感染で空気感染するような変異は認められていないので、マスク・消毒の徹底などによる予防が今のところ有効?みたい。

(これも分かり易い記事)
MERS 知っておくべき6つの事(NHK NEWSWEB Web特集)



国内の公式情報を取るとしたら、とりあえずこの2つをチェックしておけば良さそう。

中東呼吸器症候群(MERS)(国立感染症研究所)

中東呼吸器症候群(MERS) Middle East Respiratory Syndrome (東京都感染症情報センター)


現時点では病気に関する概要知識は、これでいいかな?

中東呼吸器症候群(MERS)に関するQ&A (厚生労働省)

都民向け情報リーフレット「中東呼吸器症候群(MERS:マーズ)とは?」(PDFファイル)


しかしまぁ、

問3 MERSにかかると、どのような症状が出ますか?
主な症状は、発熱、せき、息切れなどです。下痢などの消化器症状を伴う場合もあります。MERSに感染しても、症状が現われない人や、軽症の人もいますが、特に高齢の方や糖尿病、慢性肺疾患、免疫不全などの基礎疾患のある人で重症化する傾向があります。
 (厚生労働省FAQより引用)

そんな思いっきり風邪と同じ症状では、見分けがつきにくくて辛いですねぇ。


でもって、未だ日本国内での患者はいないので、海外から入ってこないかどうかが問題なわけだけど、空港等での検疫体制と、海外での流行情報などをまとめてくれているので、とりあえずこっちを見ておけばよさそう。

FORTH (厚生労働省検疫所)

外務省 海外安全ホームページ


当然、公式があれば、非公式というか民間の有識者が独自にまとめてくれる情報が有用なことも多いわけですが、今のところ、

世界的感染症(パンデミック)の追跡記録と個人的コメント(外岡立人さんの個人ページ)

最新、中東呼吸器症候群(MERS)コロナウイルス情報(特定非営利活動法人JAMSNET東京)


辺りがいいですかね?韓国の流行が早く収まるといいのですけど。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
MERS情報収集用リンク集(個人メモ) いーわん情報源 たまには日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる