いーわん情報源 たまには日記

アクセスカウンタ

zoom RSS [メモ]投票先を考えるのに役に立ちそうなサイトを少々

<<   作成日時 : 2014/12/11 22:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

この時期にこんな記事を書いても問題にならない、というのが公職選挙法が変わった成果。政治ネタはイマイチ扱いにくいけど、個人的なメモとして。


面白いな、と思ったのは

その候補、国会で何してました? 議員活動が丸わかりのDB


46期衆議院議員活動統計

というデータがあって、各議員の発言集や委員会への出席回数などの一覧があります。よく出席する議員が良い議員か、という問題はありますが、「全く何もしていない」議員が、「現職」として実績があると評価されるべきなのかというのは一度確かめておいた方がいいのかも。


マニフェスト・公約なるものを信じても意味がないのは、政権をとっても公約をほぼ実現できなかった民主党や、前回選挙でTPP阻止って叫んでましたよね?な自民党を見るまでもない気はしますが、少なくとも、今「どの政策で歓心を買おう」と彼らが考えているのかは分かるのではないかと。

衆議院選挙 各政党のマニフェストはどんな内容?


なんかチャートでどこに投票したらいいのか決められないの?な方向けのツールを毎日新聞が。

争点に関する質問に答えることで、自分の考えと政党や候補者との考え方の近さを「一致度」として表示するツール

毎日ボートマッチ(通称・えらぼーと)

他にもネットを見ればいろいろあるようです。



個人的には、そういう「主張している」政策ではなく、

【総選挙2014】首相が「どの論点を避けているか」にも目を向けてみる
山崎雅弘(戦史/紛争史研究家)


こういう記事にも目を向けておいた方がいいかもね、とは思うところ。


でもって、ネット選挙解禁になったんだなぁ、というのを実感したのが、

自民党議員100人落選キャンペーン

このサイト。他国でよくこういうのが行われている、というのを聞いていたけど、日本でもやるようになったんだ、と感慨深いものが。


ちなみに、海外からの視点として、「自民党は海外記者クラブからの選挙に関する記者会見の申し入れを蹴った」と報道されているのは「おやおや」というところ。内向きなのねぇ。


Japan's ruling party accused of shying from election questions (英国のDailyMail紙)



最後に注意しないといけないのは、

「支持政党なし」という名前の政党が存在するので要注意【前身は安楽死党】


何でも比例政党に「支持政党なし党」というのがあるので、「自分は既存政党への不信を積極的に表明するぞ」とやると、そこの党への投票になってしまう可能性があるのだとか。面倒な世の中です。


なお、同時に最高裁判事の審査もあるので、こんなのも。まぁ、まとめ方でバイアスがかかるので、他にも探してみることを推奨。

【選挙】国民の90%くらいが「最高裁裁判官の国民審査」を適当に出してるので審査対象の判事をまとめたよ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
[メモ]投票先を考えるのに役に立ちそうなサイトを少々 いーわん情報源 たまには日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる