災害時に無線LANを使う時には「00000JAPAN」を使え

以前の地震災害と様相を異にするのは、とにかく携帯電話や携帯端末によるネットワーク利用が隅々にまで行き渡っていること。災害時の安否確認、情報提供にインターネットが必要で、「さて、回線はどうやって繋いだらいいのやら」という問題への対応も考えられているようです。


全てのキャリアの通信回線が生きていて、使える通常時ならともかく、

災害時には、
こっちの通信キャリアはかろうじて通じるが他のはダメとか、
避難所にタブレット端末を持ってはきたものの、元々自宅の無線LANで通信していたので、避難所ではネットに繋がらないといったことが起きるはずで、

その時に、多くの人に回線を使わせるための手段が必要になりそう。


解決策として、

災害時に公衆無線LANを無料開放 世界初の統一SSID「00000JAPAN」策定 - ITmedia ニュース

【災害・IT】週アス:大規模災害時には無料のSSID“00000JAPAN”に接続!


というのが検討されているようで、

災害時には、各キャリアが、「00000JAPAN」というIDで、自社の無線LANネットワークへの接続を無料で許可することで、「自分が使える回線を失った」人を救済できる仕組みにしようとしているようです。


実際に災害にならないとどう使えるのかよく分からないですけど、たぶん、Wifiのネットワークを選択するところに「00000JAPAN」というのが出てきて、それを選択するとパスワードを求められたりすることなくネットワークに繋がってインターネットできるようになる、ということではないかと。

72時間以内に接続できるようになる、ということなので、災害後すぐに使えるようにはならないでしょうけど、連絡のつかない人の居所が見つかるまでの時間がこれで多少は短くなったりするといいですね。





Amazonアソシエイト by Googleの72時間  東日本大震災と情報、インターネット の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック