いーわん情報源 たまには日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 「本日小田日和」ではさすがに走らなくなってきたようで

<<   作成日時 : 2014/07/23 22:28   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

3年ぶりの新譜発売を機に行われている小田和正のコンサートツアー、東京体育館の2日目、日曜の公演のチケットが手に入ったので行ってきました。


ツアーの公式サイトはこちら
http://www.k-oda2014.com/index.html

画像



オフコース時代から数えると40年強?の活動期間を反映して、おばあさんが子や孫と一緒に、とか私みたいな中年世代のおじさん、おばさんとか、普通に若い子たちとかが1万人収容の会場にいて、なかなかカオス。今回も3階席ですが、列が前の方(3列目)だったのはラッキー。会場内をぐるっと周回する花道が全部見下ろせる場所というのはなかなか無いので嬉しいです。


で、新しいCDを引っ提げてのツアーですから、事前にCDを聴いてみるのだけど、何となく「静かな語りかける感じ」の曲が多い。まぁ、元々、観客総立ちで最初から最後まで盛り上がるようなコンサートやる人ではないけど、今回のはどうなるのかなぁ、と思っていたら、

一部抽選で上がっている観客もいるステージと、そこから伸びてアリーナを1周する形で配置される花道があって、歌いながらあっち行ったりこっち来たり、ぐるぐる回っては、花道沿いのお客さんと盛り上がったり、マイクを替わって歌わせたりするのはいつも通りなのだけど、

何というか・・・走らない。東京ドームみたいな大きな会場よりは小さいので、自転車が出てきたりしないのは当然だけど、基本的にずっと歩き続けているイメージであって、途中でダダダッと走っていくことが少なくなった気がする。


だから、最初の方とか、途中休憩明け(いつものトボけたご当地紀行ビデオは安定のクオリティ。そういえば、花やしき、行ったことないなぁ)とかの一部を除いて、座って聴く時間が長くなった気がする。

会場の真ん中に設置された「島」の上にあるピアノでの弾き語りスタイルで歌う曲が4,5曲?あるのがまた「走らない」というか「動き回らない」イメージを強化しているのかもしれないけど。


あと、新CDに収録された10曲を全部演奏したし、コンサートの最初の方で「CDのメイキングビデオ」を流すなどの趣向もあったので、CD販売のプロモーションにいつもより力入れているなぁ、というのは感じた。このクラスの歌手でも大変なのだろうか。

そもそも購入したときに特典とかがついてこんな風になるんだものなぁ。

画像



自分でメモってたわけではないので、完全に正確かどうかは検証していないけど、

http://www.livefans.jp/events/270050

のサイトによると当日の演奏リストはこんな感じ。


そんなことより 幸せになろう
キラキラ
風と君を待つだけ
the flag
Yes-No
愛を止めないで
mata-ne
ラブ・ストーリーは突然に
彼方
言葉にできない
その日が来るまで
愛になる
Re
やさしい雨
二人
やさしい風が吹いたら
東京の空
この街
明日
たしかなこと
今日も どこかで
やさしい夜

アンコール #1:
もっと近くに
ダイジョウブ

アンコール #2:
今のこと
YES-YES-YES
hello hello
生まれ来る子供たちのために


個人的には好きな曲が多いので満足でした。10月の武道館、チケット手に入るかなぁ・・・



小田日和
アリオラジャパン
2014-07-02
小田和正

Amazonアソシエイト by 小田日和 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「本日小田日和」ではさすがに走らなくなってきたようで いーわん情報源 たまには日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる