いーわん情報源 たまには日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 給与所得者も今年度はちゃんと領収書やレシートを集めた方がいいという話

<<   作成日時 : 2013/04/07 22:41   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

給与所得者のスーツ代や書籍代、通勤費などが今年度から支出控除できるようになるらしい、なんて通知が昨年の9月に出ていたとは知らなかったですね。

平成25年分以後の所得税に適用される給与所得者の特定支出の控除の特例の概要等について(情報)(国税庁)


ざっとまとめると、

その年中の給与所得控除額の2分の1に相当する金額と125万円のいずれか少ない方を上限にして、給与所得者も支出控除が受けられる、という話。

控除対象になるのは、

通勤費、転居費、研修費、資格取得費、帰宅旅費、勤務必要経費の6つ。


通勤費はつまり定期代、

転居費というのは、「転勤時の」なので、普通に「別の町に住みたくなった」はダメ、

研修費は、いわゆる座学受講の費用で、そこに行くための交通費も控除対象になるらしい。問題は「職務の遂行に『直接必要』な技術又は知識」の範囲かな?

資格取得費は、会社と費用折半で資格取得を目指すケースとかの自腹分みたいなのが対象になるのですかね?

帰宅旅費は、単身赴任者が家に帰ってくるみたいなケース、

最後の、勤務必要経費には、書籍代、新聞などの定期刊行物購入のための図書費、スーツや制服などの衣服費、取引先との飲み会や手土産などの交際費が計上できるようです。


ただし、厄介なのが「職務に関係ある支出であることの給与支払者側の証明」。

控除を申請するために、たとえば、「法務担当者が自腹で、法律系の雑誌を購読した、自社の業務と関係ある法分野に関する書籍を購入した」ことを会社側に裏書してもらわないといけないということ。

その社内手続きが面倒くさい、ということになりそうな話ではあります。

実際、来年の確定申告時?に申請するかどうかはともかく、買い物をしたときのレシートはとりあえずとっておけ、ということですかね。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
給与所得者も今年度はちゃんと領収書やレシートを集めた方がいいという話 いーわん情報源 たまには日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる