いーわん情報源 たまには日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 辛いというよりは痺れる四川料理@歌舞伎町

<<   作成日時 : 2013/03/23 16:34   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

会社の同僚が、歌舞伎町に辛い中華の店があるから行ってみよう、という話をしていたので、ちょっと出かけてみた。

川香宛2号店(食べログ)


まぁ、レビュアーの写真だけでもなかなかの赤色比率の高さを見せているので、どうなることやら、というところ。念のため、店に行くのも休前日にしてみたり(笑)。

店としては四川料理の店なので、三峡下りの時に重慶に行ったことがある身としては、まぁ、大丈夫だろう(喉元過ぎれば熱さは忘れる派)と思っていたのですが・・・

茄子の料理(茄子が見えないんですけど)
画像



鶏の料理(比率的に唐辛子の方が多くて、何か勿体ない感じになるのですが)
画像



スペアリブ(相変わらず唐辛子が付け合せの域を超えてる)
画像



といった感じで、確かに赤々しい。辛いといえば辛いのだけど、行くまですっかり忘れていたのは、四川は「山椒」をたくさん使うこと。辛さではなく痺れる方が主体だった!


というわけで、箸休め的な料理を入れておいても、舌がおかしくなっていて味が分からない・・・
画像



まぁ、〆が、これと白飯の人たちにはあまり意味はない話ですっかり堪能しましたけど。
画像



暑い時期に食べたらかなり汗をかきそうです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
辛いというよりは痺れる四川料理@歌舞伎町 いーわん情報源 たまには日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる