いーわん情報源 たまには日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 東京駅で野外の無料イベントは危険すぎるということか

<<   作成日時 : 2012/12/25 22:06   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

結局、予定通り(?)上映できたのは、21日(金)と22日(土)の2日間だけ。23日(日)は早々に中止で、クリスマスイブ以降は完全中止になってしまいました。

21日から1週間、東京駅でプロジェクションマッピング(2012/12/20)


東京駅の丸の内駅舎の外壁に映像を投影するショーをやって、丸の内のライトアップを盛り上げようということだったのでしょうけど、物珍しいイベント(それも無料)が、極めて交通の便のいい場所で行われていたら、まぁ、人が集まるわなぁ。


残念ながら、24日以降は、車道に人がはみ出すなどの危険があるため、ということで最後まで中止になってしまいました。

中止のお知らせ。
https://www.facebook.com/tokyo.michiterasu2012/posts/311289225655120

朝日新聞のネットニュースによると、

実行委では、見物客2万人を収容できるとして駅舎前から行幸通り周辺を「観覧エリア」として案内した。ところが、23日午後6時ごろには2万人以上がつめかけ、車道にまで人がはみだした。

 丸の内駅舎では9月にもJR東が主催する同様のイベントがあったが、初日に見物客が殺到。予定より早く終了した。今回、実行委は警備員と誘導員を100人増やして計400人配置したが、予想以上の人出に現場は混乱。順路を示すコーンが倒されたり、誘導員のいない歩道でも多くの見物客が立ち止まったりした。



実は、9月のときと違い、丸の内駅舎の中央口周辺しか使わないので規模が小さくなっていたのですが、それは実際に見るまで分からない情報だったので、9月の映像を見て自分も見てみたい!と思った人がこのチャンスに集まってしまったということでしょう。


私は22日に京橋の方で用事があったので、その帰りに観てくることができたのですが、18時からのはずなのに、17時20分頃に行ったらもうかなりの人混みが。繰り上げて17時半に始めてくれたので、あまり寒い思いもせずに済んだ、というラッキーな話はさておき、そのあと、現場から脱出するのが大変でした。

画像


行幸通りの見物コーナーには「皇居側」から出入りすることができない仕組になっていたので、上映ごとの完全入れ替え制とアナウンスされても、出る人と入る人が押し合いへし合いすることになるし、

縦長のスペースで2万人収容と言われても、最前列近くを除けば、前にいる背の高い人が邪魔でよく見えない(子供連れのグループとかが往生していましたけど、こういう時に限って見えそうな場所は立派なカメラを持っている方々が押さえているのですよね)、

せめて入口と出口を分けて出る人と入る人がぶつからないようにするとか、
大量の人を並んだ順番に一方向に動くように誘導する初詣やコミケ?の方式でも取り入れないとダメなのではないかな、という気が。

でなければネット予約か何かで整理券を配るとか。


映像はなかなか良かったのですけどね〜
無料イベントで事故を起こして責任を追及されてもかなわないし、実際に混雑の混乱を見た者としては、中止になってしまうのは仕方がない気がします。運営を見直して再チャレンジできるといいですね。


主催者側から、公式の映像が公開されました。ハイビジョン動画で見ることができます。
http://youtu.be/-JtM6GwIQhk


観客視点での動画もご紹介。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
100周年記念で「東京駅のレンガ壁」を東京駅で展示中
東京駅の開業100周年ということで、丸の内北口改札(OAZOに近い方)のところにある東京ステーションギャラリーで珍しい展示をしているということだったので観に行ってみました。 ...続きを見る
いーわん情報源 たまには日記
2014/11/26 22:28

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
東京駅で野外の無料イベントは危険すぎるということか いーわん情報源 たまには日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる