いーわん情報源 たまには日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 本「銃・病原菌・鉄 1万3000年にわたる人類史の謎」

<<   作成日時 : 2012/07/23 22:51   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 0

もう15年くらい前に、マイクロソフトが出していた"Age of Empires"というのをやっていた時期があった。エジプトとかヒッタイトとかギリシャとかの民族を選び、住民が狩猟採取生活から農耕を初めて生産力を上げ、様々な技術を開発し、軍を整備して周辺他民族を征服するゲーム。そこには冷徹な事実が。最初に村落の中心としてあてがわれた場所の近くにどれだけの資源があり、そしていかに早く我が物として利用できたか(いかに次の文明時代に早く達したか)で、ほぼ勝敗を決するということ。

この本は、10年くらい前に単行本でドーンと積まれていた時から気になっていた本。文庫化されたのを機に読んでみることにしました。

この本の妙なタイトルは、

「ユーラシア大陸、それもヨーロッパの諸民族が、ユーラシアの他地域、南北アメリカやオーストラリア大陸、アフリカを含む世界を制するに至った究極の原因は何か?」

に対する著者の組み立てた一番目の答えです。


全世界の歴史を俯瞰的に眺めてみれば、

人類に大きな恩恵を与えた技術的な発明は、中国発のものが多いし、

全世界に広がっていく航海術は、古代のポリネシア民族において独自のものがあり、現に太平洋のかなり広い地域にその子孫たちが広がって住んでいる、

一時期ギリシャは文化的な発展を見せたかもしれないが、その技術の後継者は中東のアラブ圏であって、中世ヨーロッパではない。

近代ヨーロッパが、早く文明(産業革命)を発展させたことに原因を見出すのなら、いわゆる四大文明の地はなぜ、そのまま産業革命までリードを保たなかったのか。

南北アメリカ大陸とオーストラリア大陸は、そして、人類の発祥の地であるはずのアフリカは、なぜ、他の地域に征服される運命に甘んじないといけなかったのか。


ヨーロッパ人が世界を制して大植民地時代を築くことができたのは、

長大な遠征事業を支えられるだけの資力があり、また、侵略先との間で軍事技術に大きな差がある状態だった、

無自覚なまま侵入者側がもっていた病原菌に対して、侵略先の人々がが耐性を持っておらず、そうした病に倒された、

からであるが、それは「ヨーロッパ人」が他の人種より発達していたからでも、何らかの能力に長けていた(ある種の狡賢さについてはそうかもしれないが)からでもない。


その原因を因果関係で遡っていくと・・・という論理構成で、その「究極の原因」にたどり着こうとする本です。


最終的には、あの時、あの人々が住んでいた場所がこれこれという環境だったから、数千年後の今、世界の覇権を握っている、というある種他力本願な結論になるのだけど、

優秀民族と劣等民族がいるのではなく、地域や天候、周辺民族との交流などの環境要因による運不運があっただけだ、というのは、人種差別に対する反論としてはいいところなのかも。


Age of Empiresは、採取による食料集めは早い段階で終わってしまうので、最終的には周囲の森を切りつくすまでに周囲を滅ぼして新しい場所を手に入れるなりしないと、民族の発展(と戦争の)継続力を失って、敗北することになるのですが、

実際の文明も似たようなもの。

文明発祥の地として肥沃な地域だった中東地域やエジプトが砂漠と化したのも、
アメリカ、オーストラリア大陸で家畜となりうる大型動物を見出せなかったのも、

再生産能力を超えて、使い尽くした結果起きたこと。

たくさんあるから大丈夫、とやっているうちに無くなってしまい、それを元に成り立っていた発展を支えられなくなって、全てが失われてしまうという「振り出しに戻る」事態

は、この1万年の間、様々な規模で行われた失敗のパターン。

現在の地球において新天地がどこかから出来てこない限りは、その点を踏まえておかないと、地球規模で「振り出しに戻る」が起きるよ、ということが言えるのかな?




文庫 銃・病原菌・鉄 (上) 1万3000年にわたる人類史の謎 (草思社文庫)
草思社
ジャレド・ダイアモンド


Amazonアソシエイト by 文庫 銃・病原菌・鉄 (上) 1万3000年にわたる人類史の謎 (草思社文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



文庫 銃・病原菌・鉄 (下) 1万3000年にわたる人類史の謎 (草思社文庫)
草思社
ジャレド・ダイアモンド


Amazonアソシエイト by 文庫 銃・病原菌・鉄 (下) 1万3000年にわたる人類史の謎 (草思社文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
本「文明崩壊」
昨年、「銃・病原菌・鉄」を読んだときに、何人かから「次の『文明崩壊』も面白いからぜひ」と言われてて、春に新刊も出たので、そろそろ読まなくてはと思って買ってきた本。先に、「2052」とかも読んでいるので、ちょうどシンクロしている感じになっています。 ...続きを見る
いーわん情報源 たまには日記
2013/05/22 22:34

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
本「銃・病原菌・鉄 1万3000年にわたる人類史の謎」 いーわん情報源 たまには日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる