いーわん情報源 たまには日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 本「僕と日本が震えた日」

<<   作成日時 : 2012/03/13 22:39   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

震災関連本シリーズ、最後にしておまけの1冊。ルポマンガですね。

元々、このように公開もされていた部分もあるマンガの連載で、

放射線の正しい測り方


この放射線関係のマンガで協力している、KEKの野尻先生が、

https://twitter.com/#!/Mihoko_Nojiri/status/176136501002899456

でこの「僕と日本が震えた日」ですが鈴木みそ先生「原稿料は全部寄付」でやっていて、本が売れないと無収入ですので、ぜひぜひぽちってあげてください。

とツイートしていたので、それは買うしかないということで協力させていただきました。

鈴木みそ


というわけで、ご自分の家族(お嬢さんはディズニーで一夜を明かし、奥様は六本木から徒歩帰宅、本人は自宅で被災)のルポに始まって、

出版業界への震災の影響、

筑波の粒子加速器実験施設への震災の影響、

復興や円高といった経済への震災の影響、

被災地訪問ルポに、

空間線量と食品線量に関する放射線計測法

を描いたマンガが収められています。


ある種の「なるようになるさ」的な感覚が底に流れていて、個人的にはそこまで割り切れないところはあるのですが、その結果としての淡々とした描写が、「今は、こう表現するのがギリギリのところなのかも」という気がして、まだまだ心の整理が出来ていない自分にも通じる感じがしました。

震災の本と言いつつ、半分以上が原発事故、放射線関連であるのが、今回の災害を象徴しているな、という気がしますけど、

これだけ大きな災害ともなると、最後の「生きてさえいれば」としか言えない状況はあるのでしょうね。



僕と日本が震えた日 (リュウコミックス)
徳間書店
2012-03-02
鈴木 みそ

Amazonアソシエイト by 僕と日本が震えた日 (リュウコミックス) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
本「僕と日本が震えた日」 いーわん情報源 たまには日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる