いーわん情報源 たまには日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 本「柿の種」

<<   作成日時 : 2011/10/12 23:24   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

とうとう、入手以来、読了までに一年間が経過してしまいました。夏目漱石の薫陶も受けた物理学者にして随筆家でもある寺田寅彦さんの随筆集です。

この本が気になった直接のきっかけは、

本「世界がわかる理系の名著」(2010/04/21)

で紹介されていたこと。その後、松丸本舗で見かけたので思わず買ってしまった、と言う話。


友人が始めた俳句の雑誌に連載した随筆を集めたものが主で、前文には、

「なるべく心の忙(せわ)しくない,ゆっくりした余裕のある時に,一節ずつ間をおいて読んでもらいたい」

ともあったので、寝る前とかの拾い読みで読んでいました。


だいたい1ページくらいの随筆なので、さっと読めます。でも、扱われている世界は大きい。

家の近くで見かけたちょっとした出来事やもの、出かけた先で見た人間模様や、ふとした風景、油絵を描いてみたり、哲学的な思いつきをしたためてみたり、友人向けにちょっとした出来事を報せてみたり、


そうした日常の中のちょっとしたものごとを記している中で、関東大震災が発生する。


地震後に出かけた銀座のにぎわいを見ての想いとか、

秦野に関東大震災で湖ができたのを見に行ったとか、

地震によって、あちこちの生垣や草木が無惨な死を迎えているかと思えば、その後で綺麗に咲いた花を見つけてみたり、


よくよく様々なものをよく見ていましたねという観察力とか、細かいものに目を向けて変化を見出すものの見方の切り口とか、を楽しんでいるうちに

なんか、よく出来た身辺雑記ブログを読んでいるような気分にも。

いっぺんに読むのではなくて、少しずつ読んで「あーあるある」とか、「そんなものかねー」とか「へぇ、そんなことが!」とか見て、

続きはまた今度、と楽しむ本でした。

岩波の寺田寅彦随筆集全5巻も面白いと聞くけど、チャレンジしてみようかなぁ。



柿の種 (岩波文庫)
岩波書店
寺田 寅彦

Amazonアソシエイト by 柿の種 (岩波文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
本「柿の種」 いーわん情報源 たまには日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる