やっと免許がICチップ入りに

最近はあまり運転する機会が無いので違反・事故の確率が低く、無事に「優良」のまま、ゴールド枠での更新になりました。

前回の更新が平成18年だったため、19年から始まった新免許証への更新に関しては最終グループになったって感じですかね。

ICカード免許証 :警視庁


今回は住所変更等もないので、一番楽な更新。ただ、更新手続きハガキに暗証番号を2つ用意してこいと言われたので、どういう設定をするのかと思ったら、

自分で入力した番号を血圧計の結果よろしく印字したものを持たされて、

免許証をもらうと、既に設定済み。機械にかざしてみることで、実際にどのように情報を表示できるかお試しできます、というのをやってみてから帰る、という感じでした。


免許証更新のセンターに丁度お昼時の12時に着いたら、窓口はガラガラ。講習まで時間が無い(12時15分からなので)から、とさっさと手続きを進めてくれたので、

ハガキ出してお金払って、睡眠時無呼吸症候群などを調べているらしい健康状態アンケートに答えて、写真を撮ってもらって、30分間の講習を受けて、

新免許証をもらうまでの所用時間が50分程度。

13時の方が混雑しているようでしたので、たまたまその時間に行ったのはラッキーだったようです。


講習会は、事故によって人生が暗転するドラマではなくて、交通ルール解説ビデオみたいなものになっていたのも少し驚きましたが、さらに「震災時の都内の交通規制」や「地震発生時に車を運転していた場合にどうしたらいいか」をわざわざ説明していたのは、もっとビックリ。3月の混乱でマズイと思ったということなのかな。

ちなみに、遠い昔に書いた記事をupdateしておくと、

大震災発生時の交通規制はこうなります(警視庁)

多摩川、国道246号線および環状7号線を結ぶ内側の区域は、全面車両通行禁止

地震のときはこうしよう(警視庁)

地震が起きたら、急ブレーキではなく、徐々にスピードを緩めて左側に停車(出来れば駐車場などに入れて道路を空ける)、鍵はかけずに貴重品を残さず車を置いていくこと

ということだそう。運転している最中に震度6とか7は怖いだろうなぁ・・・

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック