いーわん情報源 たまには日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 次なる人工衛星の落下予報

<<   作成日時 : 2011/10/20 23:05   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

今週末はオリオン座流星群の極大で、天気が良いところであれば、夜中くらいに流れ星が流れるのを見られるはずなのですが、それにあわせて地球に落下する物があるようです。

先月は、アメリカの衛星がどうやら太平洋に落下、ということで事故を免れたばかりですが、

今度はドイツのX線観測衛星が落下してくるのだという。

2011年10月20日 ドイツ衛星落下の恐れ 文科省フェイスブックで情報提供(サイエンスポータル)


推進機関がないので制御できないが、このままいけば、21日から24日の間に、北緯53度から南緯53度までの地球のどこか(赤道をはさむ大変広い範囲・・・)に落下するだろうとのこと。

大気圏への再突入は、時速2万8千キロという超高速(秒速8キロ弱だから、国際宇宙ステーションが飛んでいるのと大して違わないスピード )

cf: http://www.securico.co.jp/jbl/menu.html などを見る限りでは、拳銃弾の20倍以上のスピードのよう

で行われるため、衛星が衛星の形を保ったままということはありえず、あのはやぶさの帰還映像のように、ばらばらになって、個々が燃え尽きつつ、

一部の大きいor重い物体が地上まで落ちてくる(つまり地上に落下する時間で燃え尽きさせることができなかった)ということになるらしい。予定数は30個程度で、でも、その30個の総重量は1.7tというから、その中の1個が何かにあたるとそれはちょっと洒落にならないことになりそう。


で、前回もそうだったのだけど、何故か、この衛星落下に関する情報を文部科学省はフェイスブック上で実施。

http://ja-jp.facebook.com/mextjapan


本家のドイツの航空宇宙センターは普通にROSAT再突入に関するホームページで情報提供

DLR Portal - Re-entry - ROSAT re-entry


まぁ、これに関しては気をつけてどうにかなる話ではないけど、役目を終えた衛星などの処理もいずれ産業化していくのかな。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
次なる人工衛星の落下予報 いーわん情報源 たまには日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる