いーわん情報源 たまには日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 本「iPhone Photographic Method」

<<   作成日時 : 2011/09/14 22:47   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

iPhoneのカメラ機能を使って様々なものを写真に収める方法論の本ということですが、iPhoneを持っていない私でも、役に立つのではないかなという気がする本でした。

s a s u r a u - iPhonegrapher

本「iPhonegrapher―写真を撮り、歩き続けるための80の言葉」(2010/09/15)


何でも、Webサービスで写真画像がuploadされる時に、一番多い「撮影機材」はデジカメではなくiPhoneであるという・・・確かに考えてみればそうだわな、な事実から入り、

では、そのiPhoneを使っての写真撮影で、「もっと綺麗に取る、もっと印象的な写真にするにはどうしたらいいか?」を、

iPhoneで写真を撮ることでは第一人者の立場から、ご自分のやり方を伝授している本、という位置づけになります。

書かれているのは、50ものtips集で、iPhoneの特性(シャッターはいつ切られるとか、スピードや露出はどうなっているか)を踏まえた撮影方法なども出てくるし、

出来上がったものに効果をつけたり、修正を加えたりするための定番iアプリの紹介、もあるので、


基本的にはiPhoneユーザのための本ですけど、

だからと言って、非ユーザが手に取らないのは少し勿体無いかな、と。

建物をシャープに撮る
迫力のある雲を撮る
街角を印象的に撮る
季節感を撮る
女性を美しく、男性をキリッと、子どもをいきいきと撮る
料理を美味しそうに撮る
何気ないシーンを撮る
テーマを決めて撮る

といった、撮る目的自体は、非ユーザにだって当てはまる。ブログやSNSに載せるためや、ちょっとメールに添付して友達に送る、などといって、手近な機材で写真を撮りたいと思うことはある。

具体的なアプリやフィルターを使った補正のやり方は役に立たないけど、


そうした写真を撮るときのフレームの切り取り方や、カメラ持って撮影目的の散歩をしようと思うときの歩き方や撮影対象の見つけ出し方、その対象との関わり方などの記述は十分に役に立つはず。

美味しいものは美味しいうち(作りたて)に、とか、
視線の向き、通行人の位置などなど

自分が使っているカメラを撮るとか、移動手段に使ったものを撮るとかいった「こんなものを撮るのも面白い」も面白いです。

私が旅行に行くと「自分が泊まる部屋」を先ずは撮影していたりするのですが、そんなのにも通じる感覚ですね。

というわけで、カメラを持って街歩きみたいなことが好きな人、観光旅行での写真をちょっと工夫してみたい人などには、機材を問わず一読してみると面白いのでは。




Amazonアソシエイト by iPhone フォトグラフィックメソッド の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
本「iPhone Photographic Method」 いーわん情報源 たまには日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる