いーわん情報源 たまには日記

アクセスカウンタ

zoom RSS ここ4ヵ月分のニュートンは充実した内容でした

<<   作成日時 : 2011/08/03 21:52   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

何年か定期購読していた時代を除けば、連続で購入して読んだのは初めてではないかな。

ニュートン

画像



故竹内教授が「分かりやすい科学知識の啓蒙」というか「日本のナショナルジオグラフィック風雑誌」みたいな感じで創刊した雑誌ニュートンも、今年で無事30周年を迎えたようで創刊当時からたまに買って読んでいる私としても喜ばしい限り。

30周年記念号で、2号連続で「宇宙」を特集する、前編は空間的な拡がり(銀河系から宇宙の果てまで)で、後編は時間的な拡がり(ビッグバンから宇宙の終焉まで)になる、というのを聞いて楽しみにしていたところに発生した東日本大震災。

予定されていた特集号が

M9地震,津波,原発事故 未曾有の大震災

きちんと知りたい原発と放射能

に差し替えになり、

その後の2ヵ月で当初の「宇宙特集」ということで、4ヵ月連続購入して読むことになりました。

2連続震災特集では、

日本列島に発生する地震のメカニズム、
今回の津波の仕組み、被害が大きくなった理由、
東電の原発事故で何が起きていて、どんな問題が生じているのか、
放射能被曝のメカニズム(最新号でも被曝がDNAを壊す仕組みを解説している)
そもそも原子力とはどういう仕組みなのか、

などの図解記事。


30周年記念特集号は、

いつも見る星空に見えるもの=天の川銀河の中の案内に、
銀河の外へ出て、137億光年先の「宇宙の果て」を目指す空間の旅、
ビッグバンから、暗黒時代を経て星や銀河が出来、惑星が生まれる時間的な経過、
そして、10の100乗年後というとてつもない未来の宇宙(光るものが何もない真っ暗な宇宙)までの未来図を見る時間の旅に

ニュートンらしい検証を加えた大きなイラスト図での最新宇宙論が解説されています。


時には、その大きなイラスト中心で文字解説が少ない点が「中身が薄い」として悪い評価になることもある(本当は、イラストの考証に科学知識が使われていて、そんなに内容が薄いこともないのですが)のですが、この4ヵ月に限っては、原発や宇宙の仕組み、地震のメカニズムといった視覚の助けがないと理解しにくいものが題材だったために、良い方向に転がった印象。特に原発特集は、基本を押さえるのに役立ちました。


こういう事態になって、自然科学にせよ技術にせよ、「知らない」では済まされない時代を生きることになった以上、分かりやすい科学知識解説は有り難い限り。次回の「太陽の異常で地球の寒冷化は起きるのか」の記事も興味のあるところ。次も買ってしまいそうです。


しかし、ニュートンの記事が読めるiアプリとかを売っているのは知っていたけど、Webサイトに最新号の裏表紙、または最終頁に記載してあるIDとパスワードで見られる動画「Web特別編集版『地球はこうしてつくられた』」なんてのがあるとは気が付かなかった。

いつのまにか、デジタル対応施策も進んでいたんですね。



きちんと知りたい原発のしくみと放射能 (ニュートンムック Newton別冊)
ニュートンプレス
2011-07-27


Amazonアソシエイト by きちんと知りたい原発のしくみと放射能 (ニュートンムック Newton別冊) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
ワタシも続けて購入しましたが、毎回、積まれている本の高さが他の雑誌に比べてかなり低くなっていました。よく売れているようですね。

学生のころ、Newtonというと「難しそう…」という印象があったのですが、今回読んできて理解しやすい内容であることにやや驚き。
今回の分は子どものためにもとっておきますが、これからも気になる号は買ってしまいそうです。

松山さん、本を出されたんですね!
今度貸して下さいませ〜(^-^)


凛花
2011/08/06 00:49
もともと、日本にもナショナルジオグラフィックのような雑誌をということでしたけど、どうにも「絵が大部分を占める」イメージがあって、コストパフォーマンス的にどうかと思ったこともあります。「絵で表現する方が大変」というのが分かったのはそれなりに最近のこと(笑)

ここ数ヵ月は相当頑張っていて、保存版どころか必読版ではないかというくらいの勢いでしたけど、今後も注目ですね。
いーわん
2011/08/26 22:43

コメントする help

ニックネーム
本 文
ここ4ヵ月分のニュートンは充実した内容でした いーわん情報源 たまには日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる