いーわん情報源 たまには日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 西麻布のPELLEGRINOで父の日ディナー

<<   作成日時 : 2011/06/20 23:20   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

本人の希望でイタリアンの食事を食べに出かけました。何でも、知り合いが「ここは美味い」ということで連れて行ってくれたらしく、美味しいから食べに行こうとのこと。

麻布 PELLEGRINO(ペレグリーノ)

西麻布の交差点から広尾方面に行ったところ、日赤医療センター下の交差点のところから、路地に入ったところの小さなお店。

画像


あらかじめコースを注文してあったので、席に着いたら、あとは飲み物と順番が出てくるのを待つばかり。父は白ワインが飲みたかったらしいが、シェフが、食事とワインのマリアージュを考えてメニューを作っている、ということだったので、料理とともに見繕いでグラスワインを出してもらうことに。女性陣はお酒パスということでジンジャーエールを注文していましたが、別にそれでも食事は美味しかったようなので、問題はないようです。


最初の前菜は、ハムを練りこんだパンとパルミジャーノチーズ、グリーンオリーブ

画像


次は、スープ

画像


合わせてきたのは、ちょっと濁った感じの色合いの白ワイン。ちょっとミルクっぽい風味が前菜向きだったということなのかな。

次に出てきたのは、パルマ風生ハムサラミ盛り合わせ

画像

ちょっとサービスしてくれたみたいで、こんなにたっぷり!


出てきたのはパルマ産24ヶ月熟成プロシュートなど4種類のハム・サラミに、パルマ風揚げパイ"トルタフリッタ"なのですが、特筆すべきは「切り立て」であること。

お店の真ん中に設置されていたこんな機械でおもむろにハムを切るので見るのも楽しいです。

画像


舌のうえでとろけると言われるプロシュート、評判にたがわぬものであることを初めて知りました。やはりスライスしたパックを買って食べるのなどとは全然違うものなんですね。ハムを揚げパンに巻いて食べてみたりもしましたが、それもgoodでした。ちなみに、出てきたのは微発砲の赤ワイン。軽めですっきり流してくれるみたいでした。


次は季節の青菜とリコッタチーズのパルマ風ラヴィオリ、このお店の自慢料理だそう。

画像

別料金はとられましたが、サマートリュフの季節ということで山盛に載せてくれました。ラビオリ見えないじゃん。でも、おかげでかなり濃厚な味わいに。
これに今度は、透明度も高くなった少し辛口の白ワイン。


メインは、鹿児島の豚を低温でじっくり焼いたもの。ある意味シンプルな豚ステーキです。最後はどっしりした赤ワインだったようですが、私は4杯目までいかずに白ワインなめながらお肉もいただきました。

画像



これに、デザートとして、

新鮮ミルクのジェラート!
画像


と紅茶(別にコーヒーやハーブティーなども選べますが)と生チョコ
画像


生チョコも確かお酒漬の果物が中に入ったりしているような凝ったものでしたが、ジェラートの方は、何でも注文を受けて作る「出来たて」ということで、本当に美味しかったです。


お店はオーナーシェフと、ホールのソムリエ、お手伝いの3人でやっているので、全ての料理はオーナーシェフが作ります。で、「作りたて」を供することにこだわると何が起きるかというと・・・

一品一品の間が長い!ハムを切ったり、ラビオリ用に生地を延ばしたり切ったりするのをホールで実施している(厨房が狭いのだろうか)ので、それを見ているのが楽しいのですが、もしかしたら、初めてのデートなどの「話の間を持たせるのが大変」なシチュエーションでこのお店に来てしまうとちょっと大変かも。

まぁ、お店が満員とか、大人数のグループで行くときにはもう少し効率的にならざるを得なくなるだろうけど、空いている日曜日に出かけて、気合の入ったシェフの料理をいただけたのはラッキーでした。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
西麻布のPELLEGRINOで父の日ディナー いーわん情報源 たまには日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる