いーわん情報源 たまには日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 彗星観測は最接近の21日よりも月末くらいの方が見易くなる

<<   作成日時 : 2010/10/19 22:45   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

いよいよ地球最接近ということで、TVニュースでも見かけるようになったハートレイ彗星。今回は比較的明るいので、都会を外れれば観測のチャンスも大きいのですが、いかんせん、満月近い今はやめた方がいいかもしれません。

「地球に近づくハートレイ彗星を捉えよう」、国立天文台がキャンペーン(アストロアーツ)

2010年10月〜11月 地球に近づくハートレイ彗星を捉えようキャンペーン(国立天文台)

【特集】ハートレー彗星(アストロアーツ)


あまり聞かない名前の彗星な気がするのですが、実は、6年周期で太陽を回っているため、1998年、2004年にも巡ってきていたらしい。あまり見えなかったので話題にならなかったのかな?

今回の接近では、4〜6等くらいの明るさになるということで、肉眼でも見えるレベル。まぁ、日本では都会に限らず夜も明るいところが多いので、街灯とかも無い山の中や海辺などの暗くなる場所で見ないと肉眼では観測できないと思いますが・・・

とは言え、多少明るい場所でも双眼鏡を使えば見えるくらいの明るさなので、観測に行ける人には楽しみな彗星。


今週水曜の夜中(木曜の明け方)に、地球に最も接近する、ということでニュースになっているのですが、今回の最接近日はちょっと分が悪い。

何と言っても、この日の月は月齢13(先月、中秋の名月(15夜)だけ見た人はこの日も月見をする「栗名月」の日)で、月明かりが煌々と照らされている日。いくら地球の近くで4等星レベルまで明るくなっていたとしてもかき消される可能性大。

一応、天頂のちょっと北寄りの辺り(ぎょしゃ座周辺 近くに一等星のカペラがあるから、それが目印か?)に彗星が見られるはずなのですが、月も南天にいますから・・・


本当は、今月初めの新月近辺の頃の方が、彗星の明るさは6等星レベルだったけど観測しやすかった、ということだったので、10月末から文化の日近辺まで待ってから、街灯や街明かりの少ない場所で彗星観測にチャレンジした方が、尾とかも見られるかもしれないですね。

ペガサスやアンドロメダなどの星座もあるので、楽しいかも。虫と防寒には注意ですけどね。





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
彗星観測は最接近の21日よりも月末くらいの方が見易くなる いーわん情報源 たまには日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる