いーわん情報源 たまには日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 本『「結果を出す人」はノートに何を書いているのか 実践編』

<<   作成日時 : 2010/07/17 22:15   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

ある朝、Twitterを見ていて、「本を書くために一般の人のノートの取り方を見せてもらってコンサルする会をやるので、来てくれる人募集」という話があって、それに応じたのが、この本に載るきっかけでした。

某社の社員をしつつ、各種勉強会とかを主催しているスーパーサラリーマンの美崎さんが、自分の本の続編として、一般の人のノート術をどうすればよくなるかを指南して、読者の参考にしてもらおうとする企画本です。

公式サイト「結果を出す人」はノートに何を書いているのか 美崎栄一郎

みさ吉オフィシャルブログ


で、今回集められたノートは、計25人分。個人事業者やサラリーマン、主婦もいたりするのが画期的でしょうか。

その中の何人か集まっている席でみんなのノートを広げて、サロンのおしゃべり風に情報交換して、こんなグッズで整理してみたらとか、こういう書き味のペンがいいのではとかいう感じで会話していたのですが、本を見るとそれが再構成された感じですね。


本当に、ノートは人の数だけ書き方がある、という感じで、

余白の多い人、ぎちぎちの人、

アナログな人、デジタルガジェットを使う人、

書く目的も、タスクやスケジュール管理だったり、

集めた情報(ネタ)を整理して仕事に活かすためだったり、

学習の記録やライフログのためだったりと様々。


何種類かのノートを使い分ける人は、その使い分け方で悩んでいたり、

使い潰したノートから、情報を新しいノートに引き継ぐ方法を考えあぐねていたり、

アナログのノートだと、情報検索(以前に書いた内容がノートのどこにあるかをぱっと探し出す方法)に悩みを抱えていることが多く <実は私もこれ!

そうした話に、付箋紙やメモの使い方、書き込みの方法や、そもそも「何を書き込むか」などのアドバイスをしているライブ本ですね。


ん?

本「はたらくみんなの会計力養成講座」(2010/04/11)

と似たような話になってきたな。

いわゆるビジネス書などで指南される手帳術みたいなのを読んで「内容はよく分かったけど、自分には出来ないんだよねぇ」という人向けに、「あなたに似たような人はこんな風にやって何とか最初の一歩を歩んでいるよ」というのを見せてあげる本と言えば、内容のイメージがわかってもらえるでしょうか?

おまけで、勝俣さんのラーメンノートとアンジャッシュの渡部さんのネタノートも収録。

私のノートは、余人の参考になりにくいもので、美崎さんも本に載せるか躊躇したのでは、という気がしてましたが、当時のアドバイスも含め、きちんと再現されていて感心しました。しかし、手近なものに何でもメモしてしまってから、後で清書する、というスタイルの人って、あまり見たことないのだけど、誰かの参考になってくれるだろうか?



「結果を出す人」はノートに何を書いているのか 実践編 (Nanaブックス)
ナナ・コーポレート・コミュニケーション
美崎 栄一郎

Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
本『「結果を出す人」はノートに何を書いているのか 実践編』 いーわん情報源 たまには日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる