いーわん情報源 たまには日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 数学と現実の違い(サマーウォーズその2)

<<   作成日時 : 2010/05/10 21:48   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

昨日の続き。映画版をレンタルで一回見ただけなので、うろ覚えなのですが、映画と小説で決定的に違うなぁ、と思った台詞が1つ(まぁ、設定やら話の進行で違う点はいくつもあるのですが)。


まだ負けていない、他に手があるはずだ、という主人公の台詞に対して、

「数学とは違うんだよ!」と言われたときの返しの台詞。


映画の方は確か、「数学と同じです、諦めたら解けない。」

小説の方は、「数学とは違うからこそ、答えは一つじゃないはずです。まだ他に勝つ方法があるはず。」


どっちも正しい見解だと思いつつ、何でこんな差が生まれたのかなと考えると、「熱い展開を呼び起こすきっかけ」を表現したいのか、「主人公が追い込まれた状況下で冷静に対処しようとしている」みたいなものを表現したいのかの違いなのかな、と。この差は結構面白かったです。


まぁ、正解の解答が複数ありえる、正解に至るプロセスが何通りもありえる、下手すると不正解はありえないという見解さえも生じるのが現実の世界ですけど、

数学と同じで、「設問が立てられるほど状況を整理できた段階で、解答にたどり着くための重要なプロセスは済んでいる」という気はします。

正解に向かって進んでいるのか分からぬまま歩かないといけないのは、数学も人生も同じなのかな?

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
数学と現実の違い(サマーウォーズその2) いーわん情報源 たまには日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる