いーわん情報源 たまには日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 飛び出す「星の王子さま」!

<<   作成日時 : 2009/11/15 18:07   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

豪華版ポップアップ絵本の星の王子さま、衝動買いしてしまいました!

画像


画像



ある程度のお話は知っているけど、多分、一度もまともには読んだことのないお話なので、こんな本が出版されたという情報を聞きつけたのを機会に読んでみようかと生協(1割引になるので...)に注文して取り寄せてもらいました。だって、末尾の文章(bk1のメルマガ)を読んだら買わないといけない気がして...

とりあえずパラパラと見てみたのですが、王子さまが本から立ち上がってきたり、大きな木が出てきたりと動きがいろいろあって面白そうです。

絵本なんだけど、別に子どもむけというわけではなく、文章は池澤夏樹さんの翻訳なので、読み応えもありそう。楽しみだなぁ。

星の王子さま公式ホームページ


■今週のチェック本!!
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
肝心なことは目ではみえない――。
数あるメルヘンの中で、サンテグジュペリ『星の王子さま』ほど日本人に愛され続けている作品は他にないでしょう。ゾウを飲み込んだウワバミの絵、酒を飲むことを恥じる酒飲み、わがままなバラの花…。どの場面にも人生の深い意味が込められていて、忘れがたい印象を残します。折に触れ読み返す方も多いのではないでしょうか。

この永遠の名作が素晴らしいポップアップ絵本(仕掛け絵本)になって再登場しました。世界13ヶ国に先駆けて、日本とフランスで同時発売です。

本書の凝りようは、通常の仕掛け絵本の水準を遥かに越えています。ページを開けば誰もがあっと息を飲むことでしょう。大胆で幻惑的な曲線、深い立体感、鮮やかな色彩。むしろ精緻なペーパークラフト作品と言ったほうが良いかもしれません。ページを開くにつれ、物語が繊細に動き出し、登場人物たちの感情が豊かに息づくのが肌で感じられます。まるで読んでいる自分自身が『星の王子さま』の世界の中に迷い込んでしまったよう。光の加減によって絵の表情が変化するのも、仕掛け絵本ならではの楽しみです。

翻訳は作家の池澤夏樹氏。その磨き抜かれた訳文は、作品の感動をそのまま伝えてくれるものとして定評があります。「目ではみえない」世界を、目で楽しみ、さわって楽しみ、読んで楽しむ。『星の王子さま』の詩情豊かな魅力が、まさに最大限に引き出されるように工夫されています。プレゼントにも最適。『星の王子さま』ファンにとって一生の宝物となる本書を、自信を持ってオススメいたします!

 ◇サンテグジュペリ作・絵 池澤夏樹訳
 『星の王子さま ポップアップ絵本』
 http://www.bk1.jp/product/03167653/?s=wm101414
 上記ページにある画像を、まずはご覧ください!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
飛び出す「星の王子さま」! いーわん情報源 たまには日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる