いーわん情報源 たまには日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 富麗華で初めての上海蟹ほぐし

<<   作成日時 : 2009/10/15 22:27   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

まぁ、この人生、中国飯店でしか上海蟹を食べたことがないのですが、この系列の三田店が職場に近い&お手ごろ価格のため、そこにしか行ったことがありません。

今回はたまには違う店、系列の一つ星レストランに行きたい!という話を受け、麻布十番近くの富麗華に出かけてきました。

中国飯店

上海蟹〜〜(2007/11/11)


二胡の生演奏があるのはともかく、片隅で、北京ダックの切り分けや料理の取り分けを専任のシェフがやっているのにはちょっとびっくり。取り分けるときの盛り付けの見栄えにまでこだわる、ということが他の系列店との差なのでしょうか。全員が同じ量は食べないというのであれば、頼めば大皿と人数分の取り皿を出してくれますけど、基本的には「一度大皿で料理を見せて、取り分けたものを給仕」するシステムでした。


食べたのはこんな品々。

画像

新鮮な上海蟹が品切れだったために注文した、上海蟹を紹興酒に漬けたもの カニミソばかりで身はあまり無い...

画像

芝海老をXO醤で炒めて、レタスに包んだもの

画像

小籠包を頼んだら、個別の蒸篭に入って出てきた

画像

貝柱の炒飯 中国飯店は醤油で黒っぽい色になる炒飯を出すことが多いけど、我が家は塩味でさっぱりしたこっちの方が好き


席についたら当然のようにフィンガーボールが置いてあって、「手で食べる上海蟹か北京ダックは当然注文するんだろうな」なプレッシャーを感じ(笑)ましたけど、ここの名物がその二品であるのは有名なので仕方ないですね。とは言え、新鮮空輸の上海蟹の蒸したやつ、が品切れだったのは痛かった。紹興酒漬けだと、お酒苦手な人が食べられないし。

さらに、三田店では、全部身をほぐして、カニミソのついた甲羅と別に小皿に盛って出してくるので、実は、普通に上海蟹を出されたら自分でほぐして食べることができない...脚の部分などはかじりついて吸い出すしか食べようがないのですが、そうするとお酒を濃厚に味わうことになるので、蟹本来の味をと思うとちょっと残念なことに。


ぷりぷりの芝海老やスープたっぷりの小籠包、豆苗の炒めなど、他に注文した料理も美味しかったので、さすがに旗艦店、ということですかね。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
役立つブログまとめ(タウン): 中国飯店 富麗華(中国料理) by Good↑or Bad↓
「中国飯店 富麗華(中国料理)」に関するブログのくちこみ情報で、みんなの参考になりそうな記事を集めています。自薦による登録も受け付けているので、オリジナルくちこみ情報のブログ記事があったら、どしどし投稿してください。 ...続きを見る
役立つブログまとめ(タウン)(投稿募集中...
2009/11/03 22:50

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
富麗華で初めての上海蟹ほぐし いーわん情報源 たまには日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる