いーわん情報源 たまには日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 備忘録その1:豚インフルエンザに関するCDC説明書

<<   作成日時 : 2009/04/29 13:13   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

CDC(Centers for Disease Control and Prevention 米国疾病管理予防センター)が作成した"Swine Influenza and You"(2009/04/24発行)の和訳が載っているブログがあったのでメモ。


共有資料 ブタインフルエンザの一般向け説明書(感染症診療の原則)


人−人感染は、基本的にいつものインフルエンザと同じくしゃみ、咳などに含まれる唾液等の分泌物によって発生すると考えられており、

発症後48時間以内に、タミフル、リレンザなどによる治療開始を推奨。大人なら1週間程度、幼児はもう少し長い時間、他人にうつす危険性がある、ということのようです。

特に大事かな、と思う部分を抜書き(出来る限り元記事または原文を読んでくださいね)

■ヒトが豚インフルエンザにかかるとどんな症状が出ますか?

症状は毎年流行するインフルエンザと似ています。発熱、咳、のどの痛み、節々や筋肉の痛み、頭痛、寒気、倦怠感などです。豚インフルエンザの場合、下痢や嘔吐を訴える人もいました。過去には、肺炎や呼吸不全などの重症例や死亡例もあります。また、一般のインフルエンザと同様、持病がある人はそれが悪化することもあります。


■豚インフルエンザにかからないようにするにはどうしたらいいでしょう?
現時点で豚インフルエンザのワクチンはありません。ただ、インフルエンザなど一般的な呼吸器疾患を防ぐために普段心がけていることを行ってください。
・咳やくしゃみをするときにはティッシュで鼻や口を押さえ、使ったらゴミ箱に捨てましょう
・石鹸と水で手をよく洗いましょう。咳やくしゃみをしたときには特に洗うようにしましょう。アルコールの入ったハンドクリーナーも効果的です。
・身体の調子の悪い人のそばに近づかないようにしましょう
・CDCでは、インフルエンザにかかったら、感染拡大を防ぐために仕事や学校を休み、人となるべく接触しないように勧めています。




新型インフルエンザ上陸その時どうする?生き残りハンドブック
日本経済新聞出版社
損保ジャパンリスクマネジメント

Amazonアソシエイト by ウェブリブログ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
備忘録その1:豚インフルエンザに関するCDC説明書 いーわん情報源 たまには日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる