いーわん情報源 たまには日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 次に巡ってくるのは数万年後の彗星接近中

<<   作成日時 : 2009/02/07 18:41   >>

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

一生のうちに二度とどころか、人類が(今の種族のうちに)もう一度見ることがあるのかという言い方までされる彗星が、今月は肉眼で見えるところまで接近してくるようです。

その名もルーリン彗星。黄道沿いに動いているらしいので、地表に近いところの視界が開けていないと観測は難しそうですね。

AstroArts:【特集】ルーリン彗星(C/2007 N3)

宮崎県天文協会website 〜分室〜 鹿林彗星(ルーリン彗星)の観測方法


人間の肉眼で見えるのはだいたい6等星までで、今回の彗星は一番明るくなるとき(23日の週あたり)で4ないし5等星並の明るさだということだから、東京の真ん中で見るのはかなり無理そう...

出来れば照明の少ない郊外で、最低でも双眼鏡を持っているのがよさそうです。


今は、てんびん座の中。11日からはおとめ座のところに尾を引く彗星が観測できるとのことですが、星座占い的には、9月〜10月生まれに何か特別なことは無いのでしょうかね?

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
次に巡ってくるのは数万年後の彗星接近中 いーわん情報源 たまには日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる