いーわん情報源 たまには日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 本「人を助けるへんな細菌すごい細菌」

<<   作成日時 : 2009/02/05 06:36   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

細菌というと、病気の元とか細菌兵器のように何か悪さするもののイメージが湧きやすいけど、人間が暮らしている生活の中にはたくさんの「細菌の恩恵」があって、頼って生きているんだよ、というのを教えてくれる本です。

毎週、様々な科学の話題を30分弱くらいで解説してくれる老舗ポッドキャティング番組、
ヴォイニッチの科学書

のメインパーソナリティ、おびおさんこと中西さんの著作。ご本人が「薬とか生物」系の研究者らしかったので、きっと愛情のある内容に違いないと思って購入(笑)。

.....期待にたがわぬ内容でした。

何せ、冒頭で挙げる「細菌の特徴」が

料理が上手、漬物などの保存食作りが得意、汚れたものの片付けや植物を育てるような泥臭い仕事を厭わず行い、相手の健康管理に気を遣い、運動は結構得意

で「理想のお嫁さんみたい」と来ますから、著者の愛情は大したものです。


はるか地底、海底から、高度30kmの上空まで広がる細菌の生活圏の中で、繰り広げられる様々な細菌の活動を、

汚染物質(火山噴火で死滅した環境をどう生き返らせるか、重油や農薬などの人工物汚染をどうして除去できるのか)の浄化をどう行うか、

人間の体内細菌が行う様々な活動(腸内細菌の活動や、乳酸菌などの働き、ヘリコバクターピロリの話)、

お酒を造り、藍染を作り、納豆やくさやなどの醗酵製品を生み出し、

バイオプラスティックや、バックトゥザフューチャーの映画に出てくるようなリンゴジュースなどで動くバイオエンジンの開発、

磁石に吸い寄せられる力を持つ細菌を使った有害物除去やらガン治療の方法作りや、

細菌のDNA組織を利用した情報記憶媒体

に至る、様々な切り口で見せてくれるので、「そんな先端技術がバイオで出来るようになっているんだ〜」というのが知りたい人には面白いのではないかと。

しかし、細菌で炎天下でも溶けにくいアイスクリームが作れるようになる、とまでなってくると、ちょっとばかり薄気味悪い感じとともに、一体どこまで隠されたパワーがあるんだろう、って気になってきますね。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
本「人を助けるへんな細菌すごい細菌」  いーわん情報源 たまには日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる