いーわん情報源 たまには日記

アクセスカウンタ

zoom RSS ナポレオンの200年前の遺品が取引される世界

<<   作成日時 : 2008/12/10 22:49   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

フランスでは、ナポレオンの毛髪とか、剣とか、書棚とか、いろんなものが保管されて取引されているんですねぇ...

ナポレオン遺品、1億円余の高値=探検本入りの書棚も−仏(Yahoo!ニュース 時事通信)

ナポレオンのサーベルは8億円(ネタフル 2007年06月12日)


ということで、今回は、

キャプテン・クックなど18世紀の探検家の冒険記48冊が入った旅行用の携帯書棚

が9万ユーロで、その他の遺品込みで総額120万ユーロでオークションされたとか。

前回も、マレンゴの戦い(説明はWikipedia)で使われた剣が約8億円だったそうで、フランスでは、民族の英雄ナポレオンの品というと人気があるんでしょうかね。


とりあえず、どんなものか見てみたいので、調べてみました。


Osenat-Fontainebleau

「オズナ」というフランスのオークション会社のサイトに行くと、やはり過去のオークション結果が出ていました。

Collection Gerard Souham : Bibliotheque et Objets Historiques

全部で340点ある品々の一点一点の写真とエスティメートの価格が見られるのですが...フランス語が分からない私には、最高額で売れた書棚がどれだか分からない...落札価格がそのページの一覧表に表示されるようになるまで待つしかないか。


ちなみに、2007年にオークションされた剣も探してみました。

SABRE de Bonaparte Monture dite ≪a la Marengo≫


ここには落札価格が420万ユーロと書いてあって...記事と値段が違うのはなぜ?

それはともかく、サーベルが8億円ってすごい値段。サブプライム問題が噴出する直前で実際価値以上に釣りあがってしまったのかな?


日本で「誰々が使った何々」というと、様々に人の手を経る茶碗みたいなものしか思いつかないのですが、西郷隆盛の日本刀とかを誰かがコレクションする、といったことってあるんですかね。


ナポレオンの生涯 (文庫クセジュ)
白水社
ロジェ デュフレス

Amazonアソシエイト by ウェブリブログ


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ナポレオンの200年前の遺品が取引される世界  いーわん情報源 たまには日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる