いーわん情報源 たまには日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 本「仕事はストーリーで動かそう」

<<   作成日時 : 2008/12/13 22:23   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

私は、仕事では「たとえ話」を多用する人で、「自分のストーリー」を語る人ではないのだけれど、自分で何かをするという意味では「自分のストーリー」があった方がいいよなぁ、というのを実感させてくれる本です。


元々は、お友達のえみるんさんのお友達が出した本ということで紹介。ビジネス書なら何でもあるはず、と思っている丸善の丸の内本店で探したら、1階にあったものの、手では届かない場所にある棚に一冊挟まっているだけ。結局、それは平積みの場所に放置して、別の場所で買いました(笑)。

ご本人のブログによれば、

カワテツのこんなん考えましたけど

本のプロモーションブログを作って、「ストーリー」作りをしているようですが、

「仕事はストーリーで動かそう」が、30万部のベストセラーになっていくストーリー

やはり、丸善で平積みとか新刊コーナーにどどんと置かれないと初動が出ないから辛いですねぇ。


とは言え、内容はなかなか面白かったです。企業理念や商品に関する「伝説的」エピソードの数々が、それが「お話」であることによって対象者に受け入れやすくなり、覚えてもらえた、という話をとっかかりにして、

それらのストーリーに共通する「受け入れやすさ」の分析を行い、

自社の商品や、自分の会社自体を、営業対象者や自分の会社の従業員に受け入れてもらえるようなストーリーとは何か、どうやったら作れるか、

最後に「個人ブランディング」の観点でのストーリー作りにまで言及しています。


困難な目標を目指して頑張っている話とか、いつかの喪失感を埋めるべく未来の何かを作り出す話とか、とんでもなく遠い目標へ小さく一歩一歩進んでいる話、といった短いエピソードを作ると訴求する、ということなのかな、という気がしますが、

振り返って自分で何か語るべき「ストーリー」があるのかね、というと少々心もとない気が。

まぁ、「自分で何かする人」というよりは「他の人の何かを手助けする人」な感じが自分ではするので、私のストーリーはそっちに流れるのかも。<多くの人から異論が出そうではあるが。

そろそろ新しい名刺を作らないとなあ...

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
本「仕事はストーリーで動かそう」  いーわん情報源 たまには日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる