いーわん情報源 たまには日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 何でも携帯で写真を撮っていいわけではない

<<   作成日時 : 2008/11/14 23:21   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

たまたますれ違った異性が格好いいとか綺麗とかいって、意識を向けてはいけない、と言うのはナンセンスだと思うが、ずっと後ろをつけたばかりか、腰だめに構えた携帯のカメラで写真を撮るというのは普通ではないわな...それが犯罪か、というと状況によりそうな気はしますけど。

無断でお尻撮影、ズボン姿でも「卑猥」 最高裁判断(asahi.com)

女性の背後からケータイで尻撮影は「卑猥」 最高裁初判断(Yahoo!ニュース 産経新聞)


ショッピングセンターの入り口で見かけたパンツルックの女性の後姿にそそられてしまったらしい某男性が、腰の高さに構えた携帯で写真を撮りながら40mほど後ろをつけていたところ、見事にとっ捕まってしまい、写真を撮る行為が「社会通念上、性的道義観念に反する下品でみだらな動作であることは明らか」と断罪されてしまった、というお話。

あまりに面白いので、判決文を探してみました。

公衆に著しく迷惑をかける暴力的不良行為等の防止に関する条例違反被告事件(PDFファイルです)
(最高裁判所第三小法廷 平成20年11月10日判決 事件番号 平成19(あ)1961)


論点は、「別に女性はどこかを露出しているわけでもなく、男性側も触ってもいないし声をかけてもいないのに、男性の写真を撮る行為は『卑猥』な行為と認定されるのか」でしょうか。

というわけで、判決文を読んでみたのですが、

「臀部」「視る」といった単語を広辞苑を引きながら定義したうえで、「臀部を視る」とはどういう行為かを論証し、

「視る」ことと「写真を撮る」ことの違いを踏まえつつ、

何が「卑猥」なのかを規定する論述文を書くのって大変だろうなぁ、と。

で、今回は反対意見もついたのですが、とりあえずは最高裁判決として確定してしまったので...

見知らぬ人の後姿を許可なく撮影する行為(多分、見知らぬ女性の胸にフォーカスして撮影する行為なんかも?)は「卑猥な行為」とされるようなので、下手に誤解を招くような撮影はやめましょう、ということになってしまいますね。

...普通に外にいるときにあまり欲望をギラつかせるな、ということで問題ないはずだと思うんだけど、見知らぬ人であれば他人の目は全然気にしないって人が多くなりましたねぇ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
何でも携帯で写真を撮っていいわけではない  いーわん情報源 たまには日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる