いーわん情報源 たまには日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 本「天国体質になる!──仕事を楽しむ52の秘訣」

<<   作成日時 : 2008/03/11 22:13   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

同じことであっても、視点を変えれば天国にも地獄にもなる。であれば、何でも天国だととらえませんか?という本でした。

著者のつるちゃんとは、ウィーンツアーでご一緒させていただいたのですが、本を読んだのはなぜか最近のこと。ちょっと疲れているときこそ丁度いいかもしれません。


ざっくり言ってしまえば天国体質とは、「自分に都合よく物事を捉えられる性格」を有し、自分はツイていると思い、他者と出来事に感謝し、普段の生活の中にわくわくを持ち込める気質のこと。

単なる楽天家にも見えますが、天国体質になるための本人の心のもちよう、を示すためにこの本の中では2つのエピソードを挙げています。

一つは、「あなたは運がいい人か?」という問いに「私はツイている!」と答える人と「貧乏くじをひくんですよね」と答える人に、幸不幸の発生頻度に差があるわけではなく、良いことがあったことを気にするか、悪いことがあったことを気にするかの差であるという話、
もう一つは、天国と地獄は同じ場所(大きな机に山盛りの食事と、それを取り分けるための長〜い箸が用意された部屋)だが、その長い箸で自分のために料理を取ろうとするか反対側の人に食べさせてあげようとするか、という行動の差が、そこを天国にも地獄にもするという話です。

結局のところ、「情けは人のためならず」なのかもしれないですが、見返りを期待する行動とも立ち位置が異なるので、ストレスをためずに結果を出す秘訣という付け焼刃な話よりはもうちょっと深いニュアンスで汲み取って普段の生活に活かせれば、本の理解が出来たということになりそうです。


で、本は「仕事を楽しむ52の秘訣」ということなので、

いろんな「やっていることに疑問を感じる瞬間」に対して数ページずつ「秘訣」が書かれているのですが、現在の心境で気になったのは例えばこんな感じ。

◆仕事が楽しくない時
大変なときはやり遂げたときのことを思い、上手くいかないときはそれがネタになる日を想像し、どんな仕事でも後工程の人のためになっていることを意識すればよい。

◆昨日と同じ日を過ごしてしまった時
昨日と同じことをしている限り、今日に昨日よりいい成果があがるわけがない。結果を変えたければ、行動を変えよう。

◆元気さをキープしたい時
誰かを元気づけようと思えば自分が元気でないと出来ないことに気付くはず。毎日、何かに感謝する生活を送れば元気になれる。

◆なかなか達成できない時
先に約束してしまう!約束を果たさなきゃという思いが達成を促進する。


やはり仕事をするときに負のエネルギーではなく、正のエネルギーを使いたいのですが、先ずは自分の行動をどう変えるかを考えないといけないということですね。
天国体質になる!──仕事を楽しむ52の秘訣

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
本「天国体質になる!──仕事を楽しむ52の秘訣」 いーわん情報源 たまには日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる